今月どうしても生活費が足りないから借入したいけど、子供が預けられなくて契約に行けない。移動手段がなくてカードローンの契約に行けない。

そういった場合は、スマートフォンのみで借入契約が完了する銀行カードローンがあります。

ポイント女

スマホだけで借入するなら「来店不要」で借入ができる金融業者を選びましょう。

※インタネットが接続できればガラケーでも可能です。携帯電話、PCから申し込みが可能となります。

専業主婦でもWEB完結の借入ができるの?

銀行カードローンであれば専業主婦の方でも借入が可能です。銀行カードローンは、総量規制対象外(年収の3分の1以上の借り入れが可能)になります。

ただし、旦那さんに安定した収入があって返済できる見込みがあることが条件となります。また、返済が見込める金額でしか貸付けできないので、専業主婦の場合は借入限度額が50万円以下になるケースが多いです。

専業主婦がスマホだけで借入できる?金融業者一覧

銀行や自動契約機に来店しないでスマホだけで借入するなら「来店不要」で借入ができる金融業者を選びましょう。
 

来店不要 即日融資
新生銀行カードローンレイク 平日14時まで即日可能
みずほ銀行カードローン(※) 平日朝9時まで即日可能
三菱東京UFJ銀行バンクイック(※ 平日14時まで即日可能
イオン銀行BIGカードローン(※) 平日14時まで即日可能
楽天銀行カードローン(※) 平日12時まで即日可能

(※)このマークがついている銀行は、借入先の口座をもっていることが条件となります。ただし、口座がない場合でもスマホのみで契約が完了しますが、通帳が届くまでに1週間ほどかかります。

申し込み時間を過ぎてからの契約は、審査回答が翌日になる場合があります。本日中に借入がしたい場合は、なるべく午前中までに申し込みを完了させると良いでしょう。

本日中にスマホだけで借り入れをしたい場合は、レイクがおすすめです。レイクは、口座指定がないので所有している銀行口座への振込が可能となります。また融資スピードもとても速いので平日14時までの契約手続き完了で即日融資が可能となります。ただし、土日祝日は銀行業務が休みになるので、平日のみ「スマホ完結」での借入が可能となります。

スマホだけで即日融資流れ

  1. WEB申し込み

    スマートフォンからの申し込み

  2. 審査

    メールまたは電話で審査回答

  3. 本人確認

    必要書類を携帯のカメラで撮って送信

  4. 申し込み完了

    契約完了後、口座にお金が振り込まれる

口座に振り込まれたお金は手持ちのキャッシュカードで提携先のATMから引き出すことができます。また、返済方法は各銀行によって異なります。口座引き落としになる場合もありますし、コンビニATMでも返済できる場合もあります。

専業主婦がスマホ完結するときの注意点

スマホ完結の場合、後日、カードローン専用のローンカードや契約書類が自宅に届く場合があります。郵送物が原因で家族に借入がバレてしまうケースがあるので、家族に内緒で借り入れをしたい場合はキャッシュカードを自動契約機で発行するのが良いでしょう。

ok

WEB契約後に、スマホでキャッシュカードは自分で取りに行くと伝えれば大丈夫です。

専業主婦がスマホ完結するときに必要な書類

身分証明書(運転免許証、保険証、パスポート)

専業主婦の人が借入の際に、必要な書類は身分証明書のみとなります。「本当に身分証明書だけで借入できるの?」と、疑問に思う方が多いのですが、専業主婦の場合は身分証明書のみで借入ができます。

専業主婦は消費者金融業者では借入ができない

専業主婦は、消費者金融業者(プロミス、アコム、モビットなど)ではキャッシングサービスが受けられません。消費者金融業者は、貸しすぎ、借り過ぎを防ぐために、年収の3分の1までしか借入ができない総量規制の法律の対象となります。

消費者金融業者は、年収の3分の1までとなるので年収がない専業主婦は借入ができないのです。

では、なぜ銀行カードローンだと専業主婦でも借入ができるのか疑問に思いますよね。

消費者金融業者は、「貸金業法」によって金融業を営んでいますが、銀行は「銀行法」によって金融業を営んでいます。つまり、適応される法律が異なるので銀行での借り入れは、総量規制の対象にはならないのです。

もっと分りやすく説明をすると、銀行と消費者金融業者とではルールが違うのです。銀行のルールの中には、貸付の制限がないのです。つまり、銀行であれば専業主婦でも融資を受けられるのです。

ただし、消費者金融業者にも「配偶者貸付け」という制度があります。配偶者の同意があれば専業主婦でも借入ができる制度なのですが、事務作業が悪化するわりにはあまり収益が見込めないことから、 大手の消費者金融業者ではこの制度が導入されていません。中小規模の消費者金融業者でしたら、配偶者貸付けをおこなっている金融機関もありますが、手続きがとても大変なので利用されていないことがほとんどです。

銀行カードローンなら書類は身分証明書のみでWEB申込だけで借入ができるので、やはり専業主婦で借り入れをするなら銀行カードローンを利用するのが最も良いと言えるでしょう。