七十七銀行カードローン
審査基準と在籍確認について

七十七銀行(通称:しちしち)は、宮城県仙台市に本店を置く、大手の地方銀行です。

七十七銀行カードローン「77スマートネクスト」は、当日振込み融資は不可とされているものの、審査結果は早々に得られます。

この記事では、七十七銀行カードローンの「審査基準」から「審査の流れと在籍確認」までを解説しています。

七十七銀行「77スマートネクスト」の基本スペック

77スマートネクスト

金利 融資額 利用対象
4.9%〜14.8% 10〜500万円 20〜69歳まで
審査時間 当日振込み融資 web完結
最短翌日 ×

※居住および勤務先が、営業エリア内(宮城県、福島県、岩手県、秋田県、山形県、北海道、東京都)の方に限られます。名古屋・大阪の店舗は利用できません。

七十七銀行カードローンの口コミ評判まとめ

七十七銀行のイメージ画像

良い評判

  • 七十七銀行の普通預金口座を持っていれば、本人確認書類の提出が不要
  • 最短翌日で審査結果が分かる
  • パート・アルバイト・専業主婦でも申込みが可能
  • 職場への電話連絡なしに対応してもらえる可能性がある

悪い評判

  • 利用限度額は年収の3分の1までになる
  • 自営業者に対して、やや審査が厳しい
  • 振込融資が不可で、申し込みから融資までに2〜3週間かかる
  • 利用地域が限定されている
  • 土日祝日は審査をおこなっていない

七十七銀行カードローン「77スマートネクスト」の審査基準

七十七銀行カードローンの審査基準

パート・アルバイト・専業主婦でも申込み可能

パートやアルバイトで、定期的に安定した収入があれば申込みが可能です。

公式サイトにも、次のようにきちんと記載されています。

ご契約時の年齢が満20歳以上、満70歳未満で
安定した定期収入のある方ならどなたでもお申し込みいただけます。

公式サイトに記載はありませんが、専業主婦でも配偶者に一定の安定した収入があれば申込みが可能で、最大50万円までの融資に対応してもらえます。

勤続年数1年以上で審査可能

勤続年数が1年以上あると審査通過が見込めますが、1年未満の方は審査に落ちてしまうかもしれません。

また自営業者に対しての審査が厳しく、個人事業主や法人経営者の場合は、営業年数3年以上が必要になってきます。

電話申込みで審査落ちすると、審査結果がハガキで届く

電話から申込みをして審査に落ちると、審査結果がハガキで届くようになっています。

自宅に郵送物が届くうえに、審査結果がわかるまでに時間がかかってしまいますので、スマホなどのwebからの申込みが便利です。

web申込みの場合は、審査落ちしてもメールで伝えられますので、審査結果が郵送物で送られてくる心配がありません。

自営業者に対しての審査が厳しい!?

七十七銀行カードローンは、自営業者への審査が厳しい印象があります。

自営業者が審査に通るには、次のような条件を満たしていなくてはなりません。

営業年数が3年以上であること

自営業者は、営業年数3年未満であると審査対象になりませんので、ご注意ください。

前年度の年収が150万円以上であること

前年度の年収が150万円以上であることが前提条件とされます。

自営業者で借りるならビジネスローンがおすすめ

上述の条件を満たせていない場合は、「ビジネスローン」の利用をおすすめします。

ビジネスローンは、営業年数3年未満であっても審査可能なうえ、自営業者への方の融資に柔軟に対応してもらえます。

ビジネスローンを検討する場合は、下記の記事を参考にしてください。

緊急時におすすめのビジネスローンと審査基準【法人・個人事業者向け融資】

この記事では、法人・個人事業主の資金調達におすすめのビジネスローンを紹介しています。ビジネスローンは銀行融資とは違い、無担保で即日審査に対応してもらえます。事業者ローンの金利比較や審査基準についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

七十七銀行カードローンの審査の流れと在籍確認について

七十七銀行カードローン|審査の流れと在籍確認について

まずは「7秒診断」で融資可能か判断する

七十七銀行カードローンは、「7秒診断」という簡易診断で、借り入れの可否が分かります。

七十七銀行カードローンの「7秒診断」

ただ、これはあくまでになるため、本格的なはweb申込後からおこなわれます。

七十七銀行カードローンは、エリア対象とされている山形県下であっても庄内町は対象にならなかったりと、その境界線が大変曖昧です。

少し面倒かもしれませんが、web申込前に対象エリアであるかどうかの問い合わせ(0120-60-7711)をおこなってください。

仮審査の結果

web申込後から保証会社である「エム・ユー」が代行し、審査をおこなっていきます。

仮審査の結果は、早ければ申込翌日、遅くとも3営業日ほどで保証会社からあなたの連絡先に電話があります。

必要書類の提出

七十七銀行カードローンは、口座を持っているなら身分証明書の提出が必要ありませんが、口座を持っていないなら身分証明書を提出する必要があります。

書類の提出方法は、来店または郵送のいずれかとなり、その他の方法はありません。

来店で書類提出をおこなえば、そのぶん審査が早くすすみますが、郵送だとやり取りに時間がかかりますので、ご注意ください。

なお、口座がある場合は、身分証明書の提出が必要ありませんが、借り入れ状況に応じて収入証明書の提出が必要になるケースがあります。

在籍確認について

保証会社からあなた(契約者)の会社に、勤めているかどうかを確認するために在籍確認がおこなわれます。

銀行名は名乗らずに保証会社の個人名にて会社に電話連絡がありますので、プライバシーに配慮されています。

本審査通過後にキャッシング可能

在籍や書類の確認を終えると審査に通過したことになり、同時にローンカードや契約書類等が自宅に郵送されます。

ローンカードを受け取り次第、これを使用して借入金の引き出しができます。

申し込みから融資されるまでに、おおよそ2〜3週間を要します。

在籍確認の電話連絡なしは可能?七十七銀行に問い合わせてみた

ok女

七十七銀行は職場への電話連絡なしもOK!

七十七銀行に、在籍確認の電話連絡なしに対応してもらえるかどうか直接問い合わせてみました。

在籍確認の電話に抵抗があると伝えたところ、「職場への電話連絡なしの借り入れに対応している」という返答をもらえました。

具体的には、事前に「電話連絡を避けてほしい」という旨を伝えておけば、給与明細書や社会保険証の提出で、在籍の確認をしてくれるとのこと。

電話ではなく書類で在籍確認をしてもらえるので、電話連絡なしが可能です。

電話連絡なしを希望する場合は、web「電話連絡を控えて欲しい」という要望を伝える必要があります。

申込時に必要な書類

七十七銀行カードローンは、七十七銀行の普通預金口座の「あり・なし」で必要な書類が異なります。

口座あり 本人確認書類の提出が「不要」
口座なし 本人確認書類の提出が「必要」
本人確認書類

本人確認書類として運転免許証・パスポート等のいずれか一点の書類提出が必要となります。

収入証明書類

収入証明書類として官公庁が発行する収入を証明する書類(源泉徴収票・納税証明書等)の提出が必要となる場合があります。

収入証明書は、保証会社の審査により必要だと判断された場合に提出します。

利用限度額50万円を超えた借り入れの際に、収入証明書の提出を要するケースが多いです。

七十七銀行カードローンは今日中にキャッシングできる?

ポイント女

ローンカードの到着後から融資が受けられるので、本日中の借り入れはできません。

七十七銀行カードローンは、早ければ申込翌日、遅くとも3営業日で審査結果がわかります。

しかし、ローンカードが自宅に届くまで借り入れができませんので、手元にお金が入るまでに2〜3週間を要します。

なお、口座を持っている場合でも振込み融資に対応してもらえません。

急ぎで融資を受けたいなら、他行のカードローンを利用されることをおすすめします。

自宅に郵送物が届いて家族にバレない?

七十七銀行カードローンは、カードローン契約後に簡易書留でローンカードや契約書類が自宅に郵送されてきます。

開封しない限りローン関連の書類だと分からないように、「七十七銀行」という記載で郵送されますので、家族にバレないように配慮されています。

所在確認も含めて郵送物が送られてくるため、これらの書類を拒否すること、また店頭窓口で受け取ることはできません。

ただ、書類が届くのは契約時の1回のみで、利用中に利用明細書が自宅に届くことはありません。

カードローンの利用明細については口座や専用アプリから確認できるようになっています。

七十七銀行の貸付金利と限度額について

貸付金利と限度額について

七十七銀行カードローンは、変動型金利となり、利用限度額に応じて金利が決定されます。

利用限度額 金利
100万円未満 年14.8%
100〜200万円まで 年12.0%
201〜300万円まで 年7.7%
301〜400万円まで 年6.9%
401〜500万円まで 年4.9%

たとえば限度額50万円で、金利が年14.8%に設定されます。

七十七銀行カードローンは、他行のカードローンよりもやや低めの金利設定となっており、利用しやすい内容になっています。

七十七銀行カードローンは総量規制を超えても借りれる?

七十七銀行カードローンは総量規制から除外されますが、利用限度額が「前年度の税込み年収の3分の1まで」となっています。

総量規制を超えた借り入れができませんので、既に他社の借入金額が年収の3分の1を超えている場合は、借りすぎにより審査に落ちる可能性が示唆されます。

現在、七十七銀行を含む銀行カードローンは、貸付額を年収の2分の1から年収の3分の1までに引き下げていますので、総量規制以上の融資が期待できません。

総量規制を超えた融資を希望する場合は、下記の記事を参考にしてください。

総量規制超えても借りたいカードローン!銀行以外のキャッシング方法を解説

総量規制超えても借りれるカードローンがあるのをご存知でしょうか。銀行以外でも総量規制以上のキャッシングをする方法はあります。総量規制を超えた場合は一体どうなるのか、また新たに借りれるのか、詳しく紹介していきたいと思います。

七十七銀行カードローン「77スマートネクスト」の返済方法

七十七銀行カードローン|77スマートネクストの返済方法

七十七銀行カードローンは、毎月5日に最低返済額分が自動的に引き落としされます。

七十七銀行の最低返済額について

借入残高 最低返済額
〜2,000円以下 借入残高の全額
2,001〜100,000円 2,000円
100,001〜300,000円 5,000円
300,001〜500,000円 10,000円
500,001〜800,000円 15,000円
800,001〜1,000,000円 20,000円
1,000,001〜1,500,000円 25,000円
1,500,001〜2,000,000円 30,000円
2,000,001〜2,500,000円 40,000円
2,500,001〜3,000,000円 50,000円
3,000,001〜4,000,000円 60,000円
4,000,001〜5,000,000円 70,000円

七十七銀行カードローンの返済方法

七十七銀行カードローンの返済日は毎月5日です。

口座振替 毎月5日に返済用口座から自動的に引き落とされます
提携ATM 提携ATMより追加返済が可能です

最低返済額以上を追加返済するなら、提携ATMの利用が大変便利です。

提携ATMで返済をおこなった場合でも、翌月の口座振替は通常どおりおこなわれます。

七十七銀行カードローンの貸付条件
融資額 実質年率 利用対象
10〜500万円 4.9%〜14.8% 満20〜70歳未満
遅延損害金 返済期間 返済方式
18.0% 1年毎の自動更新 残高スライド方式
担保・保証人 保証会社
不要 エム・ユー(株)
七十七銀行のカードローン「77スマートネクスト」は、すでに口座を持っていても借り入れまでに3週間近くかかります。

また、七十七銀行は審査に厳しい印象があります。特別に七十七銀行を利用する理由がないのなら、楽天銀行のように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。