阿波銀行カードローンの審査ポイントを解説

阿波銀行は、徳島県徳島市に本店を置く、地方銀行になります。

阿波銀行には、「スマートネクスト」「パワーアップカードローン」「あわぎんカードローンエース」の3つのカードローンがあります。

中でも阿波銀行のカードローン「スマートネクスト」は、スマホ契約で来店不要になるため、初めての方でも利用しやすいです。

今回は、阿波銀行カードローン スマートネクストの「メリット・デメリット」から「審査基準」までを徹底解説していきたいと思います。

阿波銀行カードローンの基本スペック

金利 融資額 利用対象
年4.7%〜14.8% 30万円〜500万円 20歳〜66歳未満
審査時間 来店不要 融資までの期間
平均2〜3営業日 2〜3週間

※営業エリア内(徳島県・香川県・高知県・愛媛県・大阪府・東京都・兵庫県・岡山県・神奈川県)に居住または勤務している方が対象になります。

阿波銀行カードローンのメリット・デメリット

阿波銀行カードローンのメリット・デメリット

メリット

  • 口座を持っていなくても、申込み可能
  • パート・アルバイト・専業主婦でも借り入れOK
  • web完結型だから、来店不要で契約できる

デメリット

  • 営業エリア内のみで、全国からの申込みが不可
  • 口座を持っていない場合は、店頭および郵送でのやり取りが必要
  • 専用カード到着前の振込融資に対応してもらえません
  • 申込みから借り入れまで、2〜3週間近くかかる

阿波銀行カードローンの審査基準

阿波銀行カードローンの審査基準

パート・アルバイト・専業主婦でも借り入れOK

阿波銀行カードローンは、パート・アルバイト・専業主婦でも申込みができるようになっています。

ただ、専業主婦の場合は、配偶者に安定した収入があることが前提条件となり、配偶者が定職についていないと審査に不利になる傾向にあります。

アルバイトやパートなどで収入があれば申込みができますが、収入が少ないと融資が難しいと判断されるかもしれません。

審査通過には年収90万円以上が必須!?

阿波銀行を含む銀行カードローンは、2018年1月から自主的に審査を厳しくしており、年収の3分の1以上の貸付を廃止しています。

阿波銀行の場合、契約極度額30万円の審査に通過しなくてはいけないため、物理的に年収90万円は必要になってきます。

前年度の年収が90万円を下回っている場合は、審査落ちの可能性がありますので他行のカードローンを利用したほうが良いかもしれません。

審査に落ちると、自宅に通知ハガキが届く

阿波銀行カードローンは、審査に通るとメールまたは電話で、審査に落ちると自宅あてに通知ハガキが届きます。

審査結果がハガキで届くわけですから、申込後から2〜3営業日経過しても何の連絡もない場合は、審査落ちしている可能性が考えられます。

たとえば月曜日に申込みをして、木曜日になっても結果が返ってこないようなら審査に落ちているかもしれません。

審査時間は平均2〜3営業日

審査時間は、最短翌営業日となっています。

ただ、これは建前の審査時間になりますので、実際には平均2〜3営業日で仮審査の結果がわかります。

仮審査のあと、必要書類を提出したり自宅にカードが郵送されたりするので、申込みから借り入れまで平均2〜3週間ほどかかります。

阿波銀行カードローンの審査の流れと在籍確認について

阿波銀行カードローンの審査の流れと在籍確認について

阿波銀行カードローンは、口座の「あり・なし」で契約方法が異なります。

オンラインで契約手続きができる「web完結型」は口座を持っている方が対象で、口座を持っていない方は「店頭・郵送契約型」の利用となりますのでweb契約ができません。

口座を持っていない場合は、web契約ができないことを理解したうえで申込みをしましょう。

申込み

web・電話・FAX・郵送のいずれかで申込みをして、申込後から保証会社(エム・ユー信用保証株式会社)による審査が開始されます。

在籍確認の連絡

保証会社から勤務先へ、在籍確認のための電話連絡がおこなわれます。

在籍確認は、担当者の個人名でおこなわれ、契約者本人が出勤していなくても勤務している確認が取れれば問題ありません。

なお、専業主婦の場合は、配偶者の勤務先ではなく、自宅の固定電話に在籍確認がおこなわれることが多いです。

仮審査の結果

仮審査の結果は、早ければ申込みの翌日、遅くとも2〜3営業日ほどで分かるようになっています。

先ほどにも説明がありますが、審査結果が「応諾」だった場合はメールおよび電話で、「拒否」だった場合は通知ハガキにて送られてきます。

必要書類の提出

審査結果と合わせて、必要書類についての詳しい案内がありますので、その指示に従って書類の提出をしてください。

なお、口座を持っていない場合は、公式サイトから「利用申込書 兼 保証委託依頼書」をダウンロードして、郵送またはFAXで提出していく必要があります。阿波銀行の窓口へいって直接、書類を記入して提出することも可能です。

本審査通過後、カードローンの利用が可能

本審査通過後、自宅あてにローンカードが郵送されて受け取り次第、いつでも好きなときに利用限度額内の借り入れができるようになります。

振込融資には対応していませんので、残念ながら口座を持っていてもカード到着前の融資は受けられません。

自宅に郵送物が届いて家族にバレない?

あわぎんカードローンは、本審査後にローンカードと契約書類が自宅あてに郵送されます。

阿波銀行という記載がされた封筒に入れて送られてくるため、開封しない限りローン関係の書類だと分からないようになっています。

郵送物不要の借り入れをしたい場合は、他のカードローンの利用をおすすめしますが、ある程度プライバシーが守られているのなら問題ないと考える人にとっては良いと思います。

阿波銀行カードローンの返済方法

阿波銀行カードローンの返済方法

阿波銀行カードローンは、毎月7日に返済用口座から自動的に引き落としがされます。

毎月の返済額

毎月の返済額は、最終残高に応じて決定されます。

借入残高 毎月の返済額
10,000円未満 借入残高の全額
10,000円〜500,000円 10,000円
500,001円〜1,000,000円 20,000円
1,000,001円〜2,000,000円 30,000円
2,000,001円〜3,000,000円 40,000円
3,000,001円〜4,000,000円 50,000円
4,000,001円〜 60,000円

返済日の前日の借入残高が40万円だった場合、毎月の返済額は10,000円になります。

毎月の約定返済のほか、コンビニATMを利用して追加返済をすることも可能です。

毎月の返済日

返済日は、毎月7日になります。銀行休業日の場合は、翌営業日の返済になります。

たとえば返済日が土曜日だった場合、翌営業日の月曜日に口座から返済額が引き落とされます。

返済が1日でも遅れると、利息とは別に遅延損害金が発生したり、限度額の増額ができなっなったりしますので、くれぐれも入金のし忘れには注意してください。

金利と限度額について

金利と限度額について

金利は、次のように借入限度額に応じて決定されるようになっています。

借入限度額 金利
30万円〜200万円 年14.8%
210万円〜300万円 年9.8%
310万円〜490万円 年7.8%
500万円 年4.7%

※10万円単位での借り入れになります。

金利は、他行のカードローンと比べて、安くもなく高くもなくといった印象です。

増額審査を受けることで金利が引き下がる場合がありますので、借入後から6ヶ月くらい経過したら限度額の増額をしてみると良いかもしれません。

他社のカードローンと比較

金融機関名 実質年率 最大限度額 審査時間
アイフル 3.0%〜18.0% 800万円 最短30分
プロミス 4.5%〜17.8% 500万円 最短30分
楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5% 800万円 最短翌日
阿波銀行カードローン 4.7%〜14.8% 500万円 2〜3営業日
山口銀行カードローン 3.8%〜14.5% 500万円 2〜3営業日
広島銀行カードローン 7.5%〜14.6% 1,000万円 3〜4営業日程度

限度額の増額について

限度額を増額する場合は、阿波銀行のフリーダイヤルに電話をかけて、「限度額の増額を希望している」という旨を伝えていきます。

借入後からおおよそ6ヶ月以上経過すると、増額審査に通ることが多いです。

増額審査のときに年収を再申告するほか、再び個人信用情報が開示されて信用力調査がされますので不利な情報が発覚した場合、限度額が減少されることがあります。

この不利な情報というのは、他社借入の金額が多すぎたり、返済の遅延があったなどが該当します。

心当たりがある場合は、阿波銀行の増額審査を受けずに、消費者金融のように難易度の低いカードローンでの申込みをおすすめします。

阿波銀行カードローンの貸付条件
融資額 実質年率 利用対象
30万円〜500万円 年4.7%〜年14.8% 満20歳〜66歳未満
遅延損害金 契約期間 返済方式
年14.6% 3年毎の自動更新 残高スライド方式
担保・保証人 保証会社
不要 エム・ユー信用保証株式会社
阿波銀行のカードローン「あわぎんスマートネクスト」は、申込みから融資までに2週間〜3週間ほどかかります。

また、審査に厳しい印象があります。

特別に阿波銀行を利用する理由がないのなら、楽天銀行のように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。