千葉銀行カードローンの審査の流れと在籍確認

千葉銀行は、地方銀行の中で第2位の総資産を持つ、最大手の地銀です。

口座があれば身分証明書の提示が必要ないので、面倒な手続きが一切不要でキャッシングがおこなえる特徴があります。

地方銀行ながら、土日祝日でも7:00〜23:00まで申し込み可能となります。

この記事では、千葉銀行カードローンの特徴から、「審査基準」と「審査の流れと在籍確認」についても解説していきます。

千葉銀行「ちばぎんカードローン」の特徴

  • 口座が無くても振込み融資が可能
  • 口座があれば身分証明書不要で借入がおこなえる

口座が無くても来店不要で振込み融資が可能

千葉銀行カードローンは、他行の銀行口座への振込融資が可能なので、千葉銀行の普通預金口座が無くても来店不要で融資が受けられます。

申し込みから、早ければ翌営業日に口座へお金が振り込まれます。

口座があれば身分証明書不要で借り入れがおこなえる

千葉銀行の普通預金口座を持っている人は、身分証明書不要で借り入れがおこなえます。

口座があれば書類提出を一切しなくても良いので、面倒なやり取りをおこなう必要がありません。書類提出なしで契約がおこなえる大変珍しいカードローンといえます。

ポイント女

融資するなら「ちばぎん」がおすすめ!

ちばぎんカードローン

  1. 口座が無くても来店不要で振込み融資が可能

    口座があれば身分証明書不要で借入がおこなえる

    振込み融資 実質年率 借入限度額
    ◯(口座なし可能) 1.7%〜14.8% 10〜800万円

    ※千葉銀行カードローンは、利用地域が限られます。千葉県・東京都・茨城県・埼玉県・神奈川県(横浜市・川崎市)にお住まい、またはお勤めの場合のみ利用が可能です。

申し込みはこちら

千葉銀行カードローンの審査ポイント

千葉銀行カードローンの審査ポイント

パート・アルバイト・派遣社員でも借り入れできる

カードローン会社の中には、雇用形態のリミテーションが設けられている場合がありますが、千葉銀行カードローンには雇用形態の制限がないため、パート・アルバイトでも審査可能です。もちろん、派遣社員でも審査に通過する可能性が十分にあります。

ちばぎんから2営業日以内に電話がなければ審査落ちしている

千葉銀行カードローンは、審査に通過するとweb申し込みから「2営業日以内」に電話連絡が入りますが、審査に落ちるとハガキにて審査結果が送られてきます。

自宅にハガキが到着するまでにやや時間がかかるため、この日数を過ぎても連絡がない場合は審査に落ちている可能性が高いといえます。

たとえば、ちばぎんは土日祝日の銀行業務をおこなっていないため、申し込みをしてから平日2日経過しても連絡がなければ審査に落ちたということになります。

2営業日を経過しても審査結果が返ってこないのであれば、他行の銀行カードローンまたは消費者金融で、新たに審査を受けたほうが良いと考えられます。

三菱UFJ銀行グループで金融事故をおこしていない

千葉銀行の保証会社である「エム・ユー信用会社(審査会社)」は、三菱UFJ銀行グループにあたります。

そのため同系列のグループで金融事故をおこすと、情報が共有されて審査通過しづらくなります。

金融事故とは、延滞・滞納・債務整理などの経験がある人のことをいいます。

これらの事故情報は、個人信用情報機関に記録として残っており、最大5年でその情報が消されると言われていますが、悪質顧客の情報のみ銀行に残されている可能性があります。

それが同系列グループとなれば、「この人は社会的信用力が低い」という情報共有されていることでしょう。

三菱UFJ銀行は、じぶん銀行やアコムなど、多くの地方銀行と親密な関係にありますので、これらの銀行で金融事故を起こした経験があるなら異なる金融機関で借り入れしたほうが良いと考察されます。

金融事故・延滞等をした経験がなければ、同グループで借り入れがあっても問題ありません。まずは審査を受けみることをおすすめします。

ちばぎんカードローンの10秒診断で借入可能か試してみる

千葉銀行カードローンの審査の流れと在籍確認について

千葉銀行カードローンの審査の流れと在籍確認について

千葉銀行カードローンは、遅くとも2営業日以内に審査結果が分かります。審査スピードが速いため、早々に借り入れ可能かどうかが分かります。

まずは「10秒診断」で借入可能か調べる

ちばぎん「10秒診断」の審査結果

まずは、ちばぎんの「10秒クイック診断」で借り入れ可能かどうかを確認します。

こちらは簡易的な審査となりますので、本格的な審査はweb申込後からおこなわれます。

10秒クイック診断で融資可能と判断されれば、そのまま申込画面をタップします。

web申し込み

ちばぎんカードローンは、千葉銀行の普通預金口座の有無に関係なく、web完結に対応してもらえます。来店不要でwebのみで契約手続きが完了するので、大変利便性が良いといえます。

web申込後から保証会社である「エム・ユー信用保証」が審査をおこなっていきます。

仮審査の結果が電話である

ちばぎんカードローンは、審査通過なら電話にて連絡がありますが、審査落ちなら郵送はがきでのお知らせになります。

千葉銀行カードローンは、2営業日以内に仮審査結果が得られるので、申し込みからその日数を経過しても返答が無ければ、残念ながら審査に落ちてしまっていると考察されます。

在籍確認は仮審査の連絡後におこなわれる

千葉銀行カードローンは、仮審査の連絡後に在籍確認(勤務先への電話連絡)がおこなわれます。
千葉銀行という銀行名ではなく、保証会社の担当者の個人名で、在籍確認がされます。

例示すると、「大変お忙しい中恐れ入りますが、◯◯(担当者の個人名)ですが△△さん(利用者名)はいますか?」というように知人からの電話のようにかかってきます。

あなた(契約者)が直接、在籍確認の電話に出られなくても、その会社に勤務していることが分かれば在籍確認のプロセスを通過したことになります。

必要書類を提出する

在籍確認後に再度、保証会社の担当者から連絡があり、その際に必要書類の案内がされます。

原則として千葉銀行の普通預金口座「有」なら、身分証明書の提出不要で借り入れがおこなえますが、千葉銀行の普通預金口座「無」なら、身分証明書を提出する必要があります。

必要書類は、利用申込書(口座開設書類)と合わせて郵送またはFAXで送付します。

郵送では、手間と時間を要してしまうので、急ぎの融資を希望される場合はFAXにて必要書類のコピーを送付するといいでしょう。

本審査の結果が通知され、利用限度額内の借り入れが可能になる

ここまでのプロセスに全てクリアすれば、ようやく審査通過したことになります。

審査通過後に、利用限度額内の借り入れが何度でもおこなえるようになります。
なお、千葉銀行カードローンは振込融資に対応してもらえるので、カード郵送前に指定口座へお金の振込みをおこなうことも可能です。

ちばぎんカードローンの10秒診断で借入可能か試してみる

千葉銀行カードローンは今日中にキャッシングできる?

千葉銀行カードローンは、千葉銀行の普通用金口座を保有していない場合でも、他行への振込み融資に対応してもらえるので、申し込みから融資までのスピードは早いです。

土日祝日は、審査をおこなう保証会社が休業日になりますので、翌営業日の振込み融資になります。

審査が混み合っていると審査結果が得られるまでに2営業日かかるケースがあります。

急ぎの融資を希望される場合は、web申込後に千葉銀行のコールセンターに電話連絡をしてその旨を伝えるといいでしょう。優先的に審査をおこなってもらえます。

※営業日…千葉銀行が営業している日にちです。たとえば「2営業日」の場合、土日祝日は銀行業務が休みになるので、平日2日間が営業日に該当されます。

千葉銀行「ちばぎんカードローン」の必要書類

千葉銀行カードローンは、千葉銀行の普通預金口座を保有していると身分証明書類の提出が必要ありません。

千葉銀行の「口座あり」 身分証明書の提出が不要
千葉銀行の「口座なし」 身分証明書の提出が必要
身分証明書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード(外国籍の人)

原則として千葉銀行カードローンは、千葉銀行の普通預金口座を保有していれば、身分証明書の提出が必要ありませんが、保証会社の審査で必要だと判断された場合のみ、その書類の提出が必要になります。

千葉銀行カードローンは家族や会社にバレない?

千葉銀行カードローンは、「在籍確認への配慮」がきちんとされているので会社に借り入れがバレてしまう可能性は少ないですが、郵送物は避けられないので家族に内緒でカードローンを利用するのは難しいかもしれません。

千葉銀行「ちばぎんカードローン」の郵送物

千葉銀行カードローンは、口座の有無に関わらず、契約手続完了後にカードローン専用のキャッシュカードや契約書類が自宅に郵送されます。

カードローン利用中は、所在確認として年2回ほど利用明細書も送られてきます。

なお、これらの郵送物は所在確認を踏まえて送られてくるため、郵送物の拒否はおこなえないことを理解しておくといいでしょう。

千葉銀行カードローンの返済方法

千葉銀行カードローンの返済方法

千葉銀行カードローンの最低返済額は、借入残高に応じて変動します。

千葉銀行の最低返済額 10,000円~

50万円以下なら月々10,000円の返済になります。利用残高が、50万円上がるごとに最低返済額の金額が10,000円ずつ多くなります。最低返済額を下回らない返済であれば、遅延損害金(延滞金)が発生しません。

返済が遅れると延滞金が発生するだけでなく、限度額の増額に対応してもらえなくなるので、ご注意ください。

千葉銀行「ちばぎんカードローン」の返済方法

千葉銀行カードローンは、毎月1日(銀行協業日の場合はよく営業日)に、自動的に口座から引き落とされます。

基本的に最低返済額分の引き落としとなりますが、ATMや、インターネットバンキングで追加返済も可能です。

自動引き落とし 毎月1日に口座から自動的にお金が引き落とされる
インターネットバンキング インターネットバンキングで追加返済が可能
提携ATM 提携先のATMで追加返済が可能

   
もちろん千葉銀行の店頭でも、追加で返済・借入がおこなえます。

提携先ATMは、時間帯により利用手数料が発生する場合があるので、インターネットバンキングでの返済がおすすめです。こちらであれば、利用手数料が一切かかりません。

その他の千葉銀行「ちばぎんカードローン」のポイント

千葉銀行カードローンはおまとめローン・借り換えローンができる?

千葉銀行カードローンは、おまとめローン・借り換えローンとして利用することができます。

完済証明書等の提出が一切不要で、おまとめ・借り換えに対応してもらえるので大変利用しやすいです。

千葉銀行カードローンの増額審査について

ok

増額審査では在籍確認なし!

千葉銀行カードローンの増額審査は、通常のweb申し込みからおこなうことが可能です。

増額申請後に最初と同じように審査がおこなわれ、限度額の増枠の可否が判断されます。

基本的に勤務先の電話番号に変更がなければ在籍確認はおこなわれませんが、転勤や転職等の理由で番号に変更がある場合のみ再度、在籍確認がおこなわれます。

なお、千葉銀行カードローンの増額審査は、土日や祝日でも7:00〜23:00まで対応してもらえるので、仕事帰りの申し込みでも当日中に融資してもらえるケースがあります。

いくらまでの増枠が可能?

あなた(契約者)の信用力によっても異なりますが、最大年収の2分の1までの増額になると考察されます。

限度額のアップが図れたら、他社の借入金を千葉銀行で「おまとめ」することも可能です。

千葉銀行「ちばぎんカードローン」の貸付条件

融資額 実質年率 利用対象
10~800万円 1.7%~14.8% 満20歳~満65歳未満
遅延損害金 返済期間 返済方式
年19.8% 1年(自動更新) 残高スライド方式
担保・保証人
不要
千葉銀行カードローンは、口座を持っていなくても振込融資に対応してもらえますので、大変使い勝手が良いといえます。

利用地域(千葉県・東京都・茨城県・埼玉県・神奈川県(横浜市・川崎市)に該当しない場合は、楽天銀行のように全国対応しているカードローンを検討されてはいかがでしょうか。