第四銀行カードローン|審査基準と融資の流れを解説

第四銀行は、新潟県新潟市中央区に本店を置く、地域密着型銀行になります。

第四銀行のカードローン「解決スピーディー」は、ローンカード交付前の振込融資に対応してもらえます。

口座を持っているとWEB完結に対応してもらえるので、日頃から第四銀行の利用がある人にとっては大変使い勝手が良いカードローンといえます。

この記事では、第四銀行カードローン 解決スピーディーの「審査基準」と「融資までの流れ」について解説しています。

第四銀行カードローン「解決スピーディー」の基本スペック

第四銀行

金利 融資額 利用対象
年4.0%〜14.8% 30万円〜500万円 20〜70歳未満
審査時間 web完結 即日振込融資
2〜3営業日 ×

※第四銀行カードローンは、営業エリア内の新潟県下・新潟県外(福島県会津若松市、東京都(豊島区・中央区・大田区)、大阪府大阪市、さいたま市大宮区、北海道札幌市、富山県富山市、長野県長野市、愛知県名古屋市、横浜県横浜市)に居住または勤務している方に限定されます。

第四銀行カードローンのメリット・デメリット

第四銀行カードローンのメリット・デメリット

メリット

  • 専業主婦・パート・アルバイトでも借り入れできる
  • 来店不要でお金が借りられる
  • 2〜3営業日くらいで審査結果が分かる
  • ローンカード到着前の振込融資に対応してもらえる
  • 口座を持っているなら、WEB完結契約(Eメールによる手続き)が可能

デメリット

  • 年金収入のみの方は利用できません
  • 口座なしの場合は、来店または郵送でのやり取りが必要になる
  • 審査落ちをすると自宅宛の郵送で結果が伝えられる(口座なしの場合のみ)

総評!「口座を持っていれば来店不要」

第四銀行のカードローン「解決スピーディー」は、口座を持っているとWEB完結で契約手続きができます。

WEB完結は、全ての契約手続きをEメールのみでやり取りできるというもので、来店したり郵送したりする必要が一切ありません。

郵送や来店は、やり取りに時間がかかってしまいがちですが、Eメールのみのやり取りであれば面倒な手続き不要で、ラクに契約が完了します。

第四銀行カードローンの審査基準

第四銀行カードローンの審査基準

専業主婦・パート・アルバイトは限度額30万円まで

第四銀行のカードローン「解決スピーディー」は、専業主婦・パート・アルバイトでも借り入れができますが、利用限度額30万円までになります。

30万円以上の貸付はおこなっていませんので、限度額の増額も不可です。

なお、専業主婦は配偶者に安定した収入があることが条件として加えられます。

年金収入のみの方は利用できません

第四銀行カードローンは、年齢制限が69歳までになるものの、年金受給者への貸付をおこなっていません。

年齢条件を満たしている場合でも、定年して働いていない方はお金が借りられませんので、申し込みをしないように注意してください。

年収90万円以下は審査に落ちやすい!?

第四銀行カードローンは最低利用限度額が30万円になりますので、審査通過するために少なくとも年収90万円は欲しいところです。

年収90万円を下回る場合は、最低利用限度額10万円から貸付が受けられるカードローンを利用するのがおすすめです。

利用限度額10万円からなら、年収30万円以上あれば審査通過が期待できます。

必要書類について

第四銀行のカードローンは、本人確認書類(運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード)と合わせて利用申込書兼保証委託依頼書、暗証番号届を提出します。

これらの書類は公式サイトより取得できますので、わざわざ来店して受け取りに行く必要はありません。

場合によっては、収入を証明する書類の提出が必要になることもあります。

第四銀行カードローンの融資の流れ

第四銀行カードローンの融資の流れ

web申し込み

web申込後から、保証会社(エム・ユー信用保証(株))による審査が開始されます。

在籍確認がおこなわれる

在籍確認のために保証会社から勤務先に電話があります。

保証会社名ではなく、担当者の個人名で細心の注意を払って電話連絡がされるので安心です。

仮審査の結果が「2〜3営業日」で分かる

仮審査の結果は、口座を持っているならメールで、口座を持っていない場合は電話で伝えられます。

審査結果が伝えられた際に、利用限度額や金利についての案内があり、その内容に承諾したうえで書類提出などの手続きをすすめていきます。

必要書類の提出をする

必要書類の提出方法は、口座のあり・なしで異なります。

口座あり

第四銀行の普通預金口座を持っている場合は、Eメールに添付されたURLからログインして、必要書類をスマートフォーンやタブレットで撮影してアップロードします。

インターネット上で書類の提出ができるため、来店したり郵送で送ったりする必要がありません。

口座なし

口座を持っていない場合は、郵送により必要書類を送付していきます。

第四銀行の公式サイトから「利用申込書兼保証委託依頼書」と「暗証番号届」をプリントアウトして記入したうえで、確認書類と合わせて送ります。

なお、郵送ではなく来店にて書類の提出をすることも可能です。

手続き完了後、ローンカードが自宅に郵送される

全ての手続きが完了次第、ローンカードが自宅に郵送され、このカードを利用して提携ATMより借り入れができるようになります。

振込融資を希望する場合

毎月の返済方法を「口座振替タイプ」で指定すると、ローンカード到着前の振込融資に対応してもらえます。

ローンカードが自宅に届くまでに1週間ほどかかってしまいますので、振込融資を希望するというのは、そのぶん早くお金が借りられることに繋がります。

口座を持っていない場合は、審査落ちすると郵送で結果が送られてくる

第四銀行カードローンは、口座を持っているならEメールで可否が伝えられ、口座を持っていない場合で審査落ちすると自宅宛の郵送にて結果が送られてきます。

おおよそ2〜3営業日で審査結果が分かりますので、この日数を過ぎても結果が来なかった場合は、審査に落ちている可能性が考えられます。

限度額の増額をするなら必ず電話で!

カードローン契約は、webや郵送、FAXなどから申込が可能ですが、限度額の増額は必ず電話から申込をします。

第四銀行ローン受付センター(0120-44-8464)へ問い合わせをして「限度額の増額を希望している」という旨を伝えると、詳しい案内をしてもらえます。

専業主婦は増額不可

専業主婦は、利用限度額が30万円までとなりますので、限度額の増額を受けることはできません。

それ以上の金額の借り入れを希望する場合は、他行のカードローンへの申込みをおすすめします。

第四銀行カードローンの返済方法について

第四銀行カードローンの返済方法について

第四銀行カードローンは、「入金タイプ」と「口座振替タイプ」の2つの返済方法があります。

入金タイプは、毎月1〜26日までの好きな日を指定し、提携ATMから返済するのに対して、口座振替タイプは26日に口座から自動的に引き落としがされます。

返済日を26日から変えたいという人には入金タイプがおすすめですが、返済をし忘れやすかったり、提携ATMまでいくのが面倒だったりするので、口座振替タイプを選択しておいたほうが無難です。

最低返済額(毎月の返済額)

返済日前日の借入残高 毎月の返済額
10,000円未満 借入残高の全額
10,000〜500,000円 10,000円
500,001〜1,000,000円 20,000円
1,000,001〜2,000,000円 30,000円
2,000,001〜3,000,000円 50,000円
3,000,001〜5,000,000円 60,000円

第四銀行カードローンの金利について

第四銀行カードローンは、利用限度額に応じて金利が決定されます。

利用限度額 固定金利
30・50・70万円 年14.8%
100・150・200万円 年12.0%
250・300万円 年6.0%
500万円 年4.0%

※第四銀行のカードローンは、利用限度額「30・50・70・100・150・200・250・300・500万円」の9種類から選択されます。

たとえば、利用限度額100万円なら金利年12.0%になります。

限度額の範囲が大きくなるにつれて、安い金利で借り入れができる仕組みです。

第四銀行カードローン「解決スピーディー」の貸付条件

融資額 実質年率 利用対象
30万円〜500万円 年4.0%〜14.8% 満20〜70歳未満
遅延損害金 返済期間 返済方式
年14.8% 残高スライド元金定額リボルビング方式
担保・保証人 保証会社
不要 エム・ユー信用保証(株)
第四銀行のカードローン「解決スピーディー」は、口座を持っていない場合、借り入れまでに2週間近くかかります。

なお、第四銀行は審査に厳しい印象があります。

特別に第四銀行を利用する理由がないのなら、楽天銀行のように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。