きらぼし銀行の画像

2018年5月1日に、東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京の3行が合併して、新たに「きらぼし銀行」が誕生しました。

きらぼし銀行には、「プラスユーネクスト」と「パーソナルカードローン」の2種類のカードローンがあります。

「プラスユーネクスト」においては、(旧)八千代銀行で扱っていた内容をそのまま引き継いでいます。

きらぼし銀行のプラスユーネクストは、パート・アルバイトはもちろん、今までどおり専業主婦でも借り入れオーケーです。

では、2種類のカードローンはどちらが審査に通りやすいのでしょうか。

結論からいいますと、審査に自信がない人は「プラスユーネクスト」の利用を推奨します。

この記事では、きらぼし銀行の2種類のカードローンを比較した審査情報を解説しています。

きらぼし銀行の2種類のカードローンを徹底比較

きらぼし銀行の画像

きらぼし銀行のカードローンである「プラスユーネクスト」と「パーソナルカードローン」の2種類を徹底的に比較してみました。

プラスユーネクスト パーソナルカードローン
金利 3.4%〜14.8% 7.80%〜9.80%
融資額 30万円〜300万円 30万円〜100万円
利用対象 20歳〜64歳未満 20歳〜60歳以下
審査時間 最短2営業日 1週間以内
融資までの期間 最短3営業日 1ヶ月以上
web完結 ×来店が必要 ×来店が必要
保証会社 ㈱オリエントコーポレーション きらぼし信用保証株式会社
取引先銀行 (旧)八千代銀行 (旧)東京都民銀行
専業主婦 ◯30万円まで可能 ×不可
審査条件 ・学生を除く ・前年度の年収が150万円以上
・勤続年数1年以上
・公的な税金の滞納が一切ない

※利用可能地域の「東京都・神奈川県・埼玉県」に居住および勤務している方が対象になります。

パーソナルカードローンは、金利10%を下回っており、大変魅力的なカードローンです。

しかし、プラスユーネクストと比べて、パーソナルカードローンは審査条件が厳しくなっています。

パーソナルカードローンは、下記の条件を満たしていないと審査通過が見込めません。

  • 前年度の年収が150万円以上ある
  • 勤続年数1年以上
  • 公的な税金の滞納が一切ない

これらの条件を満たしていない場合は、プラスユーネクストの利用をおすすめします。

きらぼし銀行の審査難易度はどのくらい?通過しやすいのは「プラスユーネクスト」

きらぼし銀行の審査のイメージ画像

パーソナルカードローンと比べて、プラスユーネクストは審査に通過しやすくなっています。

主な理由のひとつとして、保証会社の違いが挙げられます。

プラスユーネクスト ㈱オリエントコーポレーション
パーソナルカードローン きらぼし信用保証株式会社

プラスユーネクストは、外部の「㈱オリエントコーポレーション」が保証会社になるので、借金を踏み倒されても肩代わりしてくれます。

しかしパーソナルカードローンは、内部の「きらぼし信用保証株式会社」が保証会社になり、貸し倒れがあったときに自行でそのまま損失分を補わなくてはなりません。

つまり、きらぼし銀行は、責任転換が可能な「プラスユーネクスト」の利用を圧倒的に好みます。

恐らく「パーソナルカードローン」は、上場企業勤務しており、住宅ローンの審査に通るほどの信用力がある人でないと、審査通過が難しいでしょう。

パーソナルカードローンと比べて、プラスユーネクストは審査に通りやすくなっていますが、審査通過が難しい属性もあります。

ここからは、プラスユーネクストを前提として、審査情報を深堀りしていきます。

きらぼし銀行の「プラスユーネクスト」の審査基準

パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者は30万円まで

きらぼし銀行のプラスユーネクストは、パート・アルバイト・専業主婦でも審査通過が可能です。

ただし、これらの属性の場合は、限度額が30万円までになります。

公式サイトにも、下記のように明記されています。

・ご本人さまに収入のない方で、配偶者の方に安定した収入がある場合は、限度額30万円のみお申込みいただけます。

・パート・アルバイト、年金を受取っている方は、限度額30万円のみお申込みいただけます。(学生の方は除きます)

上述に記載があるとおり、専業主婦でも借りられるようになっていますが、学生のみ対象外となります。

学生は借り入れできません

きらぼし銀行で、唯一審査に通らないのは「学生」です。

アルバイトなどで収入があっても、大学や専門学校に通っていると審査通過が難しくなります。

学生でお金を借りるのなら、大手消費者金融のようなカードローンを検討されてはいかがでしょうか。

銀行と比べて、消費者金融は金利が高くなるものの、学生でも審査通過しやすくなっています。

学生でお金を借りる場合は、下記の記事を参考にしてください。

顔写真付きの身分証明書が必須

カードローンの契約をするときに、身分証明書として運転免許証もしくはパスポートをFAXにて提出していきます。

いずれも手元にない場合は、代わりに健康保険証と合わせて公的書類(公共料金領収証・住民票等)の用意が必要になってきます。

顔写真付きの身分証明書ができないと、余分に書類を用意しなくてはいけないため大変厄介です。

きらぼし銀行カードローンの審査の流れ

きらぼし銀行の審査のイメージ画像

web申し込み

web申込後、保証会社の「(株)オリエントコーポレーション」による審査が開始されます。

プラスユーネクストの場合は、(旧)八千代銀行と取引をすすめていく形になります。

必要書類の提出

web申込後、身分証明書を指定の送り先へFAXにて送付していきます。

在籍確認の電話連絡

在籍確認のために、勤務先へ電話連絡がかかってくる場合があります。

専業主婦および年金受給者の場合は、自宅固定電話への連絡になります。

後述で詳しい説明がありますが、電話連絡を避けた借り入れ方法はありませんので、電話連絡なしの融資は不可能です。

仮審査の結果が電話で伝えられる

仮審査の結果は、早ければ申込翌日、遅くとも1週間から10日程度で分かるようになっています。

土・日・祝は、審査をおこなっていませんので、間に挟むと審査結果までの期間が長伸する可能性があります。

本申込みのため、店舗へ来店する

仮審査通過後、(旧)八千代銀行の店舗へ来店して、本申し込みの手続きをすすめていきます。

本申し込みのときに、下記の書類の用意が必要になることがあります。

運転免許証またはパスポート、または住民基本台帳カード(写真付に限る)、健康保険証のうちいずれか一つ
返済用普通預金口座の通帳および届出印鑑
契約限度額が100万円超の場合、所得証明書類が必要となります。

限度額100万円を超えるのなら、収入証明書の用意も合わせて必要になってきますので、忘れずに持っていきましょう。

本審査通過後、口座へお金が振り込まれる

本申し込み手続き後、その場で口座へお金を振り込んでもらうことも可能です。

後日、自宅あてにカードが郵送されて、受け取り次第すべての手続きが完了します。

在籍確認の電話連絡は有り?それもと無し?

きらぼし銀行へ直接、問い合わせたところ、在籍確認の電話連絡を避けられない印象を受けました。

オペレーターの人と話した内容は、下記の通りです。

管理人管理人

勤務先への電話連絡ってありますか。

金融会社金融会社

保証会社の判断で、必要だった場合に連絡がかかってくる場合があります。

管理人管理人

勤務先への電話連絡を避けた借り入れって出来ないですか。

金融会社金融会社

何とも言えませんが、電話連絡が無いとも言い切れません。

管理人管理人

分かりました。ありがとうございます。

かなり濁された言い方でしたが、単刀直入に言えば「電話連絡はある」ってことです。

銀行が電話連絡が無い場合もありますといったときは、ほぼ間違いなく電話はかかってきます。

電話連絡を避けた借り入れが可能なら、その詳しい方法を提案してくれるからです。

関東地方の銀行でいえば、七十七銀行と山梨中央銀行のカードローンなら電話連絡なしで借りられます。

七十七銀行と山梨中央銀行は、電話連絡に変わって、勤務先が確認できる書類の提出で在籍確認をおこなってもらえます。

電話連絡を避けたいのなら、七十七銀行山梨中央銀行のように電話連絡を免除してもらえるカードローンを検討されてはいかがでしょうか。

※七十七銀行は、神奈川県・埼玉県での利用ができません。山梨中央銀行のみ全国対応可能です。

きらぼし銀行の審査時間はどのくらい?

審査スピードを優先して借りるのなら、断然プラスユーネクストの利用をおすすめします。

「プラスユーネクスト」の場合は、申し込みから仮審査結果まで最短2営業日で、その後にすぐ来店すればその日のうちに手元にお金が入ります。

ただ、あくまで最短ですから、1週間から10日程度は融資までの日数がかかると考えておいたほうがいいでしょう。

「パーソナルカードローン」の場合は、申し込みから仮審査まで1週間程度かかり、その後すぐに来店しても後日カードが自宅に届くまで待たなくてはありません。

カードが届くまでに2〜3週間程度かかりますので、融資までに1ヶ月以上はかかる模様です。

いずれのカードローンも、即日融資には対応していませんのでご注意ください。

土日審査は不可

土・日・祝は、審査が一旦ストップして、翌営業日から再開されます。

土・日・祝を挟むと、たとえば3連休前に申し込みをした場合、審査結果が早くとも4日後の翌営業日にしか分かりません。

なるべく週初めの月・火・水曜日くらいに申し込みをしておくことをおすすめします。

郵送物なしは不可能!家族にバレるかもしれません

きらぼし銀行は、自宅郵送物なしの借り入れが難しいので、家族にバレる可能性があります。

プラスユーネクストの場合、契約後1週間から10日ほどで、自宅あてにローンカードが届きます。

利用中もまた、1月・7月の半年に1回、利息と返済額の詳細が記載された通知ハガキが送られてきます。

初回の郵送物は、なんとか家族バレを回避できたとしても、半年に1回の利用明細を開封されて見られたら1発アウトです。

利用明細は、所在確認も含めておこなわれるため、避けることができません。

ただ、いずれも外面に「きらぼし銀行」とのみ記載があるだけで、開封しない限りローン関連の書類だとわからないようになっています。

郵送物を避けた借り入れは難しいですが、プライバシーは守られています。

きらぼし銀行カードローンの返済方法について

毎月10日に、口座から自動的にお金が引き落とされるようになっています。

毎月の返済額は、契約限度額に応じて決定されます。

毎月の返済額

契約限度額 毎月の返済額
30万円の場合 10,000円
50万円の場合 10,000円
100万円の場合 20,000円
150万円の場合 30,000円
200万円の場合 30,000円
300万円の場合 40,000円

きらぼし銀行は、「30万・50万・100万・150万・200万・300万円」の6種類から限度額が決定されます。

たとえば審査によって限度額100万円と判断された場合は、毎月の返済金額が20,000円になります。

限度額が引き下がるにつれて、毎月の返済額も小さくなっていきますので、返済負担はだんだんと軽くなっていきます。

毎月の約定返済のほか、手持ちのキャッシュカードを使って提携ATMから随時返済も可能です。

きらぼし銀行カードローンの金利と限度額について

金利は、借入極度額に応じて、3.4%〜14.8%の幅から決定されます。

他行のカードローンと比べて、きらぼし銀行のプラスユーネクストは高くも低くもない印象です。

金融機関名 金利 最大限度額
りそな銀行カードローン 3.5%〜12.475% 10万〜800万円
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5% 10万〜800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5% 10万〜800万円
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%〜14.6% 10万円〜500万円
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%〜14.6% 10万円〜500万円
きらぼし銀行カードローン 3.4%〜14.8% 30万〜300万円
レイクALSA 4.5%〜18.0% 1万〜500万円
アイフル 3.0%〜18.0% 最大800万円

消費者金融とくらべて、きらぼし銀行カードローンは金利が安くなっています。

しかし僅差ではありますが、三井住友銀行楽天銀行三菱UFJ銀行の3社とくらべて、きらぼし銀行は金利が高いです。

0.1%程度の違いであれば、審査難易度もそこまで変わらないため、いずれか3社から選択しても良いかもしれません。

きらぼし銀行カードローン「プラスユーネクスト」の貸付条件

融資額 実質年率 利用対象
30万円〜300万円 3.4%〜14.8% 20歳以上64歳未満
遅延損害金 契約期間 返済方式
18.0% 3年毎の自動更新 元利定額リボルビング方式
担保・保証人 保証会社
不要 ㈱オリエントコーポレーション
きらぼし銀行の「プラスユーネクスト」は、口座を持っていても来店しなくてはなりません。

また、審査に厳しい印象があります。

特別にきらぼし銀行を利用する理由がないのなら、楽天銀行のように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。