レイクは自宅郵送物なし!カードを発行した場合は本人限定受取郵便で届く!

レイクは自宅郵送物なし!カードを発行した場合は?

※2018年3月19日現在の情報です。
2018年4月より、新生銀行カードローンレイクの新規受付が停止になります。当サイトでは「新生銀行レイク」についての記載がございますが、2018年4月からは、新規申込受付を停止しておりますのでご注意ください。

自宅に届く郵送物を避けたいと思う人も多いのではないでしょうか。

2017年2月、レイクはカードレス(カード発行なし)対応になり、自宅への郵送物なしで借り入れができるようになりました。

カードレスで契約した場合は、自宅への郵送物を回避できるほか、利用明細書も送られてきません。

カードを発行した場合でも、本人受取限定郵便で自宅に郵送されるため、プライバシーに配慮されて郵送物が届きます。

この記事では、「レイクの郵送物を回避する方法」から「カード発行時の郵送方法」までを紹介しています。

レイクの郵送物を回避する方法

レイクの写真

レイクは、契約申込後に表示される画面で、カードレスを選択すると、カード発行なしで契約することが可能です。

カードレスとは、カードの受領をせずにインターネット上で借入れから返済までおこなえるサービスのことをいいます。

カードローン契約を結ぶと後日ローン専用のキャッシュカードが自宅に送られ、到着後このカードを利用してお金を引き出していくのが一般的です。

しかしレイクなら、指定した口座に直接お金が振り込まれるため、カード発行をしなくてもキャッシングがおこなえます。

レイクのカードレス契約で、レイクカードが自宅に郵送されないほか、契約書類や利用明細書などもインターネット上で確認できるので、利用中も郵送物が自宅に送られてくることはありません。

レイクで自宅郵送物無しのキャッシング

レイクには、「インターネット」と「自動契約機」の2つの契約方法があり、いずれの方法でも郵送物なしのキャッシングが可能です。

個人情報の入力を終えると審査結果と合わせて次のような画面が表示されますので、この際に契約方法の選択がおこなえます。

カードレス選択の画面

インターネットで契約する場合

インターネットで契約する場合は、「カードレス」を選択することで郵送物なしの借り入れが可能となります。

インターネット契約は、レイク店舗への来店不要で融資が受けられるもので、一般的にはこの融資方法を振込融資といいます。
振込融資は、後日郵送でカードローン専用のカードが送られてくるケースが多いのですが、レイクはカードレス(カード発行なし)に対応してもらえるので、レイクの店舗に来店しなくても郵送物なしの借り入れがおこなえます。

レイクカードが無くても、借り入れするときは指定口座にお金を振り込んでもらえて、返済をするときは引き落としになりますので、不便さを感じることなくカードローンの利用がおこなえます。

レイクカード web申込時のカードレス選択でカード発行なし
契約書類 インターネット上での確認
利用明細書 インターネット上での確認

ちなみに契約書類や利用明細書はすべてインターネット上で確認できるので、これらの書類が自宅に送られてくることもありません。

自動契約機の場合

webに自動契約機へいくと、その場でカード発行から契約書類の受け取りまでがすべておこなえるため、自宅に郵送物が送られてくることは一切ありません。

レイクカード 自動契約機でそのまま受け取れる
契約書類 自動契約機でそのまま受け取れる
利用明細書 インターネット上で確認できる

実際に管理人も、webにレイクの自動契約機で手続きをおこないましたが、契約後だけでなく利用中にも自宅に郵送物が届くこともありませんでした。

カード発行をした場合は「本人限定受取郵便」で自宅に送られてくる

レイクカードを発行した場合は、契約後2〜3日ほどで本人限定受取郵便(特定事項伝達型)にて自宅に届きます。

本人限定受取郵便は、郵便物の封筒に記載された名あて人ぎ限り、郵便物を受け取ることができます。

郵便物は、自宅配送または郵便窓口受取のいずれかの方法を選択でき、受取時には運転免許証などの本人確認書類を提示する必要があります。

なお、同居の家族のほか、配偶者であっても本人以外は郵送物を受け取れませんので、カードローン関係の書類だと知られてしまう心配がありません。

配達希望日時・時間帯の指定も可能!

レイクまたは日本郵便局への問い合わせで、配達希望日時や時間帯を指定することも可能です。

次の中から、希望の日・時間帯を選択できます。

・午前(8:00頃~12:00頃)
・午後1(12:00頃~14:00頃)
・午後2(14:00頃~17:00頃)
・夕方(17:00頃~19:00頃)
・夜間(19:00頃~21:00頃)

レイクカードを発行するメリット

レイクカードを発行することで、次のようなメリットがあります。

なお、カードレスで契約をした場合でも、後日レイクの自動契約機を利用してレイクカードを発行することも可能です。

返済日を自由に指定できる

カードレス契約では、返済方法が自動引き落としになるため、毎月14日と27日のどちらかになりますが、レイクカードを発行すると返済日を自由に指定できます。

返済日を給料日直後に設定したい場合などは、レイクカードを発行しておくと良いでしょう。

提携ATMやレイクATMから随時返済がおこなえる

レイクカードの利用で、コンビニなどの提携ATMやレイクATMから随時返済がおこなえます。

毎月の返済額よりも多く返済したい場合に、レイクカードがあると大変便利です。

レイクから自宅に郵送物が届くケース

基本的にはレイクは郵送物なしでの借り入れが可能ですが、自宅に郵送物が届くケースがいくつかあります。

レイクの郵送物の画像

インターネット契約で「カードレス」を選択しなかった

自動契約機ではすべての郵送物をその場で受け取ることができますが、インターネット契約で郵送物なしの借り入れができるのは、カードレスを選択した場合に限られます。

カードレスを選択しなかった場合においては、後日、自宅にレイクカードが送られてきますので、契約方法を選択する際に注意してください。

数日間の返済遅れがあった

レイクは、カードローン利用中に返済の遅れがあると、その旨を知らせる催促ハガキが自宅に送られてくる可能性があります。

このハガキは、新生銀行とだけ書かれておりレイクという記載はないので、パっと見ただけではカードローン関係の書類だと分からないようになっていますが、中を開けられるとカードローンを利用していることが分かってしまいます。

しかし、レイクでは返済日の変更ができますので、返済が遅れてしまう前に返済日の変更手続きをおこなっておけば、自宅に届く催促ハガキを回避することができます。

つまり、レイク側に「返済が遅れる」という旨を事前に連絡しておけば、返済が遅れたとしても自宅に郵送物が届くことはないのです。

返済が遅れてしまいそうな場合は、「レイクの返済が遅れるとどうなる?【支払日の期限を変更する方法】」の記事を合わせてご覧ください。返済日の変更方法について紹介しています。

レイクからの連絡を無視し続けた

レイクは、契約を結んでいるのにカードローンの利用がされていなかったり、返済が遅れているのにも関わらず本人と連絡が取れなかったりした場合において、ごく稀に自宅にハガキなどの郵送物が送られてくることがあります。

レイクからの連絡を無視し続けてしまうと、契約者と連絡が取れないと思われてしまいかねません。

レイクから連絡があった場合は折り返し連絡をするようにしましょう。

レイクから自宅に連絡が入ることはあるの?

レイクから自宅に連絡のイメージ画像

レイクは、web申込の際に自宅の固定電話を記入する欄がありますが、レイクから自宅に連絡がくることは基本的にはありません。

レイクから自宅に連絡があるケースとして挙げられるのが、先ほど例示したレイクからの連絡を無視し続けたときに限られます。

しかし、レイクからの連絡を無視し続けたといっても、特別な理由がない限りレイクから自宅に連絡が入ることは滅多にありません。

レイクから自宅に連絡があるというのは、かなり考えにくいといえますが、自宅に固定電話があるかないかは、審査の際にそこまで大きく影響しないので、どうしても心配な場合は自宅の固定電話を記入しないほうがいいでしょう。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。

借入希望額
審査時間
職業




ページの先頭へ