レイクで年収の嘘をつくとどうなる?サバ読みするとバレるのか?

レイクで年収の嘘をつくとどうなる?

※2018年3月19日現在の情報です。
2018年4月より、新生銀行カードローンレイクの新規受付が停止になります。当サイトでは「新生銀行レイク」についての記載がございますが、2018年4月からは、新規申込受付を停止しておりますのでご注意ください。

新生銀行カードローン レイクは、利用者の返済能力を正確に把握し、それに応じた金額までの貸付が実行されます。

レイクの審査では、収入がどれくらいあるのか、どんな仕事をしているのかなどを知ることができる個人信用情報を開示したうえで妥当な貸付額が判断されるため、年収をサバ読みするとバレてしまい、結果お金が借りられなくなります。

こうした虚偽(嘘)の申告が発覚すると、最大6ヶ月間も「嘘をついた事実」が個人信用情報機関に記録として保管され、その後のローン審査に不利な影響を及ぼします。

レイクの審査で年収をサバ読みするとバレる?

レイクの審査で年収をサバ読みするとバレる?

レイクの審査で年収をサバ読みすると、後日のトラブルを招き、最悪の場合は一括返済を求められます。

レイクの審査に通りたいがためにカードローン審査で不正をおこない、それが発覚するとレイクの審査に落ちてしまうだけでなく、既に持っているカードローンやクレジットカードの利用が停止されてしまう恐れすらあります。

レイクでは収入を証明する書類の提出でサバ読みが回避されている

レイクは、収入を証明する書類の提出により年収のサバ読みが事前回避されています。

つまり、嘘の年収を申告したとしても、サバ読みした事実がバレてしまうのです。

故意に年収を多く申告したことで貸し倒れリスクの恐れがあると判断され、審査落ちしやすくなります。気をつけましょう。

レイクで審査通過しても年収のサバ読みがバレるケースがある

収入を証明する書類の提出が求められず、年収をサバ読みしたまま審査通過したとしても、後日バレてしまう可能性はあります。

レイクのようなカードローンは途上与信(定期審査)が採用されており、審査通過した後でも個人信用情報が照会され、申込情報の誤り等がないかどうかチェックされます。

この際に申込情報の虚偽(嘘)が発覚すると、契約事項に違反しているとみなされますので、カードローンが利用停止され、一括返済を求められる恐れがあります。

嘘の代償!レイクのカードローン審査で嘘をつくとこうなる!

レイクなどのカードローン審査では、利用者の信用力が試されます。

そこで、嘘をつくと信用を失ったことになり、お金が借りられなくなります。

ようするに、信頼関係のうえでお金が借りられるわけで、嘘をつくことでその関係性が成り立たなくなるのです。

嘘をついた事実は、金融機関同士が共有で観覧できる機関(個人信用情報機関)に登録され、別の金融業者がそれを閲覧することで不利に働くことがあります。

既に利用しているカードを停止される!?

金融機関は、利用者に不正がないか、他の金融機関で問題が起きていないかどうかを確認するために、定期的に審査をおこなっています。

そのときに、他行で不正をした事実が発覚すると、利用中のカードローンやクレジットカードが停止されることがあります。追加でお金が借りられなくなったり、いきなりクレジットカードが利用できなくなるといった状態に陥ります。

なぜ、金融機関がこのような行動を取るのかというと、信用を失ったことで「これ以上お金を貸せば返済してもらえなくなる可能性がある」と判断するからです。

レイクなどの金融機関は貸付をおこなって、そこから得られる利息を収益源としていますので、回収が見込めないと思われる顧客に対して利用制限を設ける場合があります。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。

借入希望額
審査時間
職業




ページの先頭へ