三重銀行カードローンの審査基準と落ちない対策

三重銀行は、三重県・愛知県を中心とした地方銀行です。

三重銀行の「みえぎんカードローン」は、同行の「マネーナビ50」とは違いパート・アルバイト・専業主婦・自営業者でも借り入れオーケーです。

勤続年数の指定がなく、収入が低くても審査通過が期待されるカードローンです。

この記事では、みえぎんカードローンの「審査基準」から「融資までの流れ」を解説しています。

三重銀行カードローンの基本スペック

三重銀行

金利 融資額 利用対象
年4.5%〜14.3% 10〜500万円 20〜65歳
審査時間 来店不要 融資までの期間
2営業日以内 × 最短1週間

※三重銀行カードローンは、三重県・愛知県・大阪府・東京都に居住または勤務している方に限られます。

三重銀行カードローンのメリット・デメリット

三重銀行の画像

メリット

  • パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者でも利用可能
  • 土日祝日でも営業しているから手続きがしやすい
  • 2営業日以内に審査結果が分かる
  • 銀行だから総量規制以上の借り入れができる

デメリット

  • 年1回「取引明細書」が自宅に郵送される
  • 来店での契約手続きが必要になる
  • ローンカード到着後の借り入れになるため、融資までに1週間ほどかかる
  • 口座を持っていても、振込融資に対応してもらえません
  • 全国からの申し込み不可!営業エリア内のみ利用可能

三重銀行カードローンの審査基準と落ちないための対策

三重銀行カードローンの審査基準と落ちない対策!

専業主婦は限度額30万円まで

三重銀行のカードローンは、パート・アルバイト・年金受給者・専業主婦・自営業社でも借り入れが可能となります。

ただ、専業主婦において配偶者に一定の収入があるほか、限度額30万円までというリミテーションが設定されます。

専業主婦の場合は、限度額の増額をしても30万円を超えた借り入れができないことを理解したうえで申し込みをしましょう。

来店での契約手続きが必須!

みえぎんカードローンは、仮審査の結果後に窓口に来店して本申し込みの手続きをする必要があります。

来店不要で契約をする方法はありませんので、来店できなければそのまま審査落ちとなります。

銀行は土日祝日に営業していないケースが多いのですが、三重銀行にはローンプラザという受付センターがあり、土日祝日でも営業しています。

平日は仕事で来店できないという人でも、土日祝日でも営業しているみえぎんカードローンなら手続きが完了できます。

過去にクレジットカードの滞納があると審査落しやすい

みえぎんカードローンの保証会社は、「(株)セディナ」になります。

信販会社のセディナが審査をおこなうわけですから、過去にクレジットカードの延滞情報があると確実に不利に働きます。

クレジットヒストリー(返済履歴)は、最大5年で削除されるといわれていますが、悪質顧客の場合はそのまま履歴が残されている可能性があります。

クレジットカードの滞納・延滞が原因で強制解約されたなどの過去がある場合は、ノンバンク系(消費者金融)が保証会社になるカードローンを利用したほうが良いかもしれません。

三重銀行カードローンの融資までの流れ

三重銀行カードローン融資までの流れ

申し込み

三重銀行の公式サイトから「事前審査」の申し込みをします。

事前審査の申し込み後より、保証会社(株式会社セディナ)による審査が開始されます。

在籍確認がおこなわれる

申し込み情報を確認するために保証会社から勤務先へ電話連絡があります。

在籍確認と個人情報の照合が完了すれば、仮審査の「可否」が判断されます。

仮審査の結果が電話である

仮審査の結果は「原則、2営業日以内」で分かり、登録先の番号に電話がかかってきます。

審査結果と合わせて、その後の手続きについての詳しい案内をしてもらえます。

店舗窓口に来店する

仮審査の結果後、案内された必要書類を持って近くの店舗窓口に来店します。

その場で正式申し込みの手続きを完了させ、自宅宛にローンカードが郵送されます。

カード到着後、利用できる

正式申し込み後から一週間ほどでローンカードが自宅に送付されます。手元にカードが届き次第、利用できるようになります。

なお、三重銀行カードローンは振込融資に対応していませんので、ローンカード到着前の借り入れは不可となります。

必要書類について

10〜50万円 本人確認資料、通帳と届け印
60〜500万円 本人確認資料、通帳と届け印、所得証明資料

※10万円単位の借り入れとなります。

本人確認資料

本人確認資料として運転免許証、健康保険証、個人番号カード、パスポート・住民基本台帳カードのいずれかを提出する必要があります。外国籍の場合は、合わせて在留カードの提出も必要になります。

通帳と届け印

三重銀行の普通預金(総合口座)の通帳と届け印も必要になります。

口座を持っていない場合は、本申し込みの際に口座を開設することが可能です。

所得証明資料

借入希望額50万円を超える場合は、所得証明資料の提出も必要になります。

郵送物が自宅に届いて家族にバレない?

三重銀行カードローンは、ローン専用カードのほか、利用明細書が年1回(10月)自宅に送られてきます。

封筒または通知ハガキで届き、「ローン関連」という記載が一切ないため、パッと見はカードローン関係の書類だと分かりません。

「三重銀行で口座開設をした」という旨を家族に伝えておけば、郵送物が自宅に届いても怪しまれることはないと思います。

三重銀行カードローンの返済方法

三重銀行内の画像

三重銀行カードローンは、毎月10日に返済用口座から自動引き落としがされます。(銀行休業日の場合は翌営業日。)

毎月の返済額は、返済日となる10日時点の借入残高に応じて決定されます。

毎月の返済額

借入残高 毎月の返済額
〜500,000円 10,000円
500,001〜1,000,000円 20,000円
1,000,000〜2,000,000円 30,000円
2,000,001〜3,000,000円 40,000円
3,000,001〜4,000,000円 50,000円
4,000,001〜5,000,000円 60,000円

毎月の約定返済のほかに、提携ATMより随時返済をすることも可能です。

返済が遅れたり、口座残高が返済額を下回っていたりすると、延滞者扱いになってしまうので注意してください。

なお、返済の遅れがあった場合は、年14.6%の遅延損害金が発生します。

金利について

三重銀行カードローンは、借入限度額に応じて金利が設定されます。

借入限度額 金利
100,000〜900,000円 年14.3%
1,000,000〜1,900,000円 年12.5%
2,000,000〜2,900,000円 年9.5%
3,000,000〜3,900,000円 年7.5%
4,000,000〜4,900,000円 年5.5%
5,000,000円 年4.5%

※10万円単位での借り入れとなります。

10万円という少額の借り入れであっても金利14.3%になるので、他行よりもやや低めの金利設定になります。

金利が安いため、おまとめローン・借り換えローンとして利用しやすく利息軽減が見込める可能性があります。

三重銀行カードローンの貸付条件

融資額 実質年率 利用対象
10〜500万円 年4.5%〜14.3% 満20〜65歳以下
遅延損害金 契約期間 返済方式
年14.6% 1年毎の自動更新 残高によるスライド方式
担保・保証人 保証会社
不要 (株)セディナ
三重銀行の「みえぎんカードローン」は、口座を持っていても来店して手続きをする必要があります。

また、三重銀行は審査に厳しい印象があります。特別に三重銀行を利用する理由がないのなら、三重銀行のように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。