西京銀行カードローンの審査ポイントや口コミを解説

西京銀行は、山口県周南市に本店を置く、地方銀行です。

西京銀行には、カードローンが「ファーストカードローン」「住パックカードローン」「チョットポケット」の3種類あります。

中でも、さいきょうファーストカードローンは、全国どこからでも申し込みが可能で、専業主婦でも配偶者に収入があれば審査オーケーです。

この記事では、西京銀行のファーストカードローンの「口コミ」から「審査ポイント」までを解説していきたいと思います。

さいきょうファーストカードローンの基本スペック

金利 融資額 利用対象
年9.8〜14.8% 10万円〜500万円 20歳〜70歳まで
web完結 審査時間 融資までの期間
× 1週間程度 2〜3週間程度

西京銀行カードローンの良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ・悪い口コミ

良い口コミ

  • パート・アルバイト・専業主婦でも申し込みが可能
  • 全国どこからでも申し込みが可能
  • 来店不要で契約手続きができる
  • 最低返済額が2,000円で、返済負担が少ない

悪い口コミ

  • 永住権を取得していない外国籍の方・学生は借り入れできません
  • 何度も自宅に郵送物が送られてくるから、家族にバレやすい
  • 融資が受けられるまでに2〜3週間程度かかる
  • 土日祝日は審査をしていません
  • 西京銀行の普通預金口座の開設が必要

審査ポイントについて

審査ポイントについて

パート・アルバイト・専業主婦でも借り入れが可能

パートやアルバイトなどでも安定した収入があれば、申し込みが可能です。

専業主婦(主夫)でも配偶者に収入があれば、審査が受けられます。

公式サイトにも次のように明記されています。

ご利用いただける方
申込時の年齢が満20歳以上満70歳以下の方
安定して継続した収入がある方
※専業主婦の方は配偶者に安定した収入があること。
※永住権を取得していない外国籍の方、学生の方はお申込みいただけません。

ただ、専業主婦の場合は、配偶者の年収確認資料の提出が必要になってきます。

配偶者の年収を知らない専業主婦の方は、審査に通るのが難しいかもしれません。

学生や永住権を持っていない外国籍の方は利用できません

アルバイトでも申し込みができますが、学生は収入があっても申し込みが不可となります。

また外国籍の方でも申し込みができますが、永住権の提出が必須になります。

永住権を持っていない場合は、借り入れができませんので、ご注意ください。

学生で借り入れしたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

学生ローン比較|大手業者・マイナー業者から選ぶおすすめ学生ローン

学生ローンってやばい?大丈夫なの?と思う人も多いのではないでしょうか。この記事では、学生ローンを比較して安心のおすすめの業者を紹介しています。学生ローンは未成年者でも審査に通るのでしょうか。学生ローンの金利や審査基準について合わせて参考にしてください。

1週間経っても審査結果がないときは審査落ち

西京銀行のカードローンは、審査結果が1週間程度で電話にて伝えられます。

ただし審査落ちした場合は、電話ではなく郵送ハガキにて分かるようになっています。

1週間以上経過しても審査結果が伝えられなかった場合は、恐らく審査落ちしている可能性が高いといえるでしょう。

保証会社の審査は厳しい?

西京銀行のファーストカードローンは、「ワイジャイカード株式会社」が保証会社になります。

ワイジャイカード株式会社は、Yahoo!JAPANの子会社です。

「Yahoo! JAPANカード」や「KC MONEY CARD」などの保証業務も担当しています。

西京銀行のカードローンで審査落ちすると、Yahoo!JAPAN系列のカードローンを紹介されるといった口コミが多く見受けられます。

つまり、西京銀行カードローンの審査はあまり簡単ではないということです。

保証会社が他のカードローンを斡旋しているくらいですから、保証会社自体の審査はそこまで厳しくはありません。

ただ、西京銀行のカードローンにおいて応諾率を厳しめに設定しているような印象を受けます。

審査の流れと在籍確認について

申し込み

web申込後、保証会社(ワイジャイカード株式会社)による審査が開始されます。

「簡易申込み」を選択した場合は、後から電話がかかってきて必要事項を詳しく聞かれます。

勤務先への電話連絡

申込み情報を確認するために、勤務先に在籍確認の電話連絡がかかってくることがあります。

在籍確認は、保証会社の担当者の個人名にておこなわれます。

職場に在籍確認の電話がかかってくるケースがほとんどで、拒否することはできません。

仮審査結果が電話および郵便にて伝えられる

審査結果は、通過した場合は「電話」にて、落ちた場合は「郵便」にて伝えられます。

1週間程度で審査結果が分かるようになっており、遅れている場合は審査落ちしている可能性が高いといえます。

本申込書が自宅あてに郵送される

仮審査応諾後に、自宅あてに本申込書が郵送されます。

受け取り次第、記入および捺印をして必要書類と合わせて返送していきます。

郵送にて必要書類を提出する

必要書類は、郵送にて提出していきます。

多くの銀行カードローンはオンラインで必要書類が提出できますが、西京銀行では不可です。

来店する必要はありませんが、郵送にて書類提出をしていくため融資が受けられるまでに時間がかかります。

審査通過後、自宅あてにローンカードが郵送される

申し込みから借り入れまで2〜3週間程度かかります。

銀行が必要書類を受け取った後に、自宅あてにローンカードが郵送されます。

なお、西京銀行の口座を持っていない場合は、別途でキャッシュカードが簡易書留にて送られてきます。

ローンカードが手元に入り次第、コンビニなどの提携ATMを利用してお金が引き出せるようになります。

必要な書類について

審査の際に、下記の3点の書類を提出していきます。

本人確認資料

本人確認資料として顔写真付きの運転免許証やパスポートなどを提出していきます。

年収確認資料

限度額50万円を超える場合は、年収確認資料として源泉徴収票や給料明細書などを提出していきます。

なお、専業主婦の場合は配偶者の年収確認資料の提出が必要になります。

健康保険証

健康保険証の提出が必須です。健康保険証を保有していない場合は、融資を受けるのが難しくなります。

申し込みから借り入れまでにかかる時間は?

申し込みから借り入れまで2〜3週間程度が目安になります。

西京銀行のカードローンは、郵送でのやり取りを2〜3回くらい。

webで簡単に必要書類の提出ができたり、振込融資で口座にお金を振り込んでもらえたり。

これらのオンラインや振込融資などのサービスが全て不可です。

待ちきれずに途中でキャンセルすると、申し込み記録が残ってしまい後日のローン審査が不利になることがあります。

時間がかかっても良いから西京銀行で融資を受けたい、という強い思い入れのある方にはおすすめです。

急ぎで借りたい場合は、他行のカードローンを利用したほうが早く融資が受けられます。

郵送物が届いて家族にバレない?

郵送物は、複数回に渡って自宅あてに届くようになっています。

はじめは審査関連の書類が本人限定受取郵便で届き、つぎに契約内容に関する書類が普通郵便にて郵送されます。

最後に、カードローン専用カードと通常のキャッシュカードが、別々に簡易書留で届きます。

利用明細に関しては、メールやオンラインで確認できるようになっていますので、契約後に郵送物が届く心配はありません。

これらの郵送物を拒否すると融資を断られてしまいます。

家族に内緒で借りたい場合は、思い切って他行のカードローンを検討されてはいかがでしょうか。

返済方法について

毎月10日に返済用口座から自動的に引き落としがされます。

毎月の返済額

返済日前日の借入残高 毎月の返済額
〜100,000円 2,000円
100,001円〜200,000円 5,000円
200,001円〜500,000円 10,000円
500,001円〜1,000,000円 20,000円
1,000,001円〜2,000,000円 30,000円
2,000,001円〜3,000,000円 40,000円
3,000,001円〜4,000,000円 50,000円
4,000,001円〜5,000,000円 60,000円

毎月の返済額は、約定返済前日の9日に決定されます。

9日時点の借入残高が10万円だった場合、翌日に2,000円が口座から引き落としされます。

毎月の返済額は低めに設定されていますので、返済負担は少ないほうです。

金利について

固定金利で年9.0%〜年14.8%の中から、審査によって決定されます。

審査を受けてみないと、金利が何%になるかどうか分かりません。

借入金額に応じて金利を比較することができないため、おまとめローンや借り換えローンとしての利用には不向きです。

西京銀行カードローンの貸付条件

融資額 実質年率 利用対象
10万円以上500万円以下 9.8〜14.8% 満20歳以上満70歳以下
遅延損害金 返済期間 返済方式
年18.0% 1年 残高スライド式リボルビング返済
担保・保証人 保証会社
不要 ワイジャイカード株式会社
西京銀行の「さいきょうファーストカードローン」は、口座を持っていても申し込みから融資までに2〜3週間程度かかります。

また、審査に厳しい印象があります。

特別に西京銀行カードローンを利用する理由がないのなら、楽天銀行のように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。