住信SBIネット銀行カードローンの画像

住信SBIネット銀行は、インターネット専門の銀行です。

ネットバンクなので、来店不要に契約できるメリットがあります。

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは、「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の2つに分かれています。

プレミアムコースは、最大金利7.99%の超低金利な借り入れが可能です。

では、住信SBIネット銀行カードローンは審査が厳しいのでしょうか。

ポイント女

この記事では、住信SBIネット銀行カードローンの「審査難易度」から「審査の流れと在籍確認」について解説しています。

住信SBIネット銀行カードローンの基本スペック

住信SBIネット銀行

融資額 利用対象 来店不要
10〜1,200万円 20歳以上65歳以下
審査時間 金利 融資までの時間
翌営業日 年0.99%〜7.99%(プレミアムコース)
年8.39%〜14.79%(スタンダードコース)
3〜4日程度
(口座なしの場合は1週間)

住信SBIネット銀行カードローンの審査難易度はどのくらい?

住信SBIネット銀行カードローンの審査難易度のイメージ画像

住信SBIネット銀行カードローンは、「みずほ銀行カードローンと同レベル程度」の審査難易度です。

初めてカードローンを利用するような正社員や公務員向けのカードローンになります。

パートやアルバイトで借りている人が少ない

住信SBIネット銀行の審査通過事例をみると、多くが公務員や会社員となっています。

パートやアルバイトで借り入れしている事例が、ほとんどありません。

とくにプレミアムコースは審査が厳しく、審査通過している人が滅多にいないのが現状です。

パートやアルバイトで年収200万円以下の人は、他のカードローンを検討されることをおすすめします。

年収・勤務先・勤続年数・居住状況などが審査に影響する

年齢・年収・勤務先・勤続年数・居住先などの申込情報と、個人信用情報機関の個人情報をもとにスコア化して融資の可否が決定されます。

恐らく勤続年数や年収は、審査に大きく影響してくるでしょう。

勤続年数が1年未満と短かったり、収入の安定していない人は審査通過するのが難しいかもしれません。

貸付額は年収の2分の1まで

公式サイトにも記載がありますが、住信SBIネット銀行カードローンは年収2,400万円で、最大限度額の1,200万円が借りられます。

つまり、貸付額は年収の2分の1までになります。

年収300万円なら限度額150万円、年収200万円なら限度額100万円が目安になるでしょう。

審査に落ちやすい人の特徴

  • 既に借入額が年収の2分の1を超えている
  • 他の銀行カードローンの審査に通らなかった
  • 工場勤務などで在籍確認の電話連絡が取りづらい
  • 過去にクレジットカードなどの支払いを延滞している

一般的な銀行カードローンと比べると、住信SBIネット銀行カードローンは審査に厳しい印象があります。

他の銀行カードローンの審査に落ちたような人は、まず審査に通らないと考えて良いでしょう。

住信SBIネット銀行カードローンの審査の流れについて

住信SBIネット銀行カードローンの画像

申し込み

住信SBIネット銀行カードローンは、インターネットからの申し込みが可能です。

web申込後、保証会社「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」もしくは「住信SBIネット銀カード株式会社」による審査が開始されます。

仮審査の結果がメールで届く

仮審査の結果は、最短翌日にメールで届きます。

以前まで、仮審査時間は「最短60分」でしたが、銀行カードローンが即日融資を廃止した影響で翌営業日の審査結果になりました。

現在では、最短翌日の審査回答になりますので注意してください。

必要書類の提出

必要書類をスマホで撮影して、専用ページにアップロードしていきます。

在籍確認の電話連絡

勤務先への在籍確認は、担当者の個人名にておこなわれます。

後述で詳しい説明がありますが、在籍確認の電話連絡を避けることはできません。

本審査の結果が伝えられる

在籍確認や書類などの本審査に通過したら、借り入れ手続きが完了します。

仮審査から本審査の結果まで、おおよそ3〜4日程度かかります。

利用限度額内の借り入れができる

口座あり

住信SBIネット銀行の普通預金口座を持っている場合は、直接口座にお金を振り込んでもらえます。

口座振込が可能なうえ、郵送物なしで借りられるメリットがあります。

口座なし

口座を持っていない場合は、後日自宅あてにキャッシュカードや契約書類等が送られてきます。

カードが手元に届くまで融資が受けられないため、申し込みから借り入れまで1週間程度かかります。

審査時間はどのくらい?他のローンと比べてみた

住信SBIネット銀行カードローンの審査時間

住信SBIネット銀行カードローンは、最短翌日で仮審査の結果がわかります。

スピード審査で有名な「SMBCコンシューマーファイナンス」が保証会社になるので、審査時間は早いほうです。

仮審査の結果は早くわかるものの、他ローンとくらべて融資までの時間は長くなります。

審査時間を他社ローンと比較

金融機関名 審査時間 融資までの時間
楽天銀行スーパーローン 最短翌日 最短翌日
三井住友銀行カードローン 最短翌日 最短翌日
住信SBIネット銀行カードローン 最短翌日 3〜4日程度
みずほ銀行カードローン 1週間程度 2〜3週間
りそな銀行カードローン 2〜3営業日程度 約1ヶ月前後

住信SBIネット銀行カードローンは、早くもなく遅くもない印象です。

急いで借りたいのなら、「楽天銀行」や「三井住友銀行」のように融資スピードの速いカードローンを検討されてはいかがでしょうか。

土日は審査している?

残念ながら、土日祝日は審査をしていません。

土日祝日を挟んだ場合、審査結果がわかるのが翌営業日以降になります。

WEB申込可能なので、24時間いつでも申込受付をしてもらえます。

在籍確認の電話連絡なしでも借りれるか聞いてみた!

在籍確認の電話連絡なしで借りられるか問い合わせたところ、「勤務先への電話連絡は絶対に必要」という回答でした。

「電話連絡を避けたい」という旨を伝えたのですが、電話連絡以外の在籍確認は対応していないとのこと。

たとえばアイフルのような消費者金融のカードローンは、在籍確認の電話連絡の代わりに会社名入りの社会保険証で会社に勤めているかどうか確認してもらえます。

残念ながら、住信SBIネット銀行カードローンでは電話連絡を避ける方法はありません。

勤務先への電話連絡はかかってくるものの、プライバシーは守られているため会社の人に借り入れがバレてしまう可能性は低いといえます。

在籍確認のやり取りの内容は?

在籍確認の方法として、次のように公式サイトに記載があります。

ご勤務先へご連絡させていただく際は、当社電話番号を通知設定のうえ、お客様のプライバシーに配慮し、担当者の個人名でお電話します。

電話連絡は、銀行名を伏せて担当者の個人名でかかってきます。

では、どのように勤務先に連絡がかかってくるのか、シミュレーションをしてみましょう。

会社の人会社の人

はい。株式会社○○の××です。

金融会社金融会社

私○○(担当者の個人名)と△△(契約者)さんはいますか。

会社の人会社の人

△△は、あいにく席を外しております。私でよければ、ご用件をお伺いしますが。

金融会社金融会社

では、また改めてご連絡させていたきます。失礼いたします。

このように本人不在の場合でも、在籍している確認が取れれば本審査に通過します。

要件を聞かれても、決してカードローン関連の連絡だと伝えられることはありません。

プライバシーに配慮されて電話連絡がかかってくるため、会社の人にバレてしまう可能性は少ないでしょう。

郵送物なしで借りられる?家族にバレない?

住信SBIネット銀行カードローンは、基本的に郵送物不要で借りられます。

しかし普通預金口座を持っていない場合は、後日自宅あてにキャッシュカードや契約書類などが郵送されます。

ネット銀行なので、郵送物を直接店舗で受け取ることもできません。

口座を持っていないと郵送物が送られてきますが、「住信SBIネット銀行」という記載がされた封筒に入れられて送られてくるため、開封しない限りローン関連の書類だと分からないようになっています。

郵送物に関してもプライバシーが守られているので、家族にバレてしまう可能性も少ないでしょう。

住信SBIネット銀行カードローンの返済方法

毎月5日に、返済用口座から自動的に引き落としがされます。

毎月の返済額について

毎月の返済額は、前月末の借入残高に応じて決定されます。

前月末の借入残高 返済額
2,000円 借入残高の全額
2,001〜100,000円 2,000円
100,001〜200,000円 4,000円
200,001〜400,000円 6,000円
400,001〜600,000円 8,000円
600,001〜800,000円 11,000円
800,001〜1,000,000円 15,000円
1,000,001〜1,500,000円 20,000円
1,500,001〜3,000,000円 25,000円
3,000,001〜4,000,000円 30,000円
4,000,001〜5,000,000円 40,000円
5,000,001〜6,000,000円 50,000円
6,000,001〜7,000,000円 60,000円
7,000,001〜8,000,000円 70,000円
8,000,001〜9,000,000円 75,000円
9,000,001〜 80,000円

たとえば前月末時点(31日)の借入残高が50万円だったら、毎月の返済額は8,000円になります。

毎月の約定返済のほか、提携AMTやインターネットバンキングを使った追加返済も可能です。

提携ATM手数料無料だから追加返済しやすい

提携先ATMの借入や返済手数料が、何度でも0円です。

提携先のコンビニATM(イオン銀行・セブン銀行・ローソン銀行・イーネット)をどれだけ利用しても無料なので、追加返済しやすいメリットがあります。

利便性も良いポイントですが、なんといっても住信SBIネット銀行カードローンの魅力は低金利さにあります。

金利優遇が魅力な住信SBIネット銀行カードローン

金利は、利用限度額やコースに応じて決定されます。

利用限度額 スタンダードコース プレミアムコース
10万円〜100万円 年14.79% 年7.99%
100万円超〜200万円 年11.99% 年6.39%〜6.99%
200万円超〜300万円 年8.99% 年5.29%〜5.99%
300万円超〜500万円 年4.99%
500万円超〜700万円 年3.99%
700万円超〜900万円 年2.99%
900万円超〜1,000万円 年2.49%
1,000万円超〜1,100万円 年2.39%
1,100万円超 年1.59%

金利優遇サービスが最大の魅力

住信SBIネット銀行カードローンは、最大年0.6%の金利優遇が受けられる可能性があります。

  • ミライノカード(JCB)保有者「年0.1%引下げ」
  • SBI証券口座保有者または同行住宅ローン残高がある「年0.5%引下げ」

普段から住信SBIネット銀行の利用があると、さらに低金利に借りられます。

プレミアムコースが適用される可能性は極わずか

多くの人がプレミアムコースを期待して、住信SBIネット銀行カードローンへ申し込みをするのですが、対象となる人は極わずかです。

なぜなら、プレミアムコースは住信自体が保証会社になるからです。

スタンダードコース SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プレミアムコース 住信SBIネット銀カード株式会社

保証会社は、貸し倒れがあったときにその損失分を補う役割があります。

住信SBIネット銀行で貸し倒れがあった場合、スタンダードなら委託先のSMBCコンシューマーファイナンスが借金の肩代わりをします。

しかしプレミアムコース利用者が貸し倒れをした場合、住信側がその損失を被ることになります。

住信SBI銀行からすると、よほど信用力が高くない限り、プレミアムコースを適用させたくない考えです。

はじめから淡い期待をせずにスタンダードコースの金利を参考にして、プレミアムコースが適用されたら運が良かった程度に思うのがいいでしょう。

住信SBIネット銀行カードローンの貸付条件
融資額 実質年率 利用対象
10〜1,200万円 年0.99%〜7.99%(プレミアムコース)
年8.39%〜14.79%(スタンダードコース)
20歳以上65歳以下
遅延損害金 返済方式 担保・保証人
年20.0% 残高スライドリボルビング返済方式 不要
保証会社 借入期間
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
住信SBIネット銀カード株式会社
1年毎の自動更新
住信SBIネット銀行カードローンは、口座を持っていないと融資までに1週間程度かかります。

また、審査に厳しい印象があります。

特別に住信SBIネット銀行を利用する理由がないのなら、楽天銀行カードローンのように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。