東京スター銀行の画像

東京スター銀行といえば、おまとめローン専用のローンプランが有名です。

しかし東京スター銀行のおまとめローン以外にも、一般的なカードローンの用意もあります。

おまとめ専用プランと同様に、東京スター銀行カードローンも年収3分の1以上の借り入れが可能です。

では、パートやアルバイトでも借り入れできるほど審査が甘いのでしょうか。

こちら女

この記事では、東京スター銀行カードローンの「審査難易度」から「融資までの流れ」を解説しています。

東京スター銀行スターカードローンの基本スペック

  • 最大1,000万円までの融資可能
  • パート・アルバイト・年金受給者・学生でも借りれる
  • 月8回まで提携ATM利用手数料が無料
金利 融資額 利用対象
1.8%〜14.6% 10万円から1,000万円 20歳〜65歳未満
審査時間 来店不要 融資までの時間
3〜4営業日 3〜4週間

東京スター銀行カードローンの審査は甘いの?厳しいの?

東京スター銀行の画像

東京スター銀行カードローンは、パートやアルバイトでも借り入れが可能です。

でも、専業主婦への貸付をしていない点を踏まえると、審査に厳しい印象があります。

東京スター銀行には、おまとめローン(スターワン乗り換えローン)とスターカードローン(カードローンタイプ)の2つの無担保ローンがあります。

2つのローンの審査難易度を比較した結果が、次のとおりです。

東京スター銀行の無担保ローン
カードローン おまとめローン
年収規制 無し 年収200万円以上が必要
正社員
派遣社員
パート ×
アルバイト ×
年金受給者 ×
学生 ×
専業主婦 × ×

東京スター銀行のおまとめ専用ローンとくらべて、カードローンは審査難易度が低くなっています。

しかしパートやアルバイトでも借り入れできるものの、自己収入のない専業主婦への融資をしていません。

また年金受給者でも借り入れできるとはいえ、満64歳までの先駆けシニア世代しか借り入れできないところを見ると矛盾点を感じます。

専業主婦は借り入れできません

東京スター銀行カードローンは、専業主婦での申込みが不可能です。

公式サイトにも、次のような記載があります。

お申し込みされるご本人さまに定期的な収入がない場合(専業主婦の方など)はお申し込みいただけません。

たとえ配偶者に収入1,000万円があっても、専業主婦だと借り入れができません。

働いているパート主婦であれば、扶養範囲内の収入でも申込みが可能になります。

専業主婦の場合は、「イオン銀行」や「セブン銀行」のように専業主婦への融資に積極的なカードローンを検討されるといいでしょう。

年金受給者でもOKだけど年齢規制は厳しめ!

東京スター銀行カードローンは、引退後の年金受給者でも借り入れが可能です。

しかし年齢制限が厳しく、64歳までしか借り入れできません。

今は、定年退職の年齢が60歳から65歳に引き上げられていますから、物理的に定年ギリギリまで働いた年金受給者は融資が受けられなくなります。

仮に64歳1ヶ月で借り入れしたとしても、65歳になる前に全額返済する必要があります。

年金受給者での借り入れは、あまり期待できないといえます。

65歳を超えている年金受給者は、他社のカードローンを検討されるといいでしょう。

年金受給者で借りる場合は、下記の記事を合わせてご覧ください。

引退後でもOK!65歳〜80歳以上の超高齢者でも借りれるローンまとめ

65歳〜85歳以上でも借りられるローンは数多くあります。仕事を引退しても利用できる無担保のカードローンから、年齢制限に関係なく借りれるリバースモーゲージまで。シニア向けの様々なローン商品を紹介しています。

東京スター銀行カードローンの審査に落ちやすい人の特徴

東京スター銀行カードローンの審査に落ちやすい人の特徴をまとめてみました。

  • 自己収入のない専業主婦
  • 65歳以上の高齢者
  • 在籍確認の電話連絡が取れない人
  • 勤続年数が短く、年収30万円以下の人
  • ローン延滞者および滞納者
  • 他社借り入れが3〜4社と多い

後述で詳しい説明がありますが、東京スター銀行カードローンは審査のときに必ず在籍確認の電話連絡がおこなわれます。

在籍確認の電話連絡が取れないと、信用力がどんなに高い人でも審査に落ちてしまいます。

これから審査を申込む場合は、在籍確認が取れるように電話が繋がりやすい部署の番号を記載したり、日時を指定するなど。

確実に電話連絡がおこなえるような工夫をしておくといいでしょう。

では、在籍確認の電話連絡はどのタイミングでおこなわれるのでしょうか。

申込みをする前に審査の流れを確認しておきましょう。

東京スター銀行カードローンの申込み〜審査〜借り入れまでの流れ

web申込み

web申込後より、保証会社の新生フィナンシャルによる審査が開始されます。

仮審査の結果(3〜4営業日)

web申込みから仮審査の結果が分かるまでに3〜4営業日程度かかります。

審査が混み合っていたり、信用力が低いと仮審査結果までに1週間かかる場合もあります。

東京スター銀行の審査スピードは、かなり遅いです。

在籍確認の電話連絡

仮審査通過後、いよいよ在籍確認の電話連絡がおこなわれます。

在籍確認は、銀行名を名乗らずに担当者の個人名にて勤務先へ連絡があります。

必要書類の提出

必要書類は、スマホで撮影して専用ページにアップロードしていきます。

スマホ完結なので、わざわざ店舗に来店したり郵送したりする必要はありません。

本審査の結果(3〜4週間)

仮審査後から本審査の結果が分かるまでに3〜4週間近くかかります。

口座を持っていない場合は、契約と合わせて口座開設の手続きも必要になってきます。

自宅あてにローンカードが郵送される

本審査通過後、自宅あてにローンカードが郵送されます。

ローンカード到着後より、限度額内の借り入れが自由におこなえるようになります。

口座を持っている場合でも、カード到着前の振込融資は不可能です。

審査期間は丸1ヶ月以上!口座を持っていても融資までに時間がかかる

申込みから融資まで丸1ヶ月以上かかる

東京スター銀行カードローンは、口座を持っていても申込みから融資までに丸1ヶ月以上はかかります。

他のカードローンと比べると、融資までのスピードがかなり遅いほうです。

金融機関名 融資までの時間 土日祝
アイフル 最短60分
楽天銀行スーパーローン 最短翌日 ×
三菱UFJ銀行カードローン 最短翌日 ×
みずほ銀行カードローン 1週間程度 ×
東京スター銀行カードローン 1ヶ月程度 ×

東京スター銀行とくらべて金利は高くなるものの、アイフルのような消費者金融系のカードローンであれば最短60分の借り入れが可能です。

実際に管理人も借り入れしましたが、アイフルは本当に申込みから60分程度でお金を手に入れられました。

次いで融資までのスピードが早かったのが、楽天銀行や三菱UFJ銀行のカードローンになります。

東京スター銀行カードローンは、2003年に銀行による証書貸付(おまとめローン)の先駆けとなった存在です。

東京スター銀行はおまとめローンを中心的に扱っているため、カードローンのように融資スピードが求められる分野を不得意としています。

東京スター銀行を利用する場合は、審査に時間がかかることを理解したうえで申込みをしましょう。

在籍確認の電話連絡は100%ある!回避する方法は?

在籍確認の電話連絡は100%ある!

東京スター銀行カードローンは、ほぼ100パーセントの確率で在籍確認の電話連絡がかかってきます。

電話連絡を前提とした申込みになりますので、拒否したり書類による在籍確認に変更してもらうことも不可能です。

東京スター銀行は、審査のうえで在籍確認が大変重要なポイントになります。

在籍確認の電話連絡が取れないと、審査落ちするほどです。

在籍確認を回避することはできませんが、担当者の個人名にて連絡がおこなわれるためプライバシーは守られています。

どうしても在籍確認の電話連絡を避けたい場合は、下記の記事を合わせてご覧ください。

職場確認を避けたい方必見!在籍確認なしで借りれる安心のカードローン

在籍確認なしで借りられるカードローンは意外と多くあります。銀行カードローンや大手消費者金融(アコム・プロミス・モビット・アイフル・レイクALSA)は電話連絡なしでも審査に通るのでしょうか。カードローンの利用が職場にバレたくない人必見です。

郵送物の拒否は不可!東京スター銀行は家族にバレずに借りれる?

契約手続き完了後、自宅あてにローンカード案内ハガキが書留郵便にて送られてきます。

所在確認もふまえて郵送物が送られてくるため、拒否することはできません。

郵送物は送られてきますが、ハガキおよび封筒に「ローン関連」という記載はなく、銀行名のみが記載されています。

開封しない限り、ローン関係の書類だと分からないようになっているためプライバシーがきちんと守られています。

郵送物は、本人限定受取郵便で届くため契約者以外が手にする可能性は少ないです。

東京スター銀行カードローンは、郵送物の拒否はできないものの、家族に借り入れがバレてしまう心配は少ないでしょう。

聞いてみた!総量規制以上の借り入れは可能?

東京スター銀行カードローンは、年収3分の1以上の借り入れが可能です。

問い合わせたところ、「総量規制対象外なので、貸付額の制限は特にありません」という返答がありました。

オペレーターの人も、保証会社の判断によりますがという濁す感じではなく、はっきりとした前向きな回答でした。

現在、多くの銀行カードローンは自主規制の影響により、貸付額を年収の2分の1から年収の3分の1までに引き下げています。

しかし東京スター銀行は「おまとめローン」を得意としているため、金額の多い貸付に積極的な印象があります。

カードローンの場合でも、金額の大きい借り入れが期待できるかもしれません。

東京スター銀行カードローンの金利は高い?

東京スター銀行カードローンの金利は、高くもなく低くもない印象です。

他行のカードローンと比べても、最高金利にほとんど差がありません。

金融機関名 最高金利
みずほ銀行カードローン 14.0%
楽天銀行スーパーローン 14.5%
三井住友銀行カードローン 14.5%
東京スター銀行カードローン 14.6%
三菱UFJ銀行カードローン 14.6%

東京スター銀行カードローンは、三大メガバンク(三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行)と同じような金利設定になっていますので、安心できるのではないでしょうか。

仮に最高金利で10万円を借りても、利息はそこまでかかりません。

利息はいくら?

借入金額 支払う利息
1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目
3万円 365円 308円 251円
5万円 608円 554円 500円
10万円 1,216円 1,170円 1,124円
20万円 2,433円 2,402円 2,370円
50万円 6,083円 6,035円 5,987円

10万円以下の小額キャッシングであれば、1回あたりに支払う利息は数百円程度で済みます。

残高スライドリボルビング方式なので、支払うごとに利息の負担が減って、元金に充当される金額が増えていきます。

また返済金額に利息が含まれているうえ、毎月の返済金額も小さく設定されています。

東京スター銀行カードローンの返済方法について

毎月4日に、次のように借入残高に応じて返済専用口座から自動的に引き落としがされます。

毎月の返済額

借入残高 毎月の返済額
〜300,000円 5,000円
300,001〜500,000円 10,000円
500,001〜700,000円 15,000円
700,001〜900,000円 20,000円
900,001〜1,500,000円 25,000円
1,500,001〜2,000,000円 30,000円
2,000,001〜2,500,000円 35,000円
2,500,001〜3,000,000円 40,000円
3,000,001〜4,000,000円 55,000円
4,000,001〜5,000,000円 65,000円
5,000,001〜6,000,000円 75,000円
6,000,001〜7,000,000円 85,000円
7,000,001〜8,000,000円 95,000円
8,000,001〜9,000,000円 105,000円
9,000,001〜10,000,000円 115,000円

たとえば借入残高が30万円だったら、毎月の返済額は5,000円になります。

30万円借りても毎月5,000円の返済で良いため、毎月の返済負担は少ないです。

提携ATMもしくはインターネットバンキングを利用すれば、追加返済も可能になります。

ATM手数料が月8回まで無料だから返済しやすい

東京スター銀行カードローンは、月8回まで提携ATM手数料が無料です。

ATM利用手数料0円なので、借り入れや返済の毎に手数料を支払う必要がありません。

既にカードローンを利用したことがある人なら分かると思いますが、コンビニなど提携ATMを利用する機会は意外と多いと思います。

返済するのに手数料を支払うのに抵抗を感じると思いますので、東京スター銀行のようにATM利用手数料が無料だと長い目でみて使いやすいです。

東京スター銀行スターカードローンの貸付条件

融資額 実質年率 利用対象
10万円〜1,000万円 1.8%〜14.6% 満20歳〜65歳未満
遅延損害金 返済方式 担保・保証人
借入利率と同じ 残高スライドリボルビング方式 不要
保証会社 借入期間
新生フィナンシャル株式会社 1年毎の自動更新
東京スター銀行カードローンは、口座を持っていても融資までに1ヶ月近くかかります。

また、審査に厳しい印象があります。

特別に東京スター銀行を利用する理由がないのなら、楽天銀行のように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。