鳥取銀行カードローンの審査ポイントを解説

鳥取銀行(通称 とりぎん)は、鳥取県を中心とした地方銀行になります。

鳥取銀行の「らくだスーパーカードローン」は、同行の「らくだスーパーフリーローン」とは違い利用限度額内の借り入れが何度でも可能です。

鳥取銀行カードローンは、パート・アルバイト・専業主婦でも借り入れできるほか、最短翌日で審査結果が分かります。

この記事では、鳥取銀行カードローンの「審査基準」から「お金を借りるまでの流れ」を解説しています。

鳥取銀行「らくだスーパーカードローン」の基本スペック

鳥取銀行

金利 融資額 利用対象
年4.0〜14.5% 10〜500万円 20〜72歳まで
審査時間 web完結 融資までの期間
最短翌日 最短1週間弱

※鳥取銀行カードローンは、営業エリア内(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・大阪府・東京都)に居住または勤務している方に限定されます。営業エリア外では利用できません。

鳥取銀行カードローンのメリット・デメリット

鳥取銀行カードローンのメリット・デメリット

メリット

  • 口座を持っていればカード到着前の振込融資が可能
  • 来店不要で契約手続きが完了する
  • パート・アルバイト・専業主婦・年金収入者でも借り入れできる
  • 最短翌日で審査結果が分かる

デメリット

  • 口座を持っていない場合は、振込融資に対応してもらえません
  • 「口座なし」は融資までに2週間前後かかる
  • 営業エリア外では利用できない
  • 即日融資は受けられません
  • 口座を持っていない場合は、口座開設の手続きが必要になる

鳥取銀行カードローンの審査ポイント

鳥取銀行カードローンの審査ポイント

パート・アルバイト・専業主婦・年金収入者でも借り入れできる

鳥取銀行カードローンは、パート・アルバイト・専業主婦・年金受給者でも借り入れができます。

鳥取銀行の申込み条件は、下記のようになっています。

・申込時の年齢が満20歳以上72歳以下の方。
・保証会社の保証が得られる方。

公式サイトには詳しい記載はありませんが、直接問い合わせてみたところパートやアルバイト、専業主婦でも申込みが可能とのことでした。

専業主婦は、配偶者に安定した収入があることが前提条件とされ、自身と合わせて配偶者の信用力も審査に影響します。

配偶者に金融事故歴があると審査落ちする場合がありますので、理解したうえで申込をしましょう。

おまとめローンOK

鳥取銀行カードローンは「使い道自由(事業性融資を除く)」ですから、おまとめローン・借り換えローンとして利用することも可能です。

他行よりもやや低金利な設定になっているため、審査に通過すれば今よりも金利が安くなるかもしれません。

既に利用しているカードローンよりも金利が下がる可能性があるのなら、鳥取銀行を検討してみてはいかがでしょうか。

契約後6ヶ月以上で増額も可能!

鳥取銀行カードローンは、契約後6ヶ月以上経過すれば限度額の増額が受けられます。

初回の審査では、50万円までの借り入れとなった場合でも、増額審査によって以前よりも金額の多い貸付けが期待されます。

鳥取銀行カードローンは、信用力よりも返済実績が優先される傾向にあるようです。

必要書類について

10〜50万円 本人確認資料
60〜500万円 本人確認資料、年収証明書類

※10万円単位の借入。

本人確認資料

本人確認資料として運転免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カードのいずれかを提出します。

年収証明書類

借入限度額60万円以上になる場合は、本人確認資料と合わせて年収証明書類(源泉徴収票、確定申告書など)を提出する必要があります。

鳥取銀行カードローンのお金を借りるまでの流れ

鳥取銀行の申込みのイメージ画像

ネット申込み

鳥取銀行のカードローンは、24時間のインターネット申込みが可能です。

勤務先への在籍確認

申込受付後から保証会社「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」による審査が開始されます。

申込情報を確認するために、担当者の個人名で勤務先へ電話連絡がおこなわれる場合があります。

仮審査結果が電話で伝えられる

仮審査結果は、最短翌日に電話にて伝えられます。

審査通過したら公式サイトから「正式契約書」をダウンロードし、必要事項を記入していきます。

なお、パソコンやプリンターの用意がない場合は、郵送またはFAXで書類を送付してもらうことも可能です。

必要書類を郵送で提出する

正式契約書と合わせて必要書類の写しを郵送にて提出していきます。

本審査通過後、利用限度額内の借り入れができる

本審査通過後、専用カードが自宅に郵送されて手元に届いてからお金を借りられます。

口座を持っている場合は、「正式契約書」の振込希望額を記入するとカード到着前の振込融資に対応してもらえます。

即日融資は受けられる?

鳥取銀行カードローンは、仮審査結果が分かるのが最短翌日となりますので、即日融資が受けられません。

また書類のやり取りに5営業日前後の時間を取られてしまいます。

「口座あり」ならカード到着前の振込融資に対応してもらえるため1週間弱で借りれますが、「口座なし」の場合は振込融資が受けられませんので、お金が手元に入るまでに2週間前後かかってしまいます。

自宅に郵送物は届く?

鳥取銀行カードローンは、契約完了後にローンカードが簡易書留書類にて自宅に郵送されます。

郵送物外面には「カードローン」という記載はありませんので、開封しない限りは内容が分からないように配慮されています。

利用明細書等が送られてくることもないため、家族にバレずに利用できます。

鳥取銀行カードローンの返済方法

鳥取銀行カードローンの返済方法

鳥取銀行カードローンは、毎月10日に返済用口座から次の金額を自動引き落としされます。銀行休業日の場合は翌営業日になります。

毎月の返済額

前月返済日の借入残高 毎月の返済額
〜100,000円 2,000円
100,001〜200,000円 5,000円
200,001〜500,000円 10,000円
500,001〜1,000,000円 20,000円
1,000,001〜2,000,000円 30,000円
2,000,001〜3,000,000円 40,000円
3,000,001〜4,000,000円 50,000円
4,000,001〜 60,000円

毎月の返済のほか、提携ATMまたは窓口から随時に任意金額を返済することも可能です。

少額返済2,000円からは得?損?

鳥取銀行カードローンは、10万円の借り入れで月々2,000円の返済で済みます。

少額返済ができる点はメリットといえますが、月々2,000円では完済までに78ヶ月かかるうえ、利息54,259円を支払うというデメリットが生じます。

つまり借入残高の半額以上の金額を利息として支払うことになるのです。

月々10,000円ならたった11ヶ月で完済できるほか、利息7,227円になり10分の1の負担で済みます。余裕のあるときは多めに返済することが大切です。

少額返済という甘い罠に引っかからないようにカードローンの仕組みをよく理解したうえで利用しましょう。

金利と限度額について

鳥取銀行カードローンは、保証会社の審査によって「年4.0%、年6.0%、年8.0%、年11.0%、年14.5%」のいずれかの金利が決定されます。

恐らく利用限度額100万円以下は最高金利が適応され、100万円を超えたら金利が引き下がる可能性があります。

最高金利が適応されたとしても、クレジットカードのリボ払いよりも安い金利で借り入れができます。

鳥取銀行「らくだスーパーカードローン」の貸付条件

融資額 実質年率 利用対象
10〜500万円 年4.0%〜14.5% 満20〜72歳以下
遅延損害金 契約期間 返済方式
年14.6% 1年毎の自動更新 残高スライド方式
担保・保証人 保証会社
不要 SMBCコンシューマーファイナンス(株)
鳥取銀行の「らくだスーパーカードローン」は、口座を持っていても借り入れまでに1週間弱かかります。

なお、鳥取銀行は審査に厳しい印象があります。

特別に鳥取銀行を利用する理由がないのなら、楽天銀行のように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。