東和銀行カードローン|審査難易度と審査の流れ

東和銀行は、群馬県前橋市に本店を置く、地方銀行になります。

東和銀行のカードローン「とんとん」は、口座不要・来店不要で手続きがおこなえるうえ、他行への振込融資サービスもあります。

パート・アルバイト・主婦・自営業でも借り入れできる、誰でも利用しやすいカードローンです。

この記事では、東和銀行カードローン とんとんの「審査難易度」から「審査の流れ」について紹介しています。

東和銀行カードローン「とんとん」の基本スペック

東和銀行

金利 融資額 利用対象
年3.9%〜14.6% 10〜500万円 20〜65歳まで
即日振込融資 審査時間 web完結
× 最短当日

※東和銀行カードローンは、営業エリア内(群馬県・埼玉県・東京都・栃木県・千葉県・神奈川県)に居住または勤務している方に限定されます。その他の地域は、利用対象外となります。

東和銀行カードローン「とんとん」のメリット・デメリット

東和銀行カードローン「とんとん」のメリット・デメリット

メリット

  • 口座を持っていなくても、振込融資サービスが受けられる(50万円まで)
  • 早ければ申し込み当日に仮審査の結果が得られる
  • 土日祝日でも審査をおこなっているから、週末でも利用しやすい
  • パート・アルバイト・主婦・自営業者でもキャッシングOK
  • 口座不要・来店不要で借り入れがおこなえる

デメリット

  • 書類提出が郵送でのやり取りになるので、融資までに1週間程かかる
  • ATMでの返済になるので、返済日や返済額を自己管理しなくてはいけない
  • 全国対応ではなく、営業エリア内の地域しか利用できない

総評!「借入手続きは手間がかからない。返済はやや面倒。」

東和銀行カードローンは、口座開設不要・来店不要で契約手続きが完了するうえに、他行への振込融資サービスも受けられますので、最小限のやり取りで借り入れがおこなえます。

借り入れ手続きには手間がかからないのですが、返済方法が自動引き落としではなく、ATMでの返済になるので、毎月決められた期日までに自分で返済にいかなくてはなりません。

当然ながら借りたお金は返済していく必要があるので、その内容も把握したうえで申し込みをおこなうといいでしょう。

東和銀行カードローン「とんとん」の審査難易度

東和銀行カードローン「とんとん」の審査難易度

パート・アルバイト・専業主婦・自営業者でもOK

東和銀行カードローンは、パート・アルバイト・専業主婦・自営業者でも審査が受けられます。

10万円からの小額借入に対応してもらえるので、年収が少なくても審査に通過する可能性は十分にあります。

なお、専業主婦の場合は、本人と合わせて配偶者の信用情報も審査のときに影響します。配偶者に知らされることはないので、審査に通った落ちたという連絡は契約者本人にしかいきません。

仮審査の結果は早ければ申し込み当日に分かる

東和銀行カードローンは、早ければ申し込み当日に仮審査の結果が分かります。

審査をおこなう保証会社が「SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス」になるので、消費者金融に近いスピードで審査結果が得られます。

なお、土日祝日でも審査をおこなっていますので、週明けまで審査回答が得られないという心配がありません。

既に年収の3分の1を超えている人は審査落ちしやすい

他業者の借入合計が、既に年収の3分の1を超えている人は、東和銀行の審査に落ちやすい傾向にあります。

東和銀行のカードローンは総量規制から除外されますが、過剰融資問題によって東和銀行を含む全銀行は貸出額を年収の3分の1以下に引き下げています。

他社からの借入額が大きいと、そのぶん審査難易度がぐっと高くなることを理解しておくといいでしょう。

東和銀行カードローンの審査から借り入れまでの流れ

東和銀行カードローン|審査から借り入れまでの流れ

インターネット申込み

東和銀行のカードローン「とんとん」は、クイック申込と通常申込の2つのインターネットによる申込方法があります。

入力項目が少ないか多いかの違いになりますので、クイック申込みのほうが審査結果が早く得られるというわけではなく、いずれも審査時間に差異はありません。

仮審査の結果が電話である

仮審査の結果は、審査が混み合っていなければ申込当日に得られます。

保証会社からあなた(契約者)に電話で知らされますので、すぐに電話に出られるように音量を大きくしておくといいでしょう。審査手続きが早く進むほど、スピーディにお金が借りられます。

在籍確認がおこなわれる

申込内容を確認するため、保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)から契約者の勤め先に個人名で在籍確認がおこなわれる場合があります。

勤務先への在籍確認をするかどうかは保証会社が判断するため、契約者が選択することはできませんが、時間の指定等をおこなうことは可能です。

契約書類が自宅に郵送される

仮審査通過後、契約書類が自宅宛に送られてきます。

この契約書類に署名捺印して、本人確認書や収入証明書のコピーと合わせて返送します。

東和銀行カードローンは、この郵送のやり取りに時間がかかると融資までの時間が長くなることになります。

必要書類等は、郵送が届く前に用意しておき、すぐに返送できるよう準備を整えておくと良いです。

契約完了後、キャッシングがおこなえる

契約完了後にローンカードが自宅に簡易書留にて郵送され、それが手元に到着次第お金が借りられるようになります。

急ぎで融資を受けたい場合は、ローンカード到着前に50万円までの振込融資に対応してもらうことも可能です。

申し込みから借り入れまで約1週間かかる

東和銀行のカードローン「とんとん」は、書類提出を郵送でおこなっていくため、どうしてもやり取りに時間をとられ、申し込みから借り入れまでに約1週間程かかってしまいます。

この手続きに時間がかかると借り入れまでの期間が長くなるため、スムーズに手続きがおこなえるようにポストをマメにチェックしたり、必要書類を用意しておいたりすると良いと思います。

審査のときに提出する書類一覧

利用限度額によって提出する書類が異なります。

10〜50万円 本人確認書類
60〜500万円 本人確認書類、収入証明書類

※東和銀行カードローンは、10万円単位の借り入れになります。

本人確認書類

本人確認書類として、健康保険被保険者証、運転免許証、パスポート、外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書、顔写真付住民基本台帳カードなどの有効期限を経過していないものをいずれか1点を提出していきます。

収入証明書類

借入希望額が50万円を超える場合は、収入証明書類として源泉徴収票、給与明細書、税額通知書、納税証明書、所得証明書、確定申告書、収支内訳書のいずれか1点の書類を提出していきます。

東和銀行カードローン「とんとん」の返済方法

東和銀行カードローン「とんとん」の返済方法

東和銀行カードローン「とんとん」は、毎月末日までにセブン銀行ATMまたは東和銀行ATMを利用して返済をします。

返済日は「毎月末日」

東和銀行カードローンは、毎月末日(30日or31日)までに返済をおこなっていきます。

休日の場合も含まれますので、返済日が土日祝日であっても確実その日までに返済をする必要があります。

返済が遅れてしまうと遅延損害金(年14.6%)が発生したり、個人信用情報期間に延滞記録を登録されたりするので、くれぐれも注意してください。

最低返済額

毎月の返済額は、利用限度額に応じて異なります。

借入残高 毎月の返済額
〜10,000円まで 借入残高+利息
10,001〜500,000円 10,000円
500,001〜1,000,000円 15,000円
1,000,001〜1,500,000円 20,000円
1,500,001〜2,000,000円 25,000円
2,000,001〜3,000,000円 30,000円
3,000,001〜4,000,000円 35,000円
4,000,001〜5,000,000円 40,000円

たとえば、借入残高が50万円なら1.5万円、10万円なら1万円が毎月の返済額になります。

このように借入残高が減少するにつれて、毎月の返済額も小さくなります。

毎月の約定返済のほか、余裕がある月は希望額を随時返済していくことも可能です。

東和銀行カードローンの金利

東和銀行カードローンは、借入限度額に応じて金利が異なります。

借入限度額 金利
100,000〜1,000,000円 年14.6%
1,100,000〜2,000,000円 年13.0%
2,100,000〜3,000,000円 年11.0%
3,100,000〜4,000,000円 年6.8%
4,100,000〜5,000,000円 年3.9%

※東和銀行カードローンは、10万円単位の借入。

たとえば、借入限度額10万円なら年14.6%、110万円なら年13.0%の金利になります。

100万円を借りると年間の利息が約14万円になる計算で、消費者金融よりも利息負担が安くなります。

東和銀行カードローン「とんとん」の貸付条件
融資額 実質年率 利用対象
10〜500万円 年3.9%〜14.6% 満20〜65歳まで
遅延損害金 返済期間 返済方式
年14.6% 1年毎の自動更新 残高スライドリボルビング方式
担保・保証人 保証会社
不要 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
東和銀行のカードローン「とんとん」は、口座を持っていても借り入れまでに1週間以上かかります。

なお、東和銀行は審査に厳しい印象があります。

特別に東和銀行を利用する理由がないのなら、楽天銀行のように融資に積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。