横浜銀行カードローンの審査に通りやすい職業・属性。審査落ちする理由とは?

横浜銀行カードローンのイメージ画像

横浜銀行は、神奈川県横浜市に拠点をおく日本最大の地方銀行です。

横浜銀行カードローンは、パートアルバイトはもちろん、専業主婦でも借り入れができます。

口座を持っていなくても来店不要に借り入れができるため、大手銀行と変わらないスペックの高さがあります。

では、横浜銀行カードローンの審査に通る人は、どんな職業や属性なのでしょうか。

ポイント女

この記事では、横浜銀行カードローンの「審査基準」から「融資までの流れ」を紹介しています。

横浜銀行カードローンの基本スペック

横浜銀行の画像

  • 申込後2〜3営業日以内に審査結果がわかる
  • 専業主婦や年金受給者でも申込みが可能
  • 口座を持っていなくても来店不要
金利 融資額 利用対象
年1.5%~14.6% 10万円〜1,000万円 20歳〜69歳以下
審査時間 来店不要 融資までの時間
2〜3営業日以内 1週間程度
※横浜銀行を利用する場合は、居住または勤め先が神奈川県内全域、東京都内全域、群馬県内(前橋市・高崎市・桐生市)の人に限ります。利用地域外では申込みできませんので、注意してください。

横浜銀行カードローンの審査に通りやすい職業・属性まとめ

横浜銀行カードローンのイメージ画像

職業・属性 申込みの可否 審査難易度
公務員 ○可能
正社員 ○可能 ★★
派遣社員・契約社員 ○可能 ★★★
自営業 ○可能 ★★★★
アルバイト・パート ○可能 ★★★★
年金受給者 ○可能 ★★★★
専業主婦 ○可能 ★★★★
働き始めたばかりの人 ○可能 ★★★★★
学生 ×不可

横浜銀行カードローンは、専業主婦や年金受給者といった借り入れが難しい属性への融資に対応しています。

公式サイトにも、次のように明記されています。

1.契約時満20歳以上69歳以下の方
2.安定した収入のある方、およびその配偶者
(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
3.保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方

ただし、学生での借り入れは不可となっており、残念ながらアルバイトなどで収入があっても借りられません。

学生の借り入れは不可

横浜銀行カードローンは、唯一学生への貸し付けをおこなっていません。

学生の場合は、アルバイトをしており20歳を超えていても審査落ちてしまいます。

横浜銀行のように、学生への貸付を廃止している銀行カードローンは多くあります。

学生でお金を借りたい場合は、消費者金融のように学生への融資に前向きなカードローンを選択するといいでしょう。

消費者金融は、銀行カードローンと比べて金利は高くなるものの、審査に通りやすくなっています。

学生でお金を借りるのなら、下記の記事を合わせてご覧ください。

学生ローン比較|大手業者・マイナー業者から選ぶおすすめ学生ローン

学生ローンってやばい?大丈夫なの?と思う人も多いのではないでしょうか。この記事では、学生ローンを比較して安心のおすすめの業者を紹介しています。学生ローンは未成年者でも審査に通るのでしょうか。学生ローンの金利や審査基準について合わせて参考にしてください。

他社のカードローンを利用していても審査に通る

横浜銀行カードローンは、他社のカードローンを利用していても申し込みが可能です。

公式サイトにも、次のように明記されています。

Q.他社も利用中ですが横浜銀行カードローンの申し込みはできますか?

A.お申し込みできます。

公式サイトに記載があるくらいですから、他社借り入れがあっても融資に前向きな印象があります。

ただ、返済できないほどの金額を借り入れしている場合は、審査に落ちてしまう可能性があります。

既に総量規制以上(年収の3分の1以上)の借り入れがあると、審査に通るのが難しいかもしれません。

横浜銀行カードローンの審査に落ちやすい人の特徴

横浜銀行カードローンのイメージ画像

  • 直近1ヶ月内に別のカードローンへ申込みをしている
  • 複数(2〜3社以上)のカードローンによる借金がある
  • 総量規制を超過した借り入れがある
  • 過去にローンやクレジットカードの返済が滞っている
  • ブラックで借りられない
  • 無収入者・無職者

過去にローンの返済が滞っていたり、総量規制を超えた借金があると審査に通りづらくなります。

横浜銀行カードローンは、属性や職業よりも、過去のローン返済実績や借入額を重視する傾向にあるからです。

審査落ちが考えられる場合は、時間を無駄にするだけなので申し込みを避けたほうがいいでしょう。

上記の項目にひとつでも当てはまる人は、消費者金融のように審査難易度が低いカードローンでも借り入れが難しいといえます。

横浜銀行カードローンの融資までの流れ

横浜銀行カードローンのイメージ画像

web申込み

web申込後より、横浜銀行に代わって保証会社SMBCコンシューマーファイナンスによる審査が開始されます。

仮審査の結果がメールで届く

申し込みから、2〜3営業日以内にSMS(ショートメール)にて審査結果が届きます。

WEB完結の場合は、メールで審査結果が届きますが、それ以外の方法で申し込みをした場合は電話にて審査結果が伝えられます。

在籍確認の電話連絡

仮審査の前後で、在籍確認のために勤務先へ電話連絡があります。

専業主婦や年金受給者の場合は、勤め先がないため自宅の固定電話に連絡があります。

後述で詳しい説明がありますが、事前に伝えておけば電話連絡に代わって、給与明細書の提出で在籍確認をすることも可能です。

給与明細書を提出できれば、カードローン会社から勤務先へ電話連絡がかかってくることはありません。

必要書類の提出

必要書類についての案内も、ショートメールで届きます。

メールに記載されているURLをタップして、案内に従ってスマホで撮影した必要書類をアップロードするだけです。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(限度額50万円を超える場合)

基本的には、運転免許証もしくは健康保険証などの本人確認書類だけで良いです。

限度額50万円を超える場合は、本人確認書類と合わせて収入証明書類も必要になります。

本審査通過後、利用限度額内の借り入れが可能に

本審査通過後、自宅あてにローンカードが郵送され、手元に届いてから利用限度額内の借り入れが可能になります。

口座を持っている場合は、カード到着前に口座へお金を振り込んでもらえます。

口座を持っていると1週間程度でお金を借りられますが、口座を持っていない場合は融資までに2週間程度かかります。

ポイント

口座を持っていない場合は、仮審査通過後に店舗窓口で口座開設をすると早く借りられます。

審査時間は最短翌日:遅くても3営業日以内に結果がわかる

申し込みから仮審査の結果まで、早ければ翌営業日にわかります。

遅くとも2〜3日以内に審査結果がわかるため、審査スピードは早いほうです。

仮審査通過後に、書類確認等の本契約の手続きがおこなわれるため、融資までに1週間程度かかります。

口座を持っていない場合は、ローンカード到着後より借り入れができますので、融資までに2週間程度かかります。

土日祝は審査していません

土日祝日は、申し込みはできるものの、銀行業務が休みになるため審査をしていません。

たとえば金曜日に申し込みをしたら、翌週の水曜日くらいに審査結果がわかります。

お盆やGWなどの大型連休を挟むと、融資までに時間がかかりますので注意してください。

在籍確認の電話連絡なしも可能:給与明細書の提出でOK

問い合わせたところ、横浜銀行カードローンは在籍確認の電話連絡なしでも借り入れが可能とのことでした。

電話連絡に代わって、直近の給与明細書を提出するだけで在籍確認オーケーです。

ただし、電話連絡なしに対応してもらえるのは、希望があった場合のみになります。

電話連絡なしを希望する場合は、事前に「勤務先への電話連絡を避けたい」という旨を伝える必要があります。

在籍確認は、仮審査の前後でおこなわれますので、webすぐにオペレーターへ連絡をして、電話連絡なしの希望を伝えるといいでしょう。

ok女

横浜銀行のように電話連絡なしの借り入れに対応してもらえるカードローンは、滅多にありません。

利用明細が年2回届く!郵送物なしで借りるのは難しい?

利用明細書が年2回(4月・10月)届くを説明する画像

初回契約のときに、自宅あてにキャッシング専用カード契約書類の2通が簡易書留にて郵送されます。

契約後も、利用明細書のハガキが年2回(毎年4月・10月)に送られてきます。

所在確認も踏まえて郵送物が送られてくるため、支店窓口での受け取りも不可です。

郵送物は届きますが、表面には横浜銀行と記載されているだけで、開封しない限りローン関連の書類だと分からないようにプライバシーが守られています。

家族が勝手に郵送物を開けない限り、カードローンの利用がバレることはありません。

しかし絶対に借り入れがバレたくない人には、不向きなカードローンです。

郵送物なしで借りたい場合は、下記の記事を合わせてご覧ください。

自宅郵送物なしのカードローンでキャッシングを利用する方法

郵送物の有無が選べるカードローンなら、家族や親にバレずに借りられます。多くの金融機関が自宅郵送物なしに対応していますが、当サイトでは郵送物不要なうえに、来店不要のカードローンのみを厳選!カード発行不要・利用明細書不要で利用する手順も合わせて解説しています。

横浜銀行カードローンの金利一覧

横浜銀行の金利は、他行のカードローンと比べて高くもなく、低くもない印象です。

銀行カードローンは平均利率が15.0%程度になりますから、ごく平均的な金利といえます。

金利は、次のように利用限度額に応じて決定されます。

借入限度額 実質年率
100万円以下 14.6%
101〜200万円以下 11.8%
201〜300万円以下 8.8%
301〜400万円以下 6.8%
401〜500万円以下 4.8%
501〜600万円以下 4.5%
601〜700万円以下 4.0%
701〜800万円以下 3.5%
801〜900万円以下 3.0%
901〜1,000万円未満 2.5%
1,0000万円以下 1.5%

100万円以下の借り入れには、最高金利が適応されます。

借入額が大きくなるにつれて金利が下がっていき、最高限度額1,000万円を借りると最低金利の年1.5%になります。

では、10万円を借りた場合、利息はどのくらいになるのでしょうか。

10万円借りたら利息はいくら?

10万円 1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目
1,216円 1,207円 1,197円 1,187円 1,177円

10万円を借りても、1ヶ月あたりに支払う利息は1,000円前後になります。

残高スライド方式で返済をするため、だんだんと利息を支払う割合が減っていき、元金に充当される金額が増えていきます。

利息が高いのは、初めのうちだけです。

返済日は毎月10日:返済方法は自動引き落とし

横浜銀行カードローンのイメージ画像

返済日は、毎月10日で横浜銀行の普通預金口座から自動的に引き落としがされます。

口座を持っていない場合は、カードローンの契約と同時に口座開設の手続きも合わせておこないます。

毎月の返済額

毎月の返済額は、次のように前月の借入残高に応じて決定されます。

借入残高 毎月の返済額
〜2,000円 借入残高の全額
2,001〜100,000円 2,000円
100,001〜200,000円 4,000円
200,001〜300,000円 6,000円
300,001〜400,000円 8,000円
400,001〜500,000円 10,000円
500,001〜1,000,000円 15,000円
1,000,001〜1,500,000円 20,000円
1,500,001〜2,000,000円 25,000円
2,000,001〜2,500,000円 30,000円
2,500,001〜3,000,000円 35,000円
3,000,001〜3,500,000円 40,000円
3,500,001〜4,000,000円 50,000円
4,000,001〜5,000,000円 55,000円
5,000,001〜6,000,000円 60,000円
6,000,001〜7,000,000円 65,000円
7,000,001〜8,000,000円 70,000円
8,000,001〜9,000,000円 75,000円
9,000,001〜1,000,000円 85,000円

たとえば借入残高が50万円だった場合、毎月の返済額は10,000円になります。

10万円以下の借り入れであれば、最低返済額の2,000円が適応されるため負担が大変少ないです。

専業主婦で10万円を借りても、毎月2,000円なら返済できるのではないでしょうか。

毎月の約定返済のほか、提携ATMを使った随時(追加)返済も可能です。

ATMの利用手数料0円だから返済・借り入れしやすい

横浜銀行カードローンは、提携ATMの利用手数料が0円です。

平日はもちろん、土日や祝日でも利用手数料0円なので、返済や借り入れがしやすくなっています。

一般的なカードローンは、カードを使ってコンビニなどのATMからお金を引き出すときに100円ないし200円の手数料がかかります。

横浜銀行なら、365日いつでも手数料が無料なので、大変使い勝手の良いカードローンです。

横浜銀行カードローンの貸付条件

融資額 実質年率 利用対象
10万円〜1,000万円 年1.5%~14.6% 20歳〜69歳以下
遅延損害金 返済方式 担保・保証人
年率18.0% 残高スライド方式 不要
保証会社 借入期間
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 1年毎の自動更新

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。

借入希望額
審査時間
職業




ページの先頭へ