引越し費用払えないのイメージ画像

離婚や上京、独立、ご近所の騒音トラブルなど。

引越しをする理由は様々ですが、引越しの費用は共通してかかります。

引越しの初期費用の目安は、次のとおりです。

引越し初期費用の相場

敷金 家賃1ヶ月分が目安
礼金 家賃1ヶ月分が目安
仲介手数料 家賃0.5〜1ヶ月分+消費税が目安
火災保険 シングルで1.5万円
カップル・ファミリーで2万円
前家賃 家賃1ヶ月分が目安
賃貸保証料 家賃+共益費0.5ヶ月分が目安
管理費 3,500円〜7,000円が目安
鍵交換費用 18,000円程度
引越し費用 8〜30万円程度
単身で家賃6.5万円、管理費2,000円の場合、引越しの初期費用として約42.8万円程度かかります。

最近では、敷金・礼金が無料の物件も増えていますが、その他の費用を踏まえても引越しには大きな金額が必要になります。

引越しをするなら、少なくとも40万円〜50万円の手持ち資金を用意しておくといいでしょう。

その他にも家具や家電、食器などを買い揃えると、さらに必要費用がぐっと上がります。

こちら女

この記事では、「お金がないけどすぐに引っ越したい!」、そんなときの金策方法を紹介しています。

足りない引越し費用をすぐに用意する3つの方法

カードローンとクレジットカードと公的融資

どうしても引越し費用が足りない場合は、お金を借りるのもひとつです。

引越し費用は、まとまったお金が必要になるため、友人や親からも借りづらいと思います。

民間金融や公的機関からお金を借りることができますので、借り入れを検討されてはいかがでしょうか。

今すぐ引越し費用を用意したいのなら、即日融資が可能な「カードローン」を強くおすすめします。

1.カードローンを利用してお金を借りる

カードローンの画像

今すぐ借りられる唯一の方法が、カードローンです。

今週中には引越し費用を用意したい!」という緊急性のある人に向いています。

最短審査のメリット

カードローンは、早ければ当日中、遅くとも翌日には審査結果が分かるため融資までのスピードが大変早いです。

審査スピードが早いうえ、web申込後にスマホで必要書類を撮影して提出するだけなので、オンラインで手続きが完了します。

驚くほど簡単に契約できるため、引越しでバタバタと忙しい人にも利用しやすくなっています。

とくにアイフルのような消費者金融カードローンなら、申込みから借り入れまで最短60分です。

今すぐ引越し費用を借りたいなら「アイフル」

アイフルの画像

申込みから借り入れまで最短60分の優れたカードローン「アイフル」。

もちろんパートやアルバイトなどの収入が少ない人でも、利用可能です。

原則50万円まで、収入証明書不要の借り入れができます。

金利を抑えて借りたいなら「楽天銀行スーパーローン」

楽天銀行スーパーローンは、最短翌日の融資が可能です。

ネット銀行ならではの年1.9%〜14.5%で、消費者金融より金利を抑えた借り入れができます。

一定の安定した収入があれば、パートやアルバイトでも申込みOK!

カードローンは無職者非対称

カードローンは、現在の安定した収入がなくては利用できません。

失業したばかりの人、離婚後に扶養から外れて専業主婦から無職になった人は、残念ながら借り入れできないネックがあります。

カードローンの利用が難しい場合は、手持ちのクレジットカードの分割払いを使う、もしくは公的融資のいずれかを実施してみてください。

次のように手持ちのクレカや公的融資を使えば、無職者でもお金を借りることが可能です。

2.手持ちのクレジットカードで分割に支払う

クレジットカード分割払いのイメージ画像

クレジットカードの分割払いを利用して、引越しの初期費用を賄うのもひとつです。

手持ちのクレジットカードを使えば、手続きなしに手っ取り早く支払いが済ませられるメリットがあります。

しかしクレジットカードの分割払いは、意外と手数料率が高いことを理解しておかなければなりません。

クレジットカードの分割払いは高い!?

カードローンの利息とクレカ分割払い

カードローンとクレジットカードの金利を比べてみました。

銀行カードローン(楽天銀行) 年14.5%
消費者金融(アイフル) 年18.0%(最大30日間無利息)
クレジットカードの分割払い(JCB) 年18.0%

JCBのショッピング分割払いを利用すると、たとえば30万円分の手数料率は年18.0%になります。

アイフルも、JCBのショッピングリボと同じ利率になります。

しかしアイフルには、無利息サービスという一定期間の利息が無料になるサービスがありますので、同利率でもアイフルのほうが得が大きいです。

クレジットカードの分割払いは意外と高金利になりますから、カードローンを利用したほうが得策でしょう。

3.公的融資「住宅入居費」でお金を借りる

生活福祉資金貸付制度のイメージ画像

生活福祉資金貸付制度の「住宅入居費」という国や自治体からお金が借りられる制度を利用すれば、引越し費用を賄えます。

住宅入居費は、連帯保証人を立てれば「無利子」、連帯保証人無しでも「年1.5%」。

敷金や礼金、引越し代金としての利用が可能です。

カードローンは、すぐに借りられるメリットがありますが、一定の安定した収入がなくては利用できないため働いている人しか利用できません。

しかし公的融資の「住宅入居費」なら、現在働いていなくても将来的に返済できる見込みがあれば利用可能です。

ただ、市役所や各自治体の管轄下にある社会福祉協議会が窓口になって手続きをすすめていくため、融資実行までに大変時間がかかります。

公的融資は融資までに2〜3ヶ月以上かかる

生活福祉資金貸付制度「住宅入居費」は、審査に時間がかかるため、融資実行までに2〜3ヶ月以上の時間がかかります。

返済計画表や必要な書類も多く揃えないといけないため、かなり手続きが面倒です。

引越しの住所変更や荷造りだけでも大変なのに、さらに公的融資の審査手続きも必要になると、忙しすぎて頭がパンクしてしまう恐れがあります。

公的融資は、引越しまでに時間がある人のみ利用するようにしましょう。

公的融資は審査が厳しい!?

働いていなくても借りられるとはいえ、社会福祉協議会の審査は厳しいともっぱらの噂です。

過去のローン返済履歴や現在の借入状況が徹底的に調べ上げられて、何らかの問題があった場合はまず審査に通りません。

とくに既にローン借り入れがあると、一発アウトになります。

生活福祉資金貸付制度の審査について詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてください。

生活福祉資金貸付制度の審査基準と申し込み方法をわかりやすく解説

生活福祉資金貸付制度の審査基準と申し込み方法をわかりやすく解説しています。生活福祉資金貸付制度の審査時間はどのくらいかかるのでしょうか。また審査に落ちる人の特徴を知っておくことで、融資が受けられるかどうか判断できます。

引越し費用をもっと安くする節約術

引越し費用節約のイメージ画像

お金を借りたら、引越し費用が用意できるかもしれません。

しかしお金を借りると、利息がかかって引越し後の負担が大きくなります。

豊かな新生活を送るために、引越し費用をなるべく抑えて借入金額を小さくする心がけも大切です。

家具・家電付きの物件を選ぶ

最近では、家具家電付きの賃貸物件が多くあります。

東京都の「家具家電付きの賃貸物件」と検索すると、15,471件もヒットするほどです。

主に、ベットやテレビ、布団、ダイニングテーブル、カーテン、エアコン、洗濯機、ガスコンロ(IHクッキングヒーター)など。

これらを全て買い揃えた場合、30〜50万円程度の費用がかかってきます。

そのお金がまるっと浮くわけですから、家具家電付きの物件は大変魅力的です。

家具や家電付きであっても、そこまで家賃は高くなりません。

地元から上京して新たに家具家電を揃える予定なら、まずは家具家電付きの物件から目を通してみてはいかがでしょうか。

フリーレント物件で家賃1〜3ヶ月分を節約する

フリーレント物件って、そもそも何と思う人も多いのではないでしょうか。

フリーレントは、一定期間の家賃が無料になる契約のことをいいます。

物件によって異なりますが、中には3ヶ月程度の家賃が無料になることもあるほどです。

引越しをすると何かと出費が続きますから、数ヶ月間の家賃が無料になるのは嬉しいサービスだと思います。

フリーレント物件と検索してもヒットしますし、物件概要の条件をみるとフリーレント○ヶ月という記載があります。

条件 単身者可/二人入居可/子供可/ルームシェア相談/フリーレント1ヶ月(申込から1ヶ月以内の入居に限る)

上記の場合は、フリーレントで1ヶ月の家賃が無料になります。

フリーレント物件だからといって、特別に家賃が高くなることはなく、サービスの一環として賃貸条件に含まれています。

これから部屋を探す場合は、フリーレント物件かどうかにも着目して部屋探しを始めてみてはいかがでしょうか。

特定優良賃貸住宅の物件で家賃補助を受ける

特定優良賃貸住宅とは、良質な住宅を軽い負担で借りられる中堅所得者向けの公的賃貸物件をいいます。

一定の基準を満たす賃貸住宅に対して、国や各自治体から入居者に家賃補助がおこなわれます。

国が家賃の一部を補助してくれるうえ、間取りも3LDKや4LDKといった広い物件が多いため、ファミリー層や高齢者層に大変人気です。

敷金・礼金・仲介手数料が不要なので、入居に伴う初期費用が安く抑えられるメリットもあります。

ただ、居住にあたって所得制限などの様々な条件が設けられています。

特定優良賃貸住宅の申し込み資格を、一部抜粋したものが下記になります。

・所得月額が153,000円以上601,000円以下までの範囲内であること。入居者全員の総所得金額を対象。※婚約者の方を除き、申込日現在で収入のある方を退職予定での無職無収入とした申込みはできません。

特定優良賃貸住宅は、申込審査がやや厳しい印象があります。

揃える必要書類も多くなっていますから、早め早めの行動をおすすめします。

UR賃貸住宅で住まいを探す

最近よくCMで見かける「UR賃貸住宅」。

UR賃貸住宅は、独立行政法人の「都市再生機構(UR都市機構)」が管理している公的な賃貸住宅をいいます。

UR賃貸住宅は、礼金・仲介手数料・更新料・保証人不要なので、引越しの初期費用がぐっと抑えられます。

その他にもUR物件ならではのサービスがあり、近居割・U35割・そのママ割・子育て割・LOVE得など。

対象者は、家賃値引きが受けられるサービスも実施されています。

ひとつひとつの部屋がゆったりと作られているため、1LDKの物件でも広々とした印象があります。

初期コストが抑えられる点は魅力的ですが、特別に家賃が安いといった感じではありません。

とはいえ一般的な賃貸住宅と比べると、UR賃貸住宅は入居費用が大幅に抑えられているため利用のしやすさは良いといえるでしょう。

不用品を売却・処分して荷物を減らす

引越し費用は、距離が遠くなるほど、また荷物の量が多くなるほど、料金が高くなりやすいです。

使わないであろう不用品は、売却したり処分したりして荷物を減らしておくだけでも、引越し費用が大幅に安くなります。

不用品を売却するのイメージ画像

不要な電化製品や家具を、買取業者やメルカリなどで売却すると手持ちの自己資金も増えます。

使い古した製品でも、意外と高値で買い取ってもらえることもありますので、まずは不要なものの整理から始めるといいでしょう。

繁忙期によっても引越し費用は大幅に変わってきますので、時期や曜日などのタイミングに気をつけることも大切です。

繁忙期や土日の引越しを避ける

引越し費用は、繁忙期や土日になると高くなるって知っていますか。

とくに3月〜4月は、進学や転職、転勤などで利用者が多くなる繁忙期になります。

オフシーズンと比べて、繁忙期は引越し費用が1.2〜1.5倍以上になることも。

人数 オフシーズン 繁忙期(2月〜4月)
単身(荷物小) 62,397円 67,724円
単身(荷物大) 97,134円 113,884円
2人家族 154,911円 203,479円
3人家族 191,227円 269,788円
4人家族 233,579円 301,873円

※上記は、遠距離地方(500km以上)を対象とした引越し費用の目安です。

引越し費用をなるべく抑えたいのなら、繁忙期の時期を避けることを推奨します。

繁忙期ほどではありませんが、土日も引越し費用が割り増しになるケースが多いです。

引越し業者に依頼するなら、なるべくオフシーズンで平日の利用がいいでしょう。

まとめ「足りない引越し費用はカードローンで補う」

引越し費用を安く抑えても、足りない場合はカードローンを利用して一時的に引越し費用を賄うことをおすすめします。

カードローンは、一時的な利用であればそこまで利息は高くなりません。

たとえばアイフルで20万円を借りて、6ヶ月後に返済した場合、月々35,105円×6ヶ月=10,627円。

無利息分3,000円を差し引いても、支払う利息は7,672円です。

引越し先でバリバリ働いて、早々に完済すれば何とか返済できる範囲だと思います。

どうしても手持ち資金が足りない場合は、アイフルのように最短60分で借りられるカードローンを検討されてはいかがでしょうか。

2019年最新のカードローン【オススメNO.1】
アイフルなら「かりかえMAX」で他社借り入れあってもキャッシングできる

  • 土日や祝日でも22:00まで即日融資が受けられる
  • 在籍確認が取りづらい場合は対応してもらえる
  • 「かりかえMAX」で他社借り入れあってもキャッシングできる

>> アイフルの申し込みはこちら

合わせてよく読まれている記事一覧

家賃が払えないときの駆け込み寺はどこ?何ヶ月滞納すると追い出される?

失業や病気をきっかけに家賃が払えない状況に陥る人も少なくありません。高齢者・一人暮らし・無職・自営業・フリーターで家賃が払えないときに頼れるおすすめの相談先を紹介しています。大家さんから強制退去を求められる前に早めに手を打っておくことが大切です。

医療費・入院費用が払えない!困ったときに頼れる医療制度とは?

医療費や入院費用が払えないときに利用できる医療制度を紹介しています。とくに高齢者は通院や入退院を繰り返すケースが多く、年金収入だけで払っていくのが難しいのではないでしょうか。日本には手厚い医療制度がありますので上手に活用することで入院費用が賄えるかもしれません。

母子家庭がお金借りるときに頼れる母子寡婦福祉資金の条件と審査ポイント

母子家庭でお金がないときは「母子寡婦福祉資金」という公的融資制度を利用されてはいかがでしょうか。母子寡婦福祉資金は国から無利子でお金が借りられる制度で、引越し費用や奨学金などのあらゆる目的で利用できます。シングルマザーでお金足りないときに頼れる母子寡婦福祉資金の審査ポイントや条件をわかりやすく解説していきたいと思います。