驚異の20%還元!PayPay(ペイペイ)「100億円キャンペーン」で2,000円もらえる!?

100億円キャンペーン

ソフトバンクとヤフーの共同出資会社である「PayPay(ペイペイ)株式会社」。

PayPayは、アプリのQRコードを読み取るだけで、支払いができるスマホ決算サービスです。

競合他社の「LINEペイ」「楽天ペイ」などを追い越すために、PayPayは大胆な一手に打って出ました。

2018年11月22日より、PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」を実施。

キャンペーンの内容は、PayPayを利用して支払いをすることで、20%の還元が受けられるというものです。

PayPayで5,000円以上をチャージした場合、1,000円が還元されて、さらに1,000円相当のボーナスも付いてきます。

つまり、5,000円のチャージで、合計2,000円の還元が受けられるというわけです。

とくに平成30年12月4日から、新たに開始されるキャンペーンは今までの内容をそのままに、40回に1回の確率で全額還元が加えて受けられます。

これは、見逃せません。

今回は、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」の内容について深堀りしています。

PayPay(ペイペイ)の「100億円あげちゃうキャンペーン」の内容は?

PayPayの画像

親会社のソフトバンクでも、下記のようにキャンペーンに関するプレスリリースが発表されています。

PayPayで支払いをすると、支払額の20%がPayPayボーナスで還元されるキャンペーンと、40回に1回の確率で支払額の全額がPayPayボーナスで還元されるキャンペーンの2つを、「100億円あげちゃうキャンペーン」※1として実施します。

では、さっそく「100億円あげちゃうキャンペーン」を利用したときの4つのメリットをわかりやすく紹介していきます。

1.代金を支払うと20%の還元が受けられる(月額上限5万円)

PayPayの支払で20%還元 月額上限5万円

キャンペーン期間中に、PayPayを使って代金を支払うと20%相当額が還元されます。

一人あたりの上限は月額50,000円まで。

たとえば、ビックカメラで電子レンジ50,000円相当を、PayPayで支払うと翌月に10,000円が口座へ還元されます。

クレジットカードのポイント還元は0.5%〜1%が相場ですから、PayPayの20%還元は面倒よりも得が上回るといえます。

あらゆる商品が20%オフで購入できると考えたら、現金やクレカを使ってモノを購入するのがもったいなく感じるほどです。

2.5,000円以上のチャージで、プラス1,000円のPayPayボーナス

5,000円以上のチャージ 1,000円のPayPayボーナス

    

2018年11月22日より、新たに5,000円以上のチャージで1,000円のPayPayボーナスが還元されるようになりました。

もちろん、これまでの20%還元との併用も可能です。

5,000円以上のチャージと、還元20%の2つを合わせるとさらにお得になります。

つまり、5,000円以上をチャージして、代金を支払うと合計2,000円が還元されるというわけです。

5,000円のモノを購入して、2,000円が返ってくるなんて、かなりお得です。これを利用しない手はありません。

3.40回に1回の確率で、支払額の全額が還元される(上限10万円)

さらに2018年12月4日より、40回に1回の確率で、支払額の全額が還元されるキャンペーンが開始されます。

上限は10万円となっており、運が良ければ10万円のお金がもらえるも同然です。

ソフトバンクとワイモバイルのスマホユーザーの場合は、10回に1回の確率で還元されるという特別待遇が受けられます。

一般ユーザー 40回に1回の確率で全額還元 上限10万円
Yahoo!プレミアム会員 20回に1回の確率で全額還元
ソフトバンクユーザー 10回に1回の確率で全額還元
ワイモバイルユーザー 10回に1回の確率で全額還元

一般ユーザーで考えても、40人のうち1人が全額還元を受けられるという割合です。

かつてイオングループが実施していた「レシート5,000円以上の抽選キャンペーン」。

イオンのときは100人中1人の割合でしたから、PayPayの全額還元はそれよりも確率が高いといえます。

4.ソフトバンク・ワイモバイルユーザー限定で「500円」をゲット!

新規登録 500円

PayPayでは、「100億円あげちゃうキャンペーン」のほかに、ソフトバンク・ワイモバイルユーザー向けのキャンペーンも実施しています。

ソフトバンク、およびワイモバイルのスマホユーザーは、新規登録するだけで口座に500円相当のボーナスが付与されます。

支払い口座を登録するだけなので、1分ほどで手続きが完了します。

たった1分で500円稼げてしまうなんて、かなり割のいい方法といえます。

100億円キャンペーンの終了は「2019年3月31日まで」(※2018年12月13日の時点で終了)

100億円キャンペーン終了の画像

ここまで紹介したキャンペーンは、2019年3月31日に終了する予定です。

ちなみに100億円に達した時点で、キャンペーンは終了するとの発表がされています。

現在(2018年12月10日時点)で、既に85億円に達しているようなので、キャンペーン終了も近いです。
追記:2018年12月13日(木)paypayの100億円キャンペーンがついに終了しました。

キャンペーン開始から、わずか10日というあっけない幕引きでしたが、話題性はライバルである「LINE pay」を大きく上回ったのではないでしょうか。

キャンペーンは延長する可能性もあるとのことですが、終わる前に利用しておくのが間違いありません。

PayPayの100億円キャンペーンにつられて、競合他社も似たようなキャンペーンを実施するのでは?という憶測が流れましたが…。

どうやら、今のところ他社での動きはないようですね。

先日、LINEペイが正式にキャンペーンの実施見通しはないと答えています。

LINE Pay、20%還元のPayPayに対抗せず

将来的にキャッシュレス化の波に乗る予定なら、PayPayのキャンペーンに便乗しておかない手はありません。

PayPayの使い方はとても簡単

まずはアプリをダウンロード

paypayアプリのイメージ画像

アプリ登録を面倒に感じるかもしれませんが、驚くほどあっとういう間に完了します。

まずは、アプリをダウンロードして登録を開始。

登録はとても簡単で、最短1分で完了するようになっています。

※「Pay Pal」という同様のスマホQRコード決算アプリがあります。こちらはPay Payとは別の決済アプリになりますので、お間違えのないよう注意してください。

チャージする

paypayの口座残高のイメージ画像

初めての登録で、500円のPayPayボーナスがゲットできます。

支払いのときに残高が不足している場合でも、「Yahoo!マネー」や「クレカ」の登録があれば不足分を補うことができるようになっています。

お店のQRコードで読み取り

支払いのときに、店舗に設置されているQRコードリーダーで、QRコードを読み取るだけで決済が完了します。

お財布から現金を出さなくても、支払が完了するので、レジで小銭をジャラジャラ出す必要もありません。

Pay Payが利用できる店も増えつつあり、新たにファミリーマートが加盟店に加わって、さらに利用しやすくなっています。

PayPayの有名加盟店まとめ

PayPayの加盟店のイメージ画像

ファミリーマート、H.I.S、EDION(エディオン)、Joshin、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヤマダ電機、和民、笑笑、白木屋、魚民、ポプラ、ミニストップ、松屋など。

家電量販店から有名居酒屋、コンビニまで幅広い店舗で利用できるようになっています。

ファミリーマートが加盟店に加わったのと同時に、今回の100億円キャンペーンは実施されています。

そもそも、なぜPayPayが100億円もの資産を投じてまでキャンペーンをおこなったのか、疑問に思いませんか。

PayPayの100億円キャンペーンが実施された理由

PayPayの100億円キャンペーンには、「LINE Pay」という最大のライバルが背景にあります。

日本は、世界に遅れを取りながらも、キャッシュレス化が進みつつあります。

政府が「現金フリー」を目標に掲げたことに伴い、Suicaや楽天Edy、nanacoなど。数多くの電子マネーサービスがスタートし始めました。

ユーザーは様々なシーンに合わせて、電子マネーを使い分けていくのが通例です。

Pay Payと同じ、QRコード決済の先駆けとなった存在が「LINE Pay」になります。

LINE Payといえば、中国・台湾・韓国ともネットワーク提携をしているNo.1モバイルペイメントになります。

「LINE Pay」に追いつくための打開策

PayPayもLINE Payも、チャージ型の決済サービスになるため、「あっちに2,000円」「こっちに3,000円」と別々に管理していくのは大変面倒です。

そのため利用者からすると、選択肢をPay Payか、LINE Payのどちらかに絞りたいと考えるのは自然な流れです。

今回の100億円キャンペーンは、LINE PayからPayPayへ乗り換える起爆剤のひとつに過ぎません。

キャンペーン終了後も、利用者にとって嬉しいプロモーション合戦はまだまだ続くことが予想されます。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。

借入希望額
審査時間
職業




合わせてよく読まれている記事一覧

ゆうちょPayのメリット・デメリットは?スマホ決済サービスの使いこなし術

2019年2月より、新たにゆうちょPayの利用が開始されます。ゆうちょPayは、他のスマホ決済サービスと比べて、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ゆうちょPayの使い方も合わせて紹介しています。

LINE銀行が2019年春に設立を決定!「LINEポケットマネー」の審査難易度を予想してみた

2019年春、対話アプリで有名なLINEとみずほ銀行グループが共同出資して「LINE銀行」が設立されます。LINE銀行の個人向け融資サービス「LINEポケットマネー」の審査難易度を、どこよりも早く予想してみました。

【3分でわかる】今話題のフィンテックってなに?わかりやすく解説!

最近よく聞く、FinTech(フィンテック)を3分でわかりやすく解説。金融サービスとテクノロジーの融合と聞いても、いまいちピンと来ない人も多いのではないでしょうか。フィンテックって何?もっと分かりやすい説明ないの?と思った人は参考にしてみてください。

ページの先頭へ