【図解付き】モアタイムシステムとは?即日振り込み可能なキャッシング大手まとめ

即時振込みのイメージ画像

2018年10月9日、全銀行協会は24時間365日いつでも瞬時に口座振り込みができる新システムを実装しました。

これが、モアタイムシステムです。

モアタイムとは、銀行営業時間外の「土日祝日」や「平日の夕方〜朝」などの時間帯を指します。

従来は、コアタイム内(平日8:30〜15:30まで)の銀行振込みしかできませんでした。

しかし新たに、モアタイムの振込みができるようになったことで土日や深夜でも即時振込みが可能になります。

  • 平日夜間や土日でも銀行振込みが可能
  • 土日祝日でもキャッシングの口座振込みがOK

この記事では、モアタイムシステムについて図解つきでわかりやすく説明したうえで、即時振込可能なカードローン会社を紹介しています。

モアタイムシステムとは一体なに?

全銀協のロゴ

モアタイムシステムは、全国銀行データ通信システム(全銀システム)が構築した、銀行間の振込みを中継するシステムです。

平日日中帯はコアタイムシステム、平日夜間・土日祝日はモアタイムシステムに切り替えるシステム構成とすることで、全銀システムの稼動時間拡大を短期間かつ安全に実現

従来のコアタイムシステムに加えて、新たにモアタイムシステムを構築したことで「平日の夕方」や「土日祝日」でも24時間いつでも口座振込みが可能になりました。

モアシステムの導入により、時間や曜日を問わず、24時間365日いつでも銀行振込みができるようになっています。

従来のコアタイムシステム

コアタイムシステムのイメージ画像

従来のコアタイムシステムは、平日8:30〜15:30までの時間制限がありました。平日の日中以外は、翌営業日の振込みとります。

新たに導入されたモアタイムシステム

モアタイムシステムのイメージ画像

新たにモアタイムシステムが導入され、モアタイム稼働時間以外の時間帯をカバー。これにより平日15:30以降や深夜でもリアルタイム着金が可能になりました。

ほぼ全銀行がモアタイムシステムを導入していますが、みずほ銀行のように不参加の金融機関も中にはあります。

主要銀行の接続情報

金融機関名 接続情報
ゆうちょ銀行 0:00〜24:00
(毎月第三月曜0:00〜8:30、年末年始・GWは未接続)
三菱UJF銀行 0:00〜24:00
(毎月第2土曜21:00〜翌朝7:00は未接続)
みずほ銀行 未接続
りそな銀行 0:00〜24:00
セブン銀行 未接続
三井住友銀行 0:00〜24:00
(毎週月曜24:00〜7:00、毎週日曜21:00〜24:00は未接続)
ソニー銀行 0:00〜24:00
(毎週月曜日2:00〜5:00は未接続)

全銀ネット対象であっても、振込金融機関が未接続(みずほ銀行・セブン銀行)だった場合は、深夜や平日夜間のリアルタイム着金ができません。

たとえばゆうちょ銀行から、みずほ銀行へ振込みをした場合は、翌営業日に着金されます。

このように双方の金融機関が、全銀ネットの対象であることが即時振込みの絶対条件になります。

対象になる銀行

【都市銀行】
三菱UFJ銀行、りそな銀行、三井住友銀行、埼玉りそな銀行

【その他銀行】
新生銀行、セブン銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、じぶん銀行、楽天銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行

【地方銀行】
北海道銀行、山梨中央銀行、山陰合同銀行、青森銀行、八十二銀行、中国銀行、みちのく銀行、北陸銀行、広島銀行、秋田銀行、富山銀行、山口銀行、北都銀行、北國銀行、阿波銀行など

計504の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合などが参加しており、国内金融機関の約9割以上が対象になっています。

対象外になる銀行

みずほ銀行の画像

みずほ銀行、セブン銀行、あおぞら銀行、きらぼし銀行、ブラジル銀行など

これらの金融機関は、即時振込みの対象外になり、土日や祝日に振込みをした場合、反映されるのは翌営業日になります。

みずほ銀行は、独自の新システムを構築している段階にあるため、現段階ではモアシステムへの参加を見送っています。

メガバンクのみずほ銀行が参加していないのは意外ですが、将来的に参加する可能性は大いにあります。

24時間即時振込みサービスが可能な条件は?

ストップ

24時間振込みができないケースもあるので、注意してください。

1.対応銀行同士の振込み

モアタイム対象同士の口座振込みであれば、瞬時に着金されます。

対応銀行同士の場合

対応銀行同士の場合の説明図

「A」から「B」へ振込み→即時入金が可能

モアタイムに参加している銀行同士の入金であれば、平日夜間や土日でも即時に振込みが反映されます。

どちからが対応していない場合

どちからが対応していない場合の説明図

「A」から「B」への振込み→深夜や土日は翌営業日に入金

一方が、みずほ銀行のようにモアタイム不参加の金融機関だった場合、銀行営業時間外の振込みは翌営業日に反映されます。

2.1億円以上の振込み

1億円以上の振込みは、即日振込みの対象外になります。

振込みが反映されるまでに、しばらく時間がかかる場合がありますので注意する必要があります。

年末年始&GWは接続していないことがある

メンテナンスのために、一定期間接続できない場合があります。

とくに年末年始やGWは、接続していない金融機関が多く、着金するのが翌営業日になるケースが多いです。

ゆうちょ銀行は、土日祝日でも0:00〜24:00まで接続しているものの、年末年始やGWは接続していません。

各金融機関により、メンテナンスのタイミングが異なるので注意してください。

モアタイムシステムで即日振込みが可能な大手キャッシング業者

大手キャッシングの画像

銀行にモアタイムシステムが導入されたことで、大手キャッシング業者も即時振込みが可能になりました。

従来のカードローンは、平日15:00までに契約手続きを済ませないと即日振込みができず、自動契約機を利用してカード発行をするのが通例でした。

そうすると、仕事帰りにわざわざ自動契約機へ寄り、30分程度の時間をかけてカードを作らなくてはなりません。

自動契約機に来店する手間が省かれれば、さらに大手キャッシングの利便性が向上するといえます。

ただ、全ての大手キャッシングが24時間365日の口座振込みに対応しておらず、一部の金融機関に限定されます。

24時間365日即日振込みが可能?

金融機関名 深夜や土日でも即時振込みOK
プロミス ◯モアタイムシステム参加の全銀行が対象
レイクALSA ◯モアタイムシステム参加の全銀行が対象
SMBCモビット △三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のみ対象
アコム △楽天銀行のみ対象
アイフル ×不可
大手消費者金融の「プロミス」「レイクALSA」は、全504の銀行を対象に口座を持っていれば24時間365日いつでも即時振込みが利用できます。

プロミスには三井住友銀行が、レイクALSAには新生銀行がバックにあるため、消費者金融ながら銀行システムの導入が実現したと考えられます。

アコムやSMBCモビットもまた、銀行の傘下に入っていますが、参加している全銀行が対象になるわけではありません。

アコムに関しては、三菱UFJ銀行の主力商品になりますから、対応が追いつかない状況にあるだけだと思われます。

深夜や土日の即時振込を希望する場合は、プロミスか、レイクALSAのいずれかの借り入れを推奨します。

24時間365日即日振込みに対応している大手キャッシング

プロミス

プロミスの画像

プロミスの「瞬フリ」というサービスを利用すると、最短10秒で口座へお金が振り込まれます。

全504行が対象になり、口座を持っていれば24時間365日いつでも振込キャッシングが可能です。

カードレス対応で、自宅郵送物なし・カード発行なしの借り入れをしたい人に便利なカードローン。

プロミスでの即日融資を希望する場合は、下記の記事を参考にしてください。

プロミスは即日融資に強い!土日や深夜に時間縛りなしで今すぐ借りる方法

即日融資に強いカードローンといえばプロミスです。プロミスはカードレスに対応しており、土日や深夜でも来店不要の即日振込が可能です。プロミスで即日融資をするうえで知っておきたい注意点や借り入れ方法などの情報を徹底解説。

レイクALSA

レイクALSAの画像

新サービスの導入により、レイクALSAは24時間365日いつでも即時振込が可能になりました。

日曜日のみメンテナンスのため、当日18時までになりますが、その他の日にちであれば深夜でも土日でも即時振込オーケー。

レイクALSAで即日融資を希望する場合は、下記の記事を参考にしてください。

レイクALSA(アルサ)の審査の流れと在籍確認について解説「管理人が実際に借りてみた」

新生フィナンシャルのレイクALSAに関する審査の流れと在籍確認について解説しています。レイクアルサは審査に落ちやすい?それとも審査に通りやすいカードローンなのでしょうか。新生銀行グループのレイクアルサの金利・審査基準・保証会社・返済方法・在籍確認など。実際に借りてみて分かった本音の口コミ情報をわかりやすく報告していきたいと思います。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。

借入希望額
審査時間
職業




ページの先頭へ