プロミスとSMBCモビット借りるならどっち?

プロミスとSMBCモビットは、同じSMBCグループに属しています。

いずれもSMBCグループの傘下に入っている銀行系消費者金融になりますが、サービスにおいて違いはあります。

では、借り入れするのならプロミスとSMBCモビットのどちらがより利便性が高いのでしょうか。

審査通過率・金利・即日融資などのあらゆる情報をもとに、プロミスとSMBCモビットを徹底比較していきたいと思います。

プロミスとSMBCモビットを審査通過率・金利・即日融資で比較

プロミスとSMBCモビットの画像

まずはプロミスとSMBCモビットの基本スペックを比較してみました。

基本スペック

プロミス SMBCモビット
金利 年4.5%〜17.8% 年3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜500万円 最大800万円
審査時間 最短30分 最短30分
融資までの時間 最短60分 最短60分〜90分
最低返済額 2,000円〜 4,000円〜
無利息期間 30日間の無利息 ×無し

ぱっと見の利便性の良さはプロミスのほうが高そうですが、さらに深堀りすることでSMBCモビットの良さも見えてきます。

審査通過率で比較

SMBCコンシューマーファイナンスグループの審査通過率の画像

SMBCモビットの成約率(審査通過率)は未公開になっているため、親会社のSMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」のデータを参照しました。

プロミス・SMBCモビットの審査通過率

2017年9月 46.4%
2017年10月 46.8%
2017年11月 47.3%

SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標

某メガバンクの銀行カードローンは成約率15%〜20%となりますので、比べるとプロミスとSMBCモビットの審査通過率がいかに高いか分かります。

10人が申込みして、約4.7人が審査通過しているというのは驚異の数値です。

ちなみに管理人もプロミスとSMBCモビットの両方で借り入れしましたが、それぞれ限度額50万円の融資を受けられました。書類提出さえきちんとしていれば、審査に通るような印象を感じました。

金利と限度額で比較

金利と限度額で比較

上限金利はプロミスのほうが安く、また最高限度額はモビットのほうが大きくなります。

上限金利 最高限度額
プロミス 17.8% 500万円
SMBCモビット 18.0% 800万円

とはいえ消費者金融には、総量規制という貸付額を年収の3分の1までに規制する法律がありますので、理論的にSMBCモビットで最高限度額800万円を借りるには年収2,400万円が必要になります。

年収2,400万円も稼いでいる人はそうそういないと思いますので、プロミスのように上限金利が安いカードローンのほうが使い勝手が良いのではないでしょうか。

即日融資とスピードで比較

プロミスとSMBCモビットはいずれも最短30分で審査結果が得られますが、その後の融資までのスピードはプロミスのほうが圧倒的に早いといえます。

  • プロミスは、最短60分で借りれる
  • SMBCモビットは、最短60分〜90分で借りれる
  • プロミス・SMBCモビットどちらも土日祝日OK

プロミスとモビットのどちらが借り入れスピードが早いのか比べるために両方でキャッシングしたところ、管理人の場合はプロミスのほうが約60分も早く借りれました。

後述で詳しい説明がありますが、SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡なしで借り入れできるため、通常よりも提出する書類が多くなります。

ようするにSMBCモビットは、書類確認に時間を取られてしまうため融資までのスピードが若干遅くなるのだと考察されます。

とはいっても、どちらも優れたカードローンになりますから、即日融資に対応してもらえることに変わりありません。1分でも早く借りたいのならプロミスと理解してもらえれば良いと思います。

振込融資の時間で比較

プロミスとSMBCモビットのいずれも振込キャッシングは原則24時間最短10秒で振込が可能になります。

受付終了時刻22:00までに手続きが完了すれば、同日中にあらかじめ指定した先の口座にお金を振り込んでもらえます。

受付時間を過ぎた場合は、翌営業日の振込となります。

郵送物で比較

郵送物のイメージ画像

プロミスとSMBCモビットは、どちらも郵送物なしで借り入れができるようになっています。

プロミスは、web申込時に「カードレス」を選択すると、プロミスは「web完結申込」で契約すると、自動契約機へ郵送物を受け取りに行かなかったとしても自宅に郵送物は一切送られてきません。

一般的なカードローンは、専用カードを用いて提携ATMから返済や借り入れなどのやり取りをするため、自宅宛てにカードなどの郵送物が送られてくるケースがほとんどです。

しかしプロミスやSMBCモビットの場合は、セブン銀行のATMに表示されたQRコードを公式アプリを使って読み込むだけで入出金取引ができるようになっているため、物理的にカードを使わなくてもお金を引き出すことができるのです。これをカードレス取引サービスといいます。

ちなみに利用明細書や契約書類を、書面ではなくオンラインで確認できる仕組みになっていますのでこれらの書類も一切送られてきません。

プロミスとSMBCモビットは、いずれもカードレス取引に対応しているため来店不要で郵送物なしの借り入れができます。

毎月の返済額で比較

毎月の返済額は、SMBCモビットよりもプロミスのほうが安くなります。

最低返済額(毎月の返済額)

プロミス 2,000円
SMBCモビット 4,000円

最低返済額は、最低限返済する金額のことをいいます。プロミスは、消費者金融大手の中でもっとも返済額が小さく、生活困窮者にとって利用しやすい内容になっています。

無利息期間で比較

プロミスは、はじめてなら「30日間の無利息期間」がありますが、SMBCモビットには無利息期間がありません。

ようするにモビットよりもプロミスで借りたほうが支払う利息が安くなる可能性があるのです。

無利息期間の有無によって累計利息が変わってきますので、少しでも余分な支払いを抑えたいのならプロミスを利用されるのが良いのではないでしょうか。

10万円を借りたときの利息額はいくら?
プロミス SMBCモビット
3回払いの累計利息額 1,497円 3,014円
5回払いの累計利息額 3,009円 4,543円
7回払いの累計利息額 4,535円 6,088円
10回払いの累計利息額 6,851円 8,429円
20回払いの累計利息額 14,806円 16,480円

※プロミスの「30日間の無利息期間」を利用したと仮定します。

無利息期間が適用されるかどうかで、プロミスとSMBCモビットで支払う利息額の差が1500円以上にもなります。

プロミスの「30日間の無利息」は、メアド登録とweb明細の利用ではじめて契約するのなら誰でも適用されるようになっています。

おまとめローンなら「プロミス」

プロミスは、おまとめローンに対応しているため総量規制超の借り入れもできますが、SMBCモビットはおまとめローンに未対応になりますので総量規制内の借り入れになります。

消費者金融は、総量規制により貸付額が年収の3分の1までに制限されていますが、中には例外と除外される貸付があります。

その例外貸付のひとつに借入金をひとつにまとめる「おまとめローン」があります。

おまとめローンに対応している消費者金融業社で借り入れすると総量規制以上、すなわち年収の3分の1を超えても借りられるようになっています。

プロミスには、通常のフリーキャッシングのほかに「貸金業法に基づくおまとめローン」というローンプランがあり、総量規制を超える借り入れがあっても最大300万円の貸付けに対応してもらえます。

SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡なし

モビットは、WEB完結という契約方法を利用すると、電話連絡なしで借り入れできるようになっています。

一般的なカードローンは、勤務先へ電話連絡をする「在籍確認」が審査のときにおこなわれることが多いのですが、SMBCモビットのWEB完結なら電話連絡なしで契約できるようになっています。

管理人もSMBCモビットのweb完結を利用して借り入れしましたが、勤務先に電話がかかってくることはありませんでした。

モビットのWEB完結は、「自分名義のゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行のいずれかの口座を持っている」「社会保険証を持っている」という2つの条件を満たしていれば利用できます。

プロミスとSMBCモビット借りるならどっち?

プロミスカードとモビットカードの画像

いずれも優れたカードローンになりますので、どちらを選択しても間違いありませんが、1社に絞るのなら目的に応じてそれぞれを使い分けると良いと思います。

たとえば、1分でも早く借りたいのならプロミスで、プライバシー重視で借りたいのならモビットを選択されてはいかがでしょうか。

管理人の肌感覚の話になりますが、プロミスは大手消費者金融の中でトップクラスに審査のスピードが早くなります。

業界トップを牽引しているアコムを超えた融資スピードがありますので、プロミスの右に出る者はいないといっても過言ではありません。

またモビットは、WEB完結で契約すると電話連絡なし・自宅郵送物なしで借りられるようになっています。

プロミスとSMBCモビットの比較まとめ
  • 1分でも早く借りたいのなら「プロミス」
  • おまとめローンで年収の3分の1以上借りるなら「プロミス」
  • 支払う利息を安く抑えたいなら「プロミス」
  • WEB完結なら電話連絡なし・郵送物なしの「SMBCモビット」

プロミスの申込方法

プロミスは、最短60分で借りれるカードローンになります。原則24時間最短10秒の振込融資が可能で、当日中にあらかじめ指定した口座にお金を振り込んでもらえます。自宅郵送物なしの借り入れが可能で、プライバシーがきちんと守られています。

SMBCモビットの申込方法

SMBCモビットは、「自分名義のゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行のいずれかの口座を持っている」「社会保険証を持っている」という2つの条件を満たしていれば電話連絡なし・自宅郵送物なしのWEB完結が利用できます。

2019年最新のカードローン【オススメNO.1】
プロミスなら「最短1時間」で今すぐキャッシングできる

  • 1年中いつでも即日融資が可能
  • 在籍確認の電話連絡なしでもキャッシング可能
  • 最短1時間のスピード審査

>> プロミスの申し込みはこちら

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、web申込完了すぐに相談してください。