おまとめローンの審査に通るためのコツと審査落ちする思わぬ落とし穴

おまとめローンの審査に通るためのコツを解説

「おまとめローンなら低金利の銀行カードローンがいい。」

実は、その考えは大きな間違いです。

おまとめローンの審査には数々の落とし穴があります。

絶対に借金を減らしたい!もっと多く借りたい!という強い意志を持っている人ほど、おまとめローンの借入先は慎重に選ばなくてはなりません。

この記事では、おまとめローンの審査に通過するためのコツを徹底的に紹介していきたいと思います。

おまとめローンの審査に落ちる前に是非読んでいただき、借金の減額に役立ててもらえれば幸いです。

おまとめローンとは?

そもそも、おまとめローンとは一体なにかをご存知でしょうか。

「もう知っているよ」という人も、この後の説明がわかりやすくなりますので、もう一度おさらいしておきましょう。

おまとめローンの説明

おまとめローンは、複数の借金を一本化することをいいます。

おまとめローンで借金を一本化すると、毎月の返済額が減少する可能性があります。

主に、次のようなメリットがあります。

  • 月々の返済が1回になる
  • 毎月の返済額が安くなる

月々の返済額が1回になる

既に3社も4社も、借金を抱えている人も多いと思います。複数の借金があると、返済日が月3〜4回もあって、入金をし忘れて返済が遅れることがあります。おまとめローンで一本化すれば返済日がひとつにまとまって管理がラクになるメリットがあります。

毎月の返済額が安くなる

おまとめローンを組むと、毎月の返済額の軽減が見込める可能性があります。とくに消費者金融のおまとめローンは、銀行とは違い「顧客に一方的に有利となる借り換え」を提供することが法的に義務づけられています。これは金利を下げたローンプランを提案することにあたり、金利が安くなれば毎月の返済負担もぐっと減ります。

消費者金融に対してあまり良いイメージを持っていない人も多いと思います。

しかし、消費者金融のおまとめローンは法的に金利を下げたローンプランを提案することが義務付けられています。

消費者金融のおまとめは、銀行のように借り換えてみないと金利が下がるかどうか分からないといった不透明性がありません。

借金を減額させるには、確実に金利が安くなる消費者金融でおまとめ・借り換えをするのがベターです。

おまとめローンの審査ポイントと通るためのコツ

おまとめローンの審査ポイントと通るためのコツ

では、おまとめローンの申し込み条件と審査に通過するためのコツを紹介していきましょう。

申し込み条件

  • 複数ローンで借り入れがある
  • 毎月数万円でも安定した収入がある
  • 専業主婦ではない
  • パート・アルバイトでもOK

複数のローンがあって、毎月数万円でも収入があれば、パートやアルバイトなどでもおまとめローンの審査申し込みが可能です。担保や保証人も必要ありません。

ただし専業主婦の場合は、多くの金融機関が「専業主婦は、おまとめ不可」というレッテルを貼っています。

管理人の知っている限り、専業主婦でおまとめローンができる金融機関は1社もありません。

銀行系のおまとめはNG!審査が厳しくて借りれない

はてな女

銀行カードローンはおまとめローンができなくなった!?

現在、銀行カードローンは多重債務者への過剰貸付が問題となり、審査を厳しくしている状況にあります。

銀行系のカードローンは2社以上の借金があると、審査に落とされる傾向にあります。

おまとめローンは既に複数の借入金がある人、いわゆる多重債務者が利用する借り入れになりますので、銀行で審査に通過する可能性は極めて低いです。

「それなら銀行でおまとめローンが組めないの?」と思われるかもしれませんが、おまとめローン専用のローンプランがある銀行であれば積極的な融資が期待されます。

とはいえ、おまとめ専門の銀行は、正社員だったり、年収が400万円以上必要だったりなど。一般的なカードローンよりも審査に厳しい印象があります。

またメガバンクや都市銀行、ネット銀行などのおまとめローンも、多重債務者への審査が厳しくなっていますので、ほぼ審査に通過しないといっても過言ではありません。

おまとめローンの審査に通過したいなら消費者金融

ok

消費者金融は、年収の3分の1以上のおまとめローンがOK!

当サイトは銀行の審査厳格化を考慮し、消費者金融のアイフルのようにおまとめローンに積極的なカードローンをおすすめします。

消費者金融は、総量規制の対象になるため貸付額が年収3分の1までになるのが一般的です。

しかしおまとめローンの場合は、「総量規制の例外」という規定で、年収の3分の1を超える金額の借り入れが可能になります。

さらに消費者金融は、今よりも金利を下げたローンプランを提案してもらえます。

既にある借金の金利が18.0%だった場合、たとえばアイフルでは既存金利を下回るローンで借り換えができるのです。

審査に自信がないならおまとめローンでも借りれる消費者金融がおすすめ

審査に自信がないなら消費者金融がおすすめ

おまとめローンなら、消費者金融でも年収の3分の1を超えるキャッシングが可能です。

消費者金融は、法律的なルールで今よりも金利を下げたローンプランを提案することが義務づけられているため、確実に返済額の軽減が見込めます。

「それでもやっぱり銀行がいい」と思う方は、銀行のおまとめローンを選ぶようにすれば良いと思います。

審査に自信がない、絶対に審査に通りたい、という強い思いがある方のみ消費者金融でのおまとめローンを検討されてはいかがでしょうか。

借り換えOK!消費者金融でおまとめローン

年収の3分の1以上をおまとめローンするならアイフル

アイフルの画像

アイフルは貸金業法に基づくおまとめ・借り換えにより、担保と連帯保証人なしで年収の3分の1を超える借り入れが可能です。

既にアイフルの利用があれば、「かりかえMAX」ではなく「おまとめMAX」の利用ができ、さらに金利が2.5%も下がります。

アイフルであれば必ず金利が下がるローンプランを提案してもらえるので、間違いなく借金の減額が見込めます。

web申込後にアイフルのオペレーターへ電話連絡し、「貸金業法に基づくおまとめローン」を利用したい旨を伝えると、おまとめローンの詳しい案内をしてもらえます。

アイフルの公式サイトをこちら

プロミス

プロミスの画像

プロミスは、web申込後に「おまとめ・借り換え」をしたい旨を伝えると、証書貸付により年収3分の1を超えた融資にも対応してもらえます。

プロミスの公式サイトはこちら

おまとめローンの審査に通る人・落ちる人の特徴

おまとめローンの審査に通る人・落ちる人

おまとめローンの審査に通りやすい人・落ちる人の特徴をまとめてみました。

審査に通りやすい人

  • 信用情報に問題要素がない
  • 勤続年数が長く、安定的に働いている
  • 毎月の収入にバラつきが少ない
  • 借り換えが可能な、消費者金融を選んだ人

信用情報に問題要素がない

通常のカードローン審査と同じように、おまとめローンも個人信用情報を開示して融資の「可否」を保証会社が判断していきます。

年収が多いかどうかではなく、主にクレジットヒストリー(ローン返済履歴)を重点的にみられます。

一度でもローンの延滞記録が残っていると審査に通りませんが、問題がなければ融資が期待されます。

勤続年数が長く、安定的に働いている

勤続年数は、長ければ長いほど審査を有利に運べます。

住宅ローンのように勤続年数が最低3年以上は必要といったことはありませんが、少なくとも1年は同じ職場に勤めていると審査に通りやすいです。

あくまで勤続年数が長いほうが審査に通りやすいというだけで、勤続1年未満でもおまとめローンの審査に通過した事例は多くあります。

審査に落ちやすい人

  • 一度でも借金を滞納した経験がある
  • 既にブラックで借りれない
  • 専業主婦・年金受給者などで安定した収入がない
  • 貸付額が年収の2分の1を超えている
  • 日雇いアルバイトで、収入が不安定
  • 在籍確認の電話連絡が取れない人
  • 申込時に嘘をついた
  • フリーランスで収入が安定していない
  • 自主規制後に、銀行カードローンを選んだ人

一度でも借金を滞納した経験がある

一回でも借金を滞納・延滞すると、カードローンであっても審査に通らなくなります。

とくにおまとめローンは、通常のカードローン審査よりも借入金額が大きくなるため、審査難易度はやや高めです。

引き落とし日に入金し忘れた、他の引き落としと重なって残高が足りなかったなど。

うっかりミスの場合でも、ローンの延滞記録は個人信用情報機関にばっちり残っており、審査に落とされてしまいます。

既にブラックで借りれない

既にブラックリストに載っている金融事故者は、消費者金融のおまとめローンでも審査に落とされる傾向にあります。

個人信用情報を開示することで、ブラックリストの登録情報を確認できます。

しかし本人開示制度を利用しても、既に記録されている事故情報(異動情報や延滞情報)を削除してもらうことはできません。

ブラックリストに載ってしまうと、最大5年間は新たな借入が難しくなります。

専業主婦・年金受給者などで安定した収入がない

おまとめローンは、本人に安定した収入があることが貸付条件のひとつになります。

自己収入のない主婦、いわゆる専業主婦はおまとめローンを利用した借入が難しくなっています。

その他にも、年金受給者や学生も審査通過が難しくなるケースが多いです。

貸付額が年収の2分の1を超えている

1社から借り入れできる金額は、年収の2分の1が限界値です。

貸付額が年収の2分の1を超えてしまう場合は、審査に落とされるか、全額のおまとめができないか、金融機関によって対応が異なります。

消費者金融と銀行カードローンの審査難易度の違い

消費者金融(アイフル)と銀行カードローン(三井住友銀行)でおまとめローンをした場合の違いは、次のとおりです。

消費者金融(アイフル) 銀行(三井住友銀行)
おまとめローン ◯可能 △ほぼ不可
貸付上限 年収の3分の1以上 年収の3分の1まで
審査難易度 複数の借金があっても可能 複数の借金があると不可
社会的な印象 やや不安 安心
審査スピード 最短当日 最大1週間
金利 金利を下げたローンプランを提案 通常金利
申し込み方法 web申し込みが可能 web申し込みが可能
うでくみb

銀行カードローンは自主規制以降、年収の3分の1以上の融資を廃止しました。

カードローンの審査情報は公になっていませんが、自主規制以降、銀行のおまとめローン審査に落ちたという口コミが多く見受けられます。

以前まで、銀行カードローンは利益収入が見込めるという理由からおまとめローンの審査に積極的でした。

金額の多い借り入れをしている場合でも、信用情報に傷がなく身分証明書さえ提出できればオーケー。といった隠れた風潮がありました。

しかし、こうした銀行の曖昧な審査体制に多くの批判が殺到し、社会的な立場が大きい銀行は貸付を強化しました。

これを銀行の自主規制といい、主に貸付額を年収の2分の1から年収の3分の1までに引き下げるなど。

銀行は、以前よりもかなり審査が厳しくなっており、複数の借金があると新たな借り入れが難しくなります。

こうした現状を知らずに、銀行でおまとめローンの審査を受けて落ちてしまい、借金の返済に頭を抱えている人が多いように感じます。

借金200万円!消費者金融から銀行への借り換えを成功させるコツ

消費者金融から銀行へ借り換えた場合、無事に審査に通るのでしょうか。消費者金融より銀行カードローンのほうが審査が厳しくなりますが、借り換えに前向きな業者を選べば問題ありません。実際に借金200万円の借り換えを成功させたコツを紹介していきたいと思います。

専業主婦なら増額審査で借金を借り換える

専業主婦なら増額審査で借金を借り換える

専業主婦はおまとめローンの審査申し込みができませんので、借入先の金融機関で増額審査を受けることをおすすめします。

専業主婦でも増額審査に通過すれば、限度枠がアップして借金を1本化できるかもしれません。

銀行カードローンは法律上、消費者金融のように収入証明書を提出する金額が明確に定められていません。

しかし銀行は審査強化の影響で、収入証明書を提出する金額を300万円から50万円に引き下げているのが現状です。

そもそも稼ぎがない主婦は収入証明書の提出ができませんので、物理的に貸付上限が50万円以内に設定されるケースが多いです。

増額審査に通過しても、50万円以上の借り入れができないことを理解しておくといいでしょう。

おまとめローンで年収の2倍・3倍も借りれる!?

銀行の写真

消費者金融で借り入れした借入金を銀行のおまとめローンへと移すことで、新たに消費者金融から年収3分の1までに借り入れができるようになります。

これは法規制の抜け穴とされる部分で、消費者金融と銀行のいずれからも借り入れすると借金はさらに大きく膨らみ、中には年収の3倍を超えた借り入れができたケースもあるといいます。

利息収入を優先させすぎた銀行の落ち度

おまとめローンは、利息収入が見込めるとされており銀行にとってもメリットが大きく、業界内では書類さえ揃っていれば貸付をおこなうといった共通認識すらありました。

こうした銀行の貸付姿勢は、かつての多重債務者問題が再燃しかねないと懸念され、銀行の貸付に対して法規制を敷くべきだ、という声が弁護士らを中心に上がり始めました。

この事態を重く受け止めた金融庁は火消しにかかるべく、銀行のカードローンへ警告を促し、今年の4月に銀行カードローンは貸付に対する自主規制を発表しました。

おまとめローンの本来あるべき目的

本来、おまとめローンは完済を目的としたものであり、自己破産をする前の救済処置としてあるべきものです。

利益を優先するあまり、銀行はこの認識が欠けていたのではないかと考えられます。

貸す側も再認識する必要がありますが、利用する側も最終手段であるという認識を深めておまとめローンを利用するべきではないでしょうか。

事態がいかに深刻かを理解し、返済するという覚悟を決めて、どうか前向きなものとしておまとめローンを役立ててください。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。

借入希望額
審査時間
職業




ページの先頭へ