消費者金融の金利相場はどのくらい?平均以下の借り入れできる大手金融一覧

消費者金融のイメージ画像

消費者金融の公式サイトを見ても、実際に審査通過しなくては金利が何パーセントになるかわからず困っている人も多いのではないでしょうか。

ずはり消費者金融は、最高金利が適用されるケースがほとんどです。

次のように、数字が大きいほうが最高金利となります。

最高金利で比較

最高金利から引き下げるには、100万円以上の高額な借り入れをしなくてはいけません。

とくに消費者金融は、初めて借りる人に対して信用できるかどうか分からないため、まずは少ない金額を貸付します。

初回は、貸付限度額50万円となり、金利も最高金利が適用されます。

その後に、返済実績を重ねれば限度額の増額が可能になるケースが多いです。

では、消費者金融の金利相場は一体どのくらいなのでしょうか。

ポイント女

この記事では、「消費者金融の金利相場」から「低利率で借りられる消費者金融」までを紹介しています。

消費者金融の金利相場は年18.0%!最高金利で比較しよう

消費者金融は限度額100万円以下なら最高金利が適応される

消費者金融は、審査通過後の金利が年18.0%となることがほとんどです。

金融機関名 最低金利 最高金利
(限度額100万円以下)
プロミス 4.5% 17.8%
アイフル 3.0% 18.0%
アコム 3.0% 18.0%
SMBCモビット 3.0% 18.0%
レイクALSA 4.5% 18.0%
ノーローン 4.9% 18.0%
ベルーナノーティス 4.5% 18.0%
auWALLETスマートローン 8.0% 18.0%

消費者金融に限らず、金利は最高金利で比較するのが一般的になります。

上述のように消費者金融の最高金利を比較した結果、金利相場は約18.0%となりました。

最低金利は最大限の借り入れをしないと適用されない

最低金利は、最大限の借り入れをした場合のみ適用されます。

たとえばプロミスの場合、最高貸付額が500万円になりますから、めいっぱい借り入れすると最低金利の4.5%が適用されます。

このように消費者金融は、信用力ではなく貸付額に応じて金利が引き下げるケースがほとんどです。

たくさん借りるほど、また長く借りるほど、金利が下がっていきます。

住宅ローンの審査に余裕で通るような人であっても、金利は下がらずに最高金利が適用されることが多くなっています。

100万円以下の貸付には最高金利が適用される

上述でも説明があるように、100万円以下の貸付には最高金利が適用されるケースがほとんどです。

実際に管理人も4社、5社の消費者金融で借り入れしましたが、いずれも最高金利の年18.0%が適用されました。

逆をいえば、プロミスのように年18.0パーセントを下回っていると、低金利で借りられる消費者金融となります。

相場金利を下回っている低利率の消費者金融は、プロミス以外にもあります。

平均金利18.0以下!低利率の消費者金融一覧

消費者金融の金利相場18.0%以下の消費者金融は、次のとおりです。

とくにジェイスコアは、消費者金融ながら銀行カードローンより安い金利で借り入れができます。

一番安い金利で借りるならジェイスコア

ジェイスコアの画像

ジェイスコアは、年12.0%の超低金利の借り入れが可能です。

最高金利 年12.0%
限度額 1,000万円まで
審査時間 最短30分

借り換えとしての利用もできるため、今より金利を引き下げたい人にもぴったりです。

日本初の「AIスコア・スコアレンディング」による審査で、人的コストが削減されており低利率の借り入れが実現しています。

最短30分のスピード審査で、即日融資にも対応している優れたカードローンです。

低金利にすぐ借りるならプロミス

プロミスの画像

プロミスは、申し込みから借り入れまで最短60分です。

最高金利 年17.8%(30日間の無利息サービスあり)
限度額 500万円
審査時間 最短30分

アコム・アイフルといった有名大手金融より低利率に借りられるうえ、さらに30日間の無利息サービスもあります。

しかも、アコム・アイフル・プロミスのいずれも審査難易度はそこまで変わりません。

今すぐ低金利に借りたい人にぴったりのカードローンです。

5万円まで180日間無利息のレイクALSA

レイクALSAの画像

レイクALSAは、2つの選べる無利息ローン「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」のサービスがあります。

最高金利 年18.0%(2つの選べる無利息サービスあり)
限度額 500万円
審査時間 最短30分

「5万円まで180日間」を利用した場合、5万円だけなら半年間金利ゼロ円で借りられます。

少額を借りてすぐに返済するのなら、レイクALSAが最も低利率です。

少しでも利息負担を減らしたいのなら、レイクALSAを頼るといいでしょう。

法定金利ギリギリの年20.0%の消費者金融はおすすめしません

ストップ

法規制ギリギリの年20.0%の消費者金融はメリットなし!

消費者金融には、上限金利という「これ以上の金利で貸付けてはいけません!」といった法規制があります。

これを利息制限法といい、上限金利ギリギリとなるのが年20.0%です。

もちろん、上限金利ギリギリの20.0%に設定している消費者金融も中にはあります。

スルガ銀行の「ダイレクトワン」は最高金利20.0%で、金利が安いとはいえません。

平均金利と比べてたったの年2%の違いですが、利息を計算してみるとその差が大きいことが分かります。

年18.0%で50万借りた場合 年間に支払う利息は90,000円
年20.0%で50万借りた場合 年間に支払う利息は100,000円

50万円を1年間借りた場合、1万円も支払う金額に違いがあります。

さらに金利が安いほど審査が難しくなるといいますが、消費者金融同士ですと審査難易度もそれほど変わりません。

金利20.0%の消費者金融を利用したからといって、審査に通りやすくなるわけではないのです。

正直なところ年20.0%の消費者金融で借りても、一切のメリットは得られないでしょう。

スルガ銀行のダイレクトワンのように平均金利以上となるカードローンはあまりおすすめしません

消費者金融以外で安い金利の借り入れするなら?

銀行カードローンは、消費者金融とくらべて低金利になっているケースが多いです。

さらに低利率に借り入れしたいのなら、下記の銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

ちばぎんカードローン プレミアクラス

ちばぎんカードローン プレミアクラス

300万円以上から、年3.8%〜5.5%の低利率借り入れが可能です。

実質年率 3.8%〜5.5%
限度額 300〜500万円
融資までの時間

ちばぎんカードローンのプレミアクラスは、千葉・東京・埼玉・茨城・神奈川の方が対象となります。

その他の地域では利用できませんのでご注意ください。

また限度額300万円未満の貸付に対応していませんので、こちらに関しても注意が必要です。

三井住友カード ゴールドローンカードレス

三井住友カード ゴールドローンカードレス

返済実績に応じて、毎年利率を引き下げるサービスを実施しているのが特徴的。

実質年率 3.5%〜9.2%
限度額 700万円まで
融資までの時間 平均3営業日程度

三井住友カードのゴールドローンカードレスは、カード発行せずに振込にて融資が受けられます。

最短翌営業日の審査スピードで、融資までの時間もそんなにかかりません。

学生を除く、満20歳〜64歳以下の安定収入のある方が対象となります。

三井住友カード ゴールドローン

三井住友カード ゴールドローン

290万円以下の貸付でも、年9.8%で借りられる低利率カードローンです。

実質年率 3.5%〜9.8%
限度額 700万円まで
融資までの時間 平均3営業日程度

最短翌日以降の借り入れが可能で、審査スピードも速いところがメリット!

毎年度年0.3〜最大1.2%も金利が下がる嬉しいサービスもあります。

学生を除く、満20歳〜64歳以下の安定した収入があれば申し込みが可能です。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンのイメージ画像

低利率のカードローンとして有名なイオン銀行カードローン。

実質年率 3.8%〜13.8%
限度額 10〜800万円
融資までの時間 最短翌日以降

10万円からの小額借り入れも可能で、年13.8パーセントが適用されます。

本人に収入がなくても配偶者に収入があれば借りられるので、専業主婦からの人気の高いカードローンです。

低金利のカードローンを希望する場合は、下記の記事を合わせてご覧ください。

低金利で借りれるカードローン完全版!約15社から比較したNo.1は?

低金利で借りれるカードローンをランキングで掲載しています。約15社の銀行や消費者金融のカードローンを比較して、最強の金利が安いカードローンを一挙に紹介。金利が安くても審査に通りやすいローンのみを厳選しています。

安い金利で借りるなら消費者金融と銀行カードローンどっち?

銀行カードローンは審査厳しい、消費者金融は審査厳しくないのイメージ画像

以前まで、低金利で借りるなら銀行カードローンをおすすめしていました。

しかし最近では、ジェイスコアのように銀行カードローンより低金利に借りられる消費者金融も増えています。

とくに銀行カードローンは自主規制の影響により、以前とくらべて審査が厳しい状態にあります。

低利率の銀行カードローンは、一般的な銀行カードローンと比べてさらに審査が厳しくなりますので、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

長期正社員・公務員といった信用力の高い人なら、低金利の銀行カードローンでも審査に通るかもしれません。

ローンを組むのが難しい属性(パート・アルバイト・勤続3年以下・自営業者・学生)など。

審査に自信がない人は、金利の安い消費者金融で借りることをおすすめします。

借り換えを希望する場合は、金利を引き下げてもらえる消費者金融のおまとめローンを利用するといいでしょう。

今より金利を引き下げたいなら消費者金融のおまとめローンがおすすめ

既に借金を抱えている場合は、消費者金融のおまとめローンを利用するといいでしょう。

消費者金融のおまとめローンは、年収3分の1以上借りられるうえ、今よりも金利を引き下げたローンプランを提案してもらえます。

消費者金融は、おまとめローンにおいて「顧客に一方的に有利となる借り換え」という旨が法律に盛り込まれています。

簡単にいうと、おまとめ・借り換えにおいて金利を引き下げれば、年収の3分の1を超えた貸付をおこなっても良いとされています。

つまり確実に金利を引き下げてもらえるだけでなく、年収の3分の1以上を借り換えることができるのです。

たとえばアイフルとアコムそれぞれ50万円ずつ年18.0%で借りていたら、それを下回っている金利条件を提示してもらえます。

銀行カードローンでは確実に金利が引き下がる保証がありませんので、金利を引き下げたいのなら消費者金融のおまとめローンを利用することをおすすめします。

おまとめローンを希望する場合は、下記の記事を合わせてご覧ください。

おまとめローンの審査に通るためのコツと審査落ちする思わぬ落とし穴

おまとめローンの審査に通るかどうか不安で申し込みをするのが怖くなっている人も多いのではないでしょうか。おまとめローンの審査に通過するコツを教えます。どんな人がおまとめローンの審査に落ちやすいのか、自分に合った審査がゆるい借り換えローンはどれなのか、事前に理解しておけば審査落ちのリスクをぐっと減らせます。一本化して借金を減額していきましょう。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。

借入希望額
審査時間
職業




ページの先頭へ