派遣登録だけでもOK?派遣社員や契約社員でお金を借りる方法まとめ

カードローンのイメージ画像

多くの派遣・契約社員が、カードローンなどを使ってお金を借りています。

金融庁の調べによると、派遣・契約社員で、カードローンなどの審査に通過している割合が85.0%になると言われています。

これにより派遣社員であっても、お金を借りられることが分かります。

では、派遣登録だけでも借り入れすることは可能なのでしょうか。

この記事では、「派遣登録でもお金を借りれる?」から、「審査情報」までを解説しています。

派遣登録だけの無収入者はお金を借りれません

派遣登録のみでは借り入れが不可能のイメージ画像

残念ながら、派遣登録だけでは無職者と同じ扱いになり、お金を借りることができません。

大手消費者金融(レイクALSA)でも、次のように明記されています。

派遣社員の方でもお勤め先と勤務状況が安定しているお客さまであればお申込みいただけます。お勤め先が登録のみ・短期派遣などの場合には、お申込みいただけない場合がございますのでご了承ください。

派遣登録のみ・短期派遣などは、申し込みすらできない模様です。

日雇い派遣などの不定期で働いている場合も、カードローンなどでお金を借りるのが難しいと考えられます。

しかし、無収入であってもお金を借りる方法は他にもあります。

無収入でお金を借りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

無職だけどお金借りたい!無収入であっても借りれる安全な融資方法まとめ

無職だけどお金借りたい!そんな失業中・年金受給者・学生・障害年金受給者などの無職者でもお金を借りる方法はいくつかあります。アルバイトや日雇いなどで働いていなくて無収入であっても安全に融資してもらえる手段をわかりやすく紹介していきたいと思います。

毎月しっかり収入があれば派遣でもカードローンの利用OK

上述でも記載があるように、長期派遣で安定した収入があればお金を借りることは可能です。

カードローンは、20歳以上であれば学生アルバイトでも審査に通るくらいですから、派遣社員であっても問題ありません。

現に、金融庁による調査で86.0%の派遣社員が借り入れに成功させています。

消費者金融のアコムでも、次のような記載があります。

契約社員や派遣社員でも、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

金融庁やアコムからのお墨付きがあれば、カードローンの審査へ安心して挑めるのではないでしょうか。

では、ここからは派遣社員でお金を借りるときの審査ポイントを紹介していきます。

派遣社員や契約社員でお金を借りる方法

派遣社員や契約社員であっても、お金を借りる流れは一般的なサラリーマンと同じになります。

唯一、違う点といえば「派遣元」「派遣先」の情報を、両方登録することがあるくらいです。

web、審査通過すれば利用限度額内の借り入れが何度でもおこなえるようになります。

では、派遣後からどのくらいの期間が経過していれば、審査に通るのでしょうか。

派遣登録後、どのくらいで審査に通る?

一概にはいえませんが、派遣先での勤務期間2〜3ヶ月後が目安です。

派遣後すぐは安定した収入があるかどうかの判断が難しく、審査に通らないケースが多くなっています。

審査通過したいなら、少なくとも派遣先で2〜3ヶ月勤めてから申込みをすることをおすすめします。

また派遣の場合は、銀行と比べて審査に通りやすくなっている消費者金融を選択するのがベターです。

消費者金融は、銀行とくらべて金利は高くなるものの、勤続期間が短くても審査に通るようになっています。

7社に聞いた!在籍確認の電話連絡は派遣先?それとも派遣元?

派遣社員の在籍確認のイメージ画像

人気のカードローン7社に、在籍確認の電話連絡は「派遣先」、それとも「派遣元」のどっちを記入すれば良いのか問い合わせてみました。

結論から言いますと、カードローン会社によって対応がバラバラで、まったく足並みが揃っていません。

アコム 基本的に、「派遣元」の会社へ電話連絡が入る
アイフル 派遣元・派遣先どちらも登録するが、電話連絡なしにも対応可能
プロミス 基本的に、「派遣元」の会社へ電話連絡が入る
レイクALSA 「派遣先」の会社へ電話連絡を取るケースが多い
SMBCモビット どちらか好きなほうを選択できる
三井住友銀行カードローン どちらも登録が必要で、原則「派遣先」の会社へ連絡が入る
楽天銀行スーパーローン どちらも登録が必要で、原則「派遣先」の会社へ連絡が入る

上述のように、在籍確認の電話連絡先は、カードローン会社によって対応が大きく異なります。

ざっくり分けると、消費者金融は「派遣元」で、銀行カードローンは「派遣先」が多い模様です。

銀行カードローンは両方に電話連絡がおこなわれる!?

銀行カードローンは、必ず勤務しているかどうかを確認するために、派遣先への電話連絡を好みます。

基本的に、銀行は怪しい点がないか疑ってかかって審査をしますから、派遣先も派遣元も両方の登録が必要になってきます。

信用力に不安要素がみられる場合、もしくは銀行によってはいずれも電話連絡をされるケースがあるほどです。

派遣社員でも電話連絡なしで借りれる?

在籍確認の電話連絡なしの相談に乗ってもらえる金融機関もあります。

  • 「アイフル」…電話連絡に代わって、勤めている確認の取れる書類でOK
  • 「レイクALSA」…電話連絡に代わって、勤めている確認の取れる書類でOK
  • 「ジェイスコア」…在籍確認の電話連絡なしの相談に乗ってもらえる
  • 「プロミス」…在籍確認の電話連絡なしの相談に乗ってもらえる
  • 「SMBCモビット」…WEB完結申込みで電話連絡なし

最近は、派遣会社だけでなく、派遣先の企業も個人情報の漏えいを恐れています。

そのため、保証会社が電話連絡をした際に、「申し訳ございませんが、お調べすることができません」と企業および派遣会社に断られてしまうケースがあります。

もちろん、そもそも電話連絡をされたくない人も多いと思いますが、派遣での電話連絡が取りづらくなっている今のご時世。

派遣でお金を借りる場合は、電話連絡なしに対応してくれる消費者金融系のカードローンを選択されることをおすすめします。

問い合わせをした際に、アイフルのみ唯一、こちらから聞かなくても「電話連絡なしの対応も可能です!」という返答がもらえました。

アイフルなら、派遣社員であっても電話連絡なしに対応してもらえると感じました。

審査に自信がない場合は、アイフルのように派遣への貸付けに積極的なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。

派遣社員で「正社員」と嘘をつくとバレる?

カードローンの申込時に、派遣社員ではなく「正社員」と嘘をつくと必ずバレてしまいます。

カードローン会社は、過去の個人信用情報をさかのぼって、審査をおこなっていきます。

現在の勤め先の情報と、過去の情報を照らし合わせたときに「派遣社員」という記載があったらバレる可能性があります。

恐らく、嘘をついたら「いつから正社員になったか?」「どんな仕事を担当しているか?」、あるいは、「具体的な取引先の名前」など。

正社員だからこそ知っているような内容を、保証会社によって根掘り葉掘り聞かれるハメになります。

派遣社員でも十分に審査通過が期待されますから、わざわざ正社員だと装う必要はありません。

派遣・契約社員のうち85.0%が審査に通っている!?

冒頭でも説明がありますが、派遣・契約社員のうち85.0パーセントの人がカードローンによる借り入れに成功させています。

金融庁の調査によると、「希望通りに借りれた」が63.0%、「希望通りに借りれないことがあった」が22.0%、「借りれなかった」が15%という結果になりました。

派遣社員の審査通過の成功率

このように多くの派遣社員が、カードローンの審査に通っていることが分かります。

恐らく、借りれなかった人は派遣社員だからではなく、信用力に何らかの問題があったのだと考察されます。

たとえば在籍確認の電話連絡に失敗した、過去にローンを延滞していたなど。

それでも10人のうち、8.5人が借りられているわけですから、相当な成功率といえます。

成功率をぐっと引き上げるためにも、もっとも苦戦するであろう在籍確認の電話連絡においてあらかじめ手を打っておくのが良いと思います。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。

借入希望額
審査時間
職業




ページの先頭へ