職場確認を避けたい方必見!在籍確認なしで借りれる安心のカードローン

在籍確認なしのカードローンイメージ画像

職場に勤めているかどうかを確認するためにおこなわれる「在籍確認」。

在籍確認は、銀行名などを名乗らずに、個人名で職場へ電話連絡をするのが一般的になります。

しかし、いくら匿名で連絡されるとはいえ、「そもそもローン会社から、職場に電話がかかってくること自体が嫌だ!」という人も多いはずです。

あきらかに個人名で、会社へ連絡がかかってくるのは違和感がありますから、無理もありません。

在籍確認の電話なしのイメージ画像

ここで朗報ですが、在籍確認を電話以外で終えられる金融会社も少なからず存在します。

具体的には、電話連絡ではなく、会社名の記載されている書類を提出するという方法になります。

こちら女

今回は、在籍確認なしで借りれるカードローンのみをフォーカスして紹介します。

職場への在籍確認なしで契約できるカードローンは都市伝説?

在籍確認のイメージ画像

多くの人が誤解しているので、はじめに言っておきますが、在籍確認なしで借りられるカードローンは存在しません。

「在籍確認なし」ではなく、正しくは「職場への電話連絡なし」になります。

カードローン会社は、利用者の嘘を見抜くために職場確認、いわゆる在籍確認を義務化しています。

冒頭でも説明があるように、在籍確認を職場への連絡で終えるのが基本です。

しかし、なにも職場に電話をかけなくても勤めている確認をとる方法はいくらでもあります。

在籍確認の電話なしで借りるには?

  1. 書類による在籍確認
  2. 給料振込口座のある銀行

代表的な在籍確認の電話なしが認められるケースとして「書類による在籍確認」が挙げられます。

1.書類による在籍確認で電話連絡なし

書類による在籍確認のイメージ画像

これは職場への電話連絡に代わって、会社名の記載されている健康保険証や、最新の給料明細書を提出していく方法になります。

既に知っている人も多いと思いますが、退社後は、健康保険証を返還するのが常識です。

手元に保険証があるということは、会社に勤めている証拠になります。

また、最新の給料明細書をみれば収入の確認が取れますから、こちらも有効です。

2.給料振込口座のある銀行

給料振込口座のイメージ画像

その他にも、給料の振込み先が、利用先の銀行口座になっていることで在籍確認が認められるケースがあります。

給料振込口座を確認すれば、在籍しているのは一目瞭然だからです。

これは、伊予銀行などのごく一部の地域密着型銀行で、利用できる方法になります。

全ての銀行に問い合わせたのですが、残念ながら大手銀行ではセブン銀行くらいでした。

在籍確認の電話を省略できる書類

次のような書類いずれか1点ないし2点を提出すれば、在籍確認の電話連絡を省けるケースがあります。

  • 給与明細書
  • 社員証
  • 源泉徴収票
  • 社会健康保険証

これらは、「事業所名称」の記載があることが共通点になります。

カードローンの審査の中で書いた勤務先と、書類の会社情報が完全に一致すれば、在籍確認の電話が省略されることがあります。

とくに社会健康保険証は、カードローン会社に好まれやすく、公的書類になるので信用度も高くなります。

たとえばSMBCモビットでは、社会健康保険証の提出ができないと、電話連絡なしに対応してもらえません。

後述で詳しい説明がありますが、各ローン会社で書類が異なることがありますので注意する必要があります。

在籍確認の電話を省けるケース・省けないケース

うでくみb

信用力次第では在籍確認を省けないことも…

在籍確認の電話を省けるケース・省けないケースをざっくり紹介したいと思います。

基本的に、信用力に問題がなければ在籍確認の電話連絡なしに対応してもらえることが多いです。

電話連絡を省けるケース

  • 社会保険証の提出ができる
  • 給料明細書の用意が可能
  • 長期的に安定した収入がある

もちろん会社名入りの書類「社会保険証」や「給料明細書」が提出できることが前提になります。

その他にも、長期的に安定した収入があると、電話連絡なしの成功率がぐっと高まります。

同じ会社に長く勤めていると、今後も辞める可能性は少ないという予測ができるからです。

逆にすぐ会社を辞めてしまうような人は、会社を辞めた直後で働いていない可能性が示唆されます。

現在、働いていないにも関わらず、仕事をしているという嘘をついているかもしれません。

その正確な判断をするために、勤務先へ電話連絡をするケースがあります。

働いてわずかしか経過していない場合は、電話連絡を避けるのが難しいと考えられます。

電話連絡を省けないケース

  • 働き始めて日が浅い
  • 自営業者
  • 水商売

電話連絡を避けられないのは、やはり社会的な信用力の低い人になります。

自営業でいくら稼いでいたとしても、収入を水増しして誤魔化している恐れがあります。

後日その事実が発覚したら、恐らく審査を担当した金融マンは上司から大目玉を食らうことでしょう。

金融機関は、根本的に「リスクを取り除きたい!」という考えを持っています。

信用力が低い人は、どうしてもリスクだと考えられがちですから、徹底的に調べ上げられるのは仕方がないのかもしれません。

在籍確認の電話連絡を避ける方法について

電話連絡を避けるには、次のいずれかを実践する必要があります。

  • web申込後、オペレーターに相談
  • 「備考欄」に電話連絡なしの希望を記入する

カードローン会社は、できれば「在籍確認を電話連絡でしたい!」と考えていますから、要望がなければ動いてくれません。

web申込時、もしくはweb申込後にこちらから「電話連絡を避けたい」という意思を伝える必要があります。

web申込みの際に、一番下に「備考欄」があります。

そこで、「電話連絡なしを希望」と記入するのが一番簡単です。

しかし希望を伝えても要求に応えてもらえるか定かではないため、webに、オペレーターへ電話連絡をして相談するのが最も確実です。

webに、「電話連絡なしを希望している」という旨を伝えると、カードローン会社から詳しい案内をしてもらえます。

ただし、全ての金融機関で、在籍確認の電話連絡を省けるわけではありません。

職場への電話連絡なしに対応してくれる金融会社をしっかり選ぶ必要があります。

では、いよいよ在籍確認の電話なしが可能なカードローンを紹介していきましょう。

在籍確認の電話なしに消費者金融がおすすめ

在籍確認の消費者金融と銀行の対応の違い

電話連絡なしを希望するなら、消費者金融を利用するのがおすすめです。

消費者金融は、銀行のようにお堅い対応はせずに、その人その人に合わせて柔軟に動いてくれます。

書類での在籍確認が難しい場合でも、たとえば限度額を下げて電話連絡なしに対応してもらえるなど。

こちらの要望を汲みとって丁寧に対応してもらえるため、勝手に電話連絡されるようなことはありません。

職場への電話連絡なしで借り入れするのなら、消費者金融を検討されてはいかがでしょうか。

実際に借りてわかった!在籍確認の電話連絡なしはココ

カードローンのイメージ画像

これまで管理人は様々なカードローンを利用してきました。

その中から、在籍確認の電話連絡なしで借りれたカードローンをピックアップ。

少なからず管理人は在籍確認の電話連絡なしを省けました。

よほど信用力に問題がなければ、在籍確認の電話連絡なしに対応してもらえるはずです。

アイフル

アイフルの画像

  • 書類による在籍確認が可能
  • web、オペレーターへ相談で電話なし

管理人イチ押し!

在籍確認の電話連絡なしで借りるなら、アイフルで間違いありません。

給料明細書または社会保険証の提出で、在籍確認の電話なしへの対応が可能です。

2018年4月から、カードレスにも対応し始めたので、自宅郵送物なしの借り入れも可能になっています。

web申込後に、アイフルのオペレーターへ連絡して「電話連絡を避けたい」という旨を伝えると詳しい案内をしてもらえます。

実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分

SMBCモビット

SMBCモビットの画像

WEB完結申込なら電話連絡なし・郵送物なし

  • WEB完結申込なら電話連絡なし
  • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている方
  • 社会保険証、もしくは組合保険証を持っている方

WEB完結申込なら電話連絡なしの「SMBCモビット」。

サービスを利用するには、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること、社会保険証を持っていること。

これら2つの条件を満たしていれば、WEB完結申込で電話連絡なし・自宅郵送物なしのサービスに対応してもらえます。

実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30分

プロミス

プロミスの画像

土日で在籍確認が難しいならプロミス

  • 電話連絡なしの相談が可能

土日や祝日などで会社が休みの場合は、電話連絡なしの相談が可能です。

アイフルのように「絶対に電話連絡なしが可能!」というわけではありませんが、できる限り要望に応えようと努力をしてくれます。

実際に管理人は、電話連絡なしで借りられました。

web申込後に、「電話連絡を避けたい」と伝えたら、在籍確認の電話連絡なしを前向きに検討してもらえました。

実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 500万円
審査時間 最短30分

問い合わせてみた!在籍確認の電話なしのカードローン

直接、問い合わせて在籍確認の電話連絡なしを認めてもらえる金融機関を調べてみました。

中堅消費者金融で在籍確認の電話なしはココ

大手金融がダメなら、中堅消費者金融を頼るといいでしょう。

下記の中堅消費者金融であれば、在籍確認の電話連絡に代わる方法を提案してもらえます。

書類による電話なし ・AZ
・エフワン
・キャッシングフタバ
・北キャネット
その他 ・エイワ
セルフスタイルの在籍確認で、担当者からの電話連絡なし

神業者という口コミが多いのは「AZ」「北キャネット」になります。

在籍確認の電話連絡なしはもちろん、ブラックでも借りれるともっぱらの評判です。

AZや北キャネットなどは、電話連絡に代わって書類による在籍確認に対応してもらえます。

その一方で「エイワ」は、金融マンの目の前で職場へ電話連絡をするというセルフスタイル式になります。

たとえば、あなたがアルバイト先へ電話をして、「次のシフトいつ入っていましたか?」と聞いて返答があればオーケー。

セルフスタイルで在籍確認をするのはエイワだけです。

信用力に自信あり!低金利の銀行カードローンなら安心

銀行カードローンは、審査の規制が厳しくなっています。

在籍確認の電話なしに対応してもらえる銀行もありますが、著しく数が激減しているのが現状です。

セブン銀行カードローン

在籍確認なしの銀行カードローンの画像

  • 在籍確認なしで借り入れが可能
  • 書類提出一切不要
  • セブン銀行口座の保有が必須

冒頭で在籍確認なしのカードローンは存在しないといいましたが、セブン銀行のみ除外されます。

借入限度額は少ないものの、在籍確認不要で、特別な書類の用意も必要ありません。

セブン銀行口座を持っていることが条件になります。

口座を持っていない場合でも、申込みと同時に口座開設の手続きをすることが可能です。

実質年率 15.0%
限度額 100万円
審査時間 最短翌日

地方銀行で在籍確認の電話連絡なし

地元の銀行ローンが、在籍確認の電話連絡なしに対応していれば利用してみても良いかもしれません。

書類による連絡なし ・七十七銀行カードローン
・山梨中央銀行カードローン
・栃木銀行カードローン
給与口座による電話なし ・伊予銀行「いよぎん新スピードカードローン」/td>
その他 ・但馬銀行カードローン
保証会社「オリコ」のみ電話連絡なしが可能

この中で、全国対応しているのは「伊予銀行カードローン」だけです。

しかし、伊予銀行は給料振込口座になっていないと、在籍確認なしに対応してもらえません。

伊予銀行は、物理的に地元民でないと在籍確認の電話なしが難しいと思われます。

その他の地銀ローンは、利用地域が限定されています。

伊予銀行以外を利用する場合は、対応地域かどうかを確認のうえ申込みをするよう注意する必要があります。

「在籍確認の電話連絡なしに対応可能!」と言いつつ、何だかんだで在籍確認がおこなわれるケースはあります。

たとえばアコムなんかが、そうでした…。

在籍確認の電話連絡なしに、もっとも確実なのは「アイフル」です。

アイフルは、銀行傘下に入っていないため、いい意味で世間体を気にしていません。

銀行協会の目が光っていないため、ちょっと信用力が低くても、電話連絡なしに対応してもらえます。

審査に自信がないのなら、アイフルのような柔軟なカードローンを検討されてはいかがでしょうか。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。

借入希望額
審査時間
職業




ページの先頭へ