1万円借りる方法!少額から借りれるキャッシング

「あと1万円だけお金が足りない…。」

給料日前であとちょっとお金が足りないという状況は誰にでも訪れるものです。

少額とはいえ、家族や友達にお金がないアピールをすると後日の人間関係を崩壊させかねません。

カードローンでお金を借りることに抵抗を感じるかもしれませんが、たとえば1万円だけを借りて翌月までに返済した場合、プロミスだと30日間の無利息サービス(※)があるため、支払う利息は0円です。

身近な人からお金を借りて人間関係を壊すより、カードローンを利用したほうが良い場合もありますので検討されてはいかがでしょうか。

管理人もプロミスでお金を借りた経験があり、契約後1ヶ月内に全額返済したら利息を支払うことなく利用できました。

プロミスの画像

プロミスなら、来店不要・自宅郵送物なしで申込後、最短1時間で手元にお金が入りました。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

1万円だけを借りるのにおすすめの金融業者は?

1万円だけを借りるのにおすすめの金融業者は?

1万円だけを借りるなら無利息サービスのある金融機関を利用するのがおすすめです。

無利息サービスがある

無利息サービスのある金融機関なら、1ヶ月分の利息がまるごと無料になります。借りた翌月までに1万円を返せばそこにかかる利息は0円です。

1万円の少額からでも借りれる

銀行カードローンの多くは10万円からの融資になるため、1万円だけを借りるなら少額から借りれる消費者金融を選びましょう。

即日振り込みに対応してもらえる

即日振り込みに対応してもらえるカードローンなら、来店不要なうえに申込みから借り入れまで最短1時間で手元にお金が入ります。

ポイント

1万円だけを借りるなら、無利息で即日振り込みが可能なカードローンがおすすめ

1万円だけを借りるなら?おすすめ金融機関を徹底比較

無利息サービスのある消費者金融は、次の3つです。

プロミス 30日間まるごと利息0円
アコム 最大30日間金利0円
アイフル 最大30日間利息0円

カードローン会社は、どこも違いがないと思っていないでしょうか。

カードローン会社を詳しく調べることで、利用用途によって使い分けたほうが良いことが分かります。

1万円だけを借りるのにプロミスをおすすめする理由

1万円だけを借りるのにプロミスをおすすめする理由

30日間まるごと利息0円になる

アイフル・アコムが30日間利息0円になるのに対して、プロミスは30日間利息0円になります。

つまりアコム・アイフルは、あくまで最大になりますから契約日によって無利息期間が30日内になる可能性があるということです。

プロミスなら確実に30日分の利息が無料になり、契約後30日内に返済すれば利息がかかりません。

カードレス対応で、自宅郵送物なしの振り込み融資が可能

プロミスのみカードレス(カード発行なし)に対応しており、自宅への郵送物なしが可能です。

アイフルやアコムで自宅郵送物なしの借り入れをするには、web申込後に自動契約機(無人契約機)で専用カードをその場で受け取らなくてはいけないのですが、プロミスはカードを発行しなくても借りる方法、いわゆるカードレスサービスがあるため自宅郵送物なしの振り込み融資が受けられます。

なお、契約書類や利用明細書はオンラインで確認できるため、契約後も自宅に郵送物は送られてきません。プロミスは郵送物無しなので、家族に借り入れをバレたくない人でも利用しやすいです。

最速1時間の借り入れができる

プロミスは審査のスピードが速く、来店不要で申込後から最短1時間でお金が手元に入ります。

また、審査が混み合っている場合でもwebに「急ぎでお金が必要」という旨を伝えると優先的に審査をしてもらえます。

1万円だけを借りるなら金利は気にしなくて良い

カードローンを利用するなら金利が安いほうが良いと思われるかもしれませんが、1万円などの少額融資であれば金利が18%だろうと、15%だろうと大きな差異はありません。

金利18%で例示しますと、1万円を借りて3ヶ月で返済した場合、3,433円×3ヶ月=10,300円。つまり支払う利息は300円になりますので、1万円だけを借りる場合は金利の差は気にしなくても良いと思います。

ブラックでも柔軟に審査がされる可能性がある

カードローン会社は、少額借り入れの審査に柔軟に対応してもらえます。

借入額が少なくなるほど審査難易度が低くなるわけですから、過去に金融事故歴(ブラックリスト)がある人でも1万円だけなら融資が受けられる可能性があります。

逆に消費者金融の審査に通過しなければ、クレジットカードすら作るのが難しい状況にあるといえます。自身の信用力を試すという目的で消費者金融を活用するのも良いかもしれません。

1万円の借り入れなら免許証だけでOK?

1万円なら運転免許証などの身分証明書の提示だけで、キャッシングができる可能性があります。

カードローンは、50万円を超える場合および借入残高の合算が100万円を超える場合に収入証明書の提出が必要になりますので、それを下回った金額であれば身分証明書のみでお金が借りられます。

管理人はプロミス以外のカードローンも利用していましたが、収入証明書の提出は求められませんでした。

1万円を借りるまでの流れ

まずはカードローンを決定する

まずは、カードローン会社をひとつに絞ることが大切です。2社以上の同時申し込みは「申し込みブラック」になり、最大6ヶ月間もお金が借りられなくなる可能性があります。

web申込

カードローンは、「web」「電話」「郵送」「自動契約機(来店)」などの様々な借入方法がありますが、webからの申込みで優先的に審査をしてもらえます。

審査結果が伝えられる

申込後30分ほどで審査結果が伝えられます。

必要書類を提出する

必要書類(運転免許証・健康保険証など)をスマホで撮影して、オンラインでアップロードします。

受付完了(本審査通過)後、すぐに手元の口座にお金が振り込まれる

プロミスの場合は、原則24時間最短10秒で手持ちの口座にお金を振り込んでもらえます。

なお、平日14:50を過ぎると銀行窓口が閉まってしまうため、即日借り入れを希望する場合は自動契約機で専用カードを発行する必要があります。

今日中に1万円を借りるなら何時から何時まで?

今日中に1万円を借りるなら何時から何時まで?

プロミス 9:00〜22:00  
アコム 8:00〜22:00
アイフル 8:00〜22:00

※一部異なる場合があります。

上述のカードローンなら、土日祝日であっても受付完了を22:00までに済ませると即日キャッシングに対応してもらえます。

プロミス

プロミスは、原則24時間最短10秒でお金が口座に振り込まれます。

アコム

アコムは、平日14:00までの手続完了から1分程度で振込が実施されます。この時間を過ぎると振込融資が受けられませんので、自宅近くの自動契約機に22:00までに来店するとその場でカードが発行されて併設されているATMからお金が引き出せます。

アイフル

アイフルは、平日14:10までの手続完了で当日振込に対応してもらえます。平日14:10を過ぎた場合は、自宅近くに隣接するアイフルの自動契約機へ来店すると、その場でキャッシュカードが発行され、併設されているATMからお金が引き出せます。

消費者金融なら土日祝日でも即日融資に対応してもらえる

銀行カードローンは土日祝日の融資に対応してもらえないケースが多いのですが、消費者金融は土日祝日でも平日と変わらないスピードで融資に対応してもらえます。

ただ、銀行業務が閉まってしまうため振込融資に不利になるケースがあります。

プロミスの場合は、原則24時間最短10秒で振込融資に対応してもらえます。

1万円を借りたときの利息はいくら?

金利18%で1万円を借りた場合の利息は、次のとおりになります。

返済期間 返済額 返済総額
1万円 1ヶ月 10,147円 10,147円
2ヶ月 5,112円 10,225円
3ヶ月 3,433円 10,300円
5ヶ月 2,090円 10,452円

 

1万円を5ヶ月借りても支払う利息は452円です。無利息サービスを利用すればさらに利息負担の軽減が見込めます。

もっと大きな金額を借りたい場合は、下記の記事も合わせてご覧ください。

今すぐ3万円借りたい!給料日までに少額を借りる方法

給料日まであと少し、あと3万円どうしても借りたい!今すぐ3万円借りたいとき、どこからお金を借りるのが良いのでしょうか。ここでは、少額キャッシングにおすすめの借入方法について紹介しています。

2019年最新のカードローン【オススメNO.1】
プロミスなら「最短30分」で今すぐキャッシングできる

  • 1年中いつでも即日融資が可能
  • 在籍確認の電話連絡なしでもキャッシング可能
  • 最短30分のスピード審査

>> プロミスの申し込みはこちら

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、web申込完了すぐに相談してください。