10万円を借りる方法|今すぐ必要なら消費者金融

給料日前で10万円のまとまったお金が必要になったときに、カードローンを利用する人が多いようです。

家賃の支払いや生活費などで今すぐお金が必要な際は、銀行ではなく消費者金融を利用する必要があります。

銀行のカードローンは、審査厳格化の影響で即日借り入れができなくなったからです。

銀行カードローンは早くとも翌営業日の融資になりますが、消費者金融であれば申込当日の借り入れが可能です。

消費者金融は、総量規制の関係で年収3分の1までの借り入れとなりますから、物理的に10万円の融資を受けるには年収30万円以上が審査通過のための最低条件です。

月2〜3万円程度の収入があれば、パートやアルバイトでも審査に通過する可能性が期待されます。

この記事を読むことで10万円を借りるには、どのカードローンを選択すればいいのか分かるようになります。

今すぐ10万円だけ借りるには?好条件で借りれる方法とは?

ポイント女

今すぐ10万円を借りたいのなら、無利息・即日振り込みの条件が揃っている消費者金融を利用することをおすすめします。

では、なぜ低金利の銀行ではなく、消費者金融のカードローンを利用したほうがいいのでしょうか。

その理由として下記のことが挙げられます。

  • 低金利より無利息を選んだほうが利息が安くなる
  • 消費者金融なら最短60分で借りれる
  • 即日振り込みなら来店不要

低金利より無利息を選んだほうが利息が安くなる

潜在的に銀行カードローンは金利が安いイメージがあるかと思いますが、消費者金融の無利息サービスを利用したほうが利息負担が少なくなります。

銀行と消費者金融(30日間の無利息)で10万円を借りて比較した場合、利息総額が3,780円と3,043円で消費者金融のほうが確実に安くなるのです。

10万円の少額融資であれば低金利よりも無利息を選んだほうが得だということを理解しておくといいでしょう。

消費者金融なら最短60分で借りれる

消費者金融なら申込みから最短60分でお金が借りられます。

2018年1月より、銀行のカードローンは審査厳格化の影響で即日融資が受けられなくなりました。

これまで即日融資に対応していた銀行も全て当日借入を廃止したわけですから、今日中に融資を受けたいのなら消費者金融を選択する必要があります。

即日振り込みなら来店不要

仕事や子育てでお金を借りに行く暇が無くても、振り込み融資に対応してもらえる金融機関なら来店不要で即日融資が受けられます。

一般的にカードローンは、自宅あてに郵送される専用カードを受け取ってからの融資になるため借り入れまでに時間がかかります。

しかし振込融資に対応している金融機関は、カード到着前に指定先の口座にお金を振り込んでくれるため、あとは手持ちのキャッシュカードを使って近くのコンビニATMからお金を引き出すだけです。

最近では、カードレス(カード発行なし)によって自宅郵送物なしの即日振り込みが受けられる金融機関もあります。

銀行は審査が厳しいから消費者金融で借りるのがベター

銀行のカードローンは審査が厳しいため、10万円の少額であっても審査に通らない可能性があります。

一概には言えませんが、消費者金融は10人のうち4〜5人程度が審査に通りますが、銀行は2人程度しか審査に通してくれません。

10万円の審査に通過したいのなら、消費者金融から借り入れするのがベターです。

銀行のカードローンは、曖昧な審査によって無職者に300万円以上の融資をしていたことが発覚して問題となり、金融庁の圧力から自主的に審査規制をしている状況にあります。

こうした背景から銀行は即日融資も廃止し、当日借り入れが受けられなくなりました。

どうしても今すぐ10万円が必要などの切羽詰まった状態にあるのなら即日借り入れに対応してもらえる消費者金融を検討されてはいかがでしょうか。

カードローンで10万円を借りるならココ

無利息サービスと即日振込融資が受けられる消費者金融を紹介します。

プロミス 30日間まるごと利息0円
アイフル 最大30日間利息0円

プロミスで今すぐ借りる

プロミスの画像

プロミスは申込みから借り入れまでのスピードが最短60分です。

カードレス対応で、カード発行なしの振込融資にも対応してもらえるほか、自宅への郵送物も一切ありません。

振込融資は、2018年10月15日より原則24時間最短10秒で振込が可能になりました。大変使い勝手が良くなっています。

アイフルで今すぐ借りる

アイフルは申込みから借り入れまで最短60〜90分で手元にお金が入ります。最大30日間の無利息サービスがあるほか、平日14:10まで振込融資に対応してもらえます。

プロミスと同様に振込時間を過ぎても、web申込後にアイフルの自動契約機でカード発行をすれば併設されているATMからお金を引き出せます。

無職でもお金を借りられる?

日弁連が多重債務の相談に関わるアンケートをした結果、銀行のカードローンは収入証明の確認をおろそかにして無収入の男性に対して300万円のお金を貸していた事実が発覚しました。

上述でも説明がありますが、銀行のこうした曖昧な審査が問題となり、現在は審査厳格化の姿勢にありますので無職者でも借り入れできる隙が無くなっています。

私も規制後に三井住友銀行カードローンの審査を受けましたが、審査通過はしたものの、10万円の借り入れでも収入証明の提出を求められました。

銀行と同じく消費者金融もまた無職者の貸付けに対応していません。

無収入で10万円のお金が必要なのであれば、国からの融資を検討されてはいかがでしょうか。

緊急小口資金を利用すれば無職者でも1ヶ月内にお金を借りられる可能性があります。緊急小口資金を検討してみる場合は、下記の記事を合わせてご覧ください。

無職だけどお金借りたい!無収入であっても借りれる安全な融資方法まとめ

無職だけどお金借りたい!そんな失業中・年金受給者・学生・障害年金受給者などの無職者でもお金を借りる方法はいくつかあります。アルバイトや日雇いなどで働いていなくて無収入であっても安全に融資してもらえる手段をわかりやすく紹介していきたいと思います。

10万円を借りるときの流れ

プロミスの画像

まずは借入先を1社に絞る

審査通過を上げるために複数のカードローンへ申込む人がいますが、これはかえって逆効果になり結果的に審査落ちを招きます。

短期間で2社以上の金融機関に申込むと、「申込みブラック」になり最大6ヶ月間あらゆるローン審査に通りづらくなります。

迷った挙句に複数の金融業社へ申込みをしたくなる気持ちも分かりますが、まずは借入先を1社に絞ってから申込み画面へ移行していきましょう。

web申込み

カードローンは郵送や電話などの多岐にわたる申込方法がありますが、webからの申込で優先的に審査をしてもらえます。

審査回答

プロミスなどの消費者金融の場合、申込後から最短30分ほどで審査結果が分かります。

必要書類の提出

必要書類はスマホで撮影して専用ページにアップロードするだけで良いため、来店する必要はありません。

受付完了後、振込融資が受けられる

受付完了後、すぐに指定先の口座にお金が振り込まれ、手持ちのキャッシュカードでコンビニATMからお金が引き出せます。プロミスは最短60分で受付完了しますので、早々に融資金が受け取れます。

10万円を借りたときの毎月の返済額と利息

30日間の無利息サービスを利用した場合で、10万円を借りたときの毎月の返済額と利息額は次のとおりです。

返済期間 毎月の返済額 返済総額
10万円 1ヶ月 100,000円 100,000円
3ヶ月 34,338円 101,514円
5ヶ月 20,908円 103,043円
10ヶ月 10,843円 106,929円
20ヶ月 5,824円 114,980円

※上記は、実質年率18.0%で算出しています。

カードローンに抵抗を持つ人も多いかと思いますが、たとえば10万円の少額融資を5ヶ月で返済した場合、20,908円×5ヶ月=104,543円。つまり支払う利息は4,543円になり、プロミスのように無利息サービスの利用でさらに利息軽減が見込めます。

利息の支払いを抑えたい場合は、下記の記事を参考にしてください。5万円を借りた場合、利息の支払いがいくらになるかを紹介しています。

今すぐ5万円借りたい!借入方法とNG行為について解説

「今すぐ5万円借りたい!」そんなときこそ焦ってはいけません。カードローンを使ってお金を借りるには、まず審査に通る必要があるからです。ここでは、今日中に5万円を借りるときの方法とNG行為について紹介していきたいと思います。1万・2万・3万を借りたい人も必見です。

10万円を借りる場合は、プロミスのように無利息サービスのあるカードローンを検討されてはいかがでしょうか。
2019年最新のカードローン【オススメNO.1】
プロミスなら「最短1時間」で今すぐキャッシングできる

  • 1年中いつでも即日融資が可能
  • 在籍確認の電話連絡なしでもキャッシング可能
  • 最短1時間のスピード審査

>> プロミスの申し込みはこちら

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、web申込完了すぐに相談してください。