今すぐ5万円借りたい!借入方法とNG行為について解説

今すぐ5万円借りたい!借入方法とNG行為を解説

「どうしても今すぐ5万だけお金が必要、、、」そんなときはカードローンを活用するのが便利です。

親や友人からお金を借りるのもひとつですが、「お金を貸して欲しい」と切り出すことで積み重ねてきた人間関係を壊してしまいかねません。

金銭トラブルの図

またお金を借りるときに、なぜお金が必要なのか相手に伝える必要があります。

その場ですんなり納得してもらえる相手なら良いのですが、大抵の場合は「そんなことにお金を貸せない!」ときっぱり断られてしまうものです。

お金を貸してほしいと頼まれたモヤモヤだけが二人の間に残り、結果としてお金が用意できず振り出しにもどる羽目になります。

安心のカードローンで将来のお金の前借りを

カードローンの写真

彼氏彼女や祖父祖母からお金を借りる以外にも、カードローンで将来のお金を前借りする方法もあります。

カードローンでお金を借りることに抵抗を感じるかもしれませんが、たとえば5万円借りて3ヶ月で返済した場合、J.Score(ジェイスコア)だと17,001円×3ヶ月で51,002円。実際に支払う利息は合計1,002円です。

身近な人からお金を借りて人間関係を壊してしまうより、数千円程度の利息を支払うほうが良い場合もありますのでカードローンの利用を検討されてはいかがでしょうか。

今すぐ5万を借り入れする方法

今すぐ5万を借り入れする方法

今すぐ5万のお金を用意するには、カードローンの利用をおすすめします。

しかし既にブラックで、カードローンが利用できない人も中にはいることでしょう。

後述で詳しい説明がありますが、ブラックリストや限度額いっぱいで借りれない場合にはカードローン以外の手段を利用するのが適切です。

今すぐカードローンで借り入れする方法

即日借入の流れ

即日借入の流れ

カードローンは、スマホやパソコンを通じて簡単に申し込みができます。氏名や住所、勤務先の情報、他社からの借り入れの有無などを書き込んでいきます。勤務先へ確認の電話が入ることもあります。そして必要書類を提出して安定した収入があるなどの条件に合えば審査に通過します。

ポイント女

今すぐお金を借りたいのなら、審査スピードが早いカードローンを選ぶのがおすすめ。

即日審査・即日融資のカードローンなら?

アイフル

アイフルは、申し込みから借り入れまで最短60分のカードローンです。

カードレス対応なので、土日でも来店不要に契約手続きが完了します。

契約手続きも簡単で、必要書類をスマホで撮影して提出するだけでオーケー。

最大30日間無利息サービスがあり、初回1ヶ月間は利息がかかりません。

申し込みから借り入れまで最短60分!土日OK!

プロミス

今すぐ借りるならプロミスのように自動契約機のあるカードローンをおすすめします。

カードローン会社によって違いがありますが、たとえばプロミスなら審査応諾後に自動契約機へ来店すると、その場ですぐにカードが発行されて併設されているATMでお金が引き出せます。

管理人もプロミスの利用経験がありますが、移動時間を含めても申込から借入まで1時間もかかりませんでした。

5万円のキャッシング審査に通過するコツとNG行為

5万円のキャッシング審査に通過するコツとNG行為

今すぐ5万円のカードローンの審査に通過したい場合は、ずばりNG行為をしないことが大切です。

カードローン会社にはタブーとされている既存ルールがあり、これを犯すことで審査落ちを招きます。

当然ながら審査落ちすることでお金が借りられなくなってしまいます。

焦って他社のカードローンへ申込みをすると即ブラックリストに追加され、そこでも審査落ちする可能性があります。

タイムリミットは22:00。まずは一呼吸おいて落ち着こう

カードローンの最終受付時間は22:00までになります。

最低でも22:00までに手続きが完了すれば、今日中にお金が借りられます。

まずはひと呼吸おいてタブーを犯さないことに意識を向けてみてください。

では、さっそくカードローンのNG行為を紹介していきましょう。

5万円だけ借りたいときのNG行為は?これをすると審査落ち…

同時に複数の金融業者に申し込みをする

複数社へ申し込みする図

カードローン業界には、「申込ブラック」という同時に複数の金融業者へ申込をするとブラックリスト入りになる既存のルールがあります。

これは複数の金融業者へ申込みをすることで、たとえ返済能力があったとしても返済意思がないと判断されるためです。

本来なら審査通過が見込める人であっても申込ブラックになることで、カードローンのみならずクレジットカードの審査にすら通過しなくなります。

管理人も申込ブラックで審査落ちした経験があり、しばらく他のカードローンに申込みをするのが怖くなる時期がありました。

最大6ヶ月間はお金が借りられなくなりますので、注意する必要があります。

申し込みで嘘をつく

カードローンの審査の際に、嘘をつくと審査に落ちるケースがあります。

カードローンの審査で嘘をついてもバレないのではないかという人がいますが、ほぼ100%ばれてしまうため嘘をついてはいけません。

とくにSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社になるカードローンは、注意事項に「申込情報に不備・謝りがある場合、審査を正確におこなえませんので融資を断らせてもらう場合があります。」と明記されているほどです。

嘘をついてもバレなかった」という人も中にはいますが、たまたま運が良かっただけか、カードローン会社が分かってても審査に通したという稀なケースになります。嘘をつかないのが賢明です。

間違った電話番号・アドレスを入力する

最も気をつけなければいけないのが、間違った電話番号やアドレスを記入することです。

カードローンの審査はメールや電話でやり取りすることが多く、間違ったアドレスを記入したことで今日中に審査結果が受け取れなかったというケースが多発しています。

場合によってはキャンセル扱いになり、結果としてお金が借りられなくなります。

ポイント女

タブーを犯さなければ審査通過が期待されます!

少額融資における利息額について

1万・3万・5万・10万を借りた場合、利息額は次の通りになります。

支払う利息はいくら?

支払う利息額
3ヶ月後 5ヶ月後
1万円借りたい場合 300円 452円
3万円借りたい場合 904円 1,362円
5万円借りたい場合 1,506円 2,270円
10万円借りたい場合 3,014円 4,543円

※上記は、金利18.0%で算出しています。

なお、プロミスのような無利息サービスを利用するとさらに利息が安くなります。

支払う利息額をもっと抑えたい場合は、5万円を下回る借り入れを検討されてはいかがでしょうか。

ブラックリストや限度額いっぱいで5万円を借りれないときの選択肢

カードローンで借りれないときの選択肢

ブラックリストや限度額いっぱいで借りられないからといって闇金でお金を借りるのは得策とはいえません。

5万円だけの借り入れといえど、闇金を利用するのは結果として自分だけでなく家族や親戚まで取り立てが及ぶことになります。

闇金以外にもお金を借りたり工面したりする手段はあります。

金額の多い借り入れとなれば話は別ですが、数万円のお金なら何とか用意できると思いますので次の方法をいくつか検討してはいかがでしょうか。

今すぐ5万円を稼ぐ方法

即金で稼げるアルバイトを利用する

バイトアプリのイメージ写真

某大手の求人サイト(タウンワーク、バイトルなど)には、日払い・週払いOKで時給1,000〜1,500円の条件の良い求人が数多くあります。

身体を動かすのが面倒とか、働きたくないという人もいると思いますが、バイトで働けば確実にお金を用意することができます。

管理人も検索して探してみたところ、「マッハ日払い”最短翌日に現金振り込み/来社不要のWEB面談OK」で、時給1,000円稼げる魅力的な仕事を発見しました。

シール貼りや梱包、仕分けなどの人と関わらなくてもできる仕事内容で、学生でもOKとのこと。

早朝5:00〜8:30までの勤務時間もあったため、学校に行く前でも稼げちゃいます。まずはちらっとみて候補のひとつとして考えておくのも有りだと思います。

フリマアプリ「CASH」で不要なものを即金で現金化する

CASHのイメージ画像

CASH」というフリマアプリをご存知でしょうか。

過去に管理人も利用したことがありますが、売りたいものをスマホで撮影して送信するだけですぐに査定結果が表示されます。

そして「キャッシュにする」というボタンをタップすると設定した口座にお金が振り込まれる仕組みです。

売ったアイテムは時間に余裕があるときに送れば良いので、忙しい人でも簡単に数千円〜数万円のお金を用意することができます。

質屋で売るよりもやや安くなってしまう印象がありますが、簡単にものを売ることができるのは魅力です。

郵便局・ゆうちょ銀行の定期預金担保貸付を利用する

郵便局の写真

両親や祖父祖母があなた名義で郵便局の定期預金にお金を預けていませんか。

管理人も昔そうでしたが、親戚や祖父祖母からもらったお年玉を両親がゆうちょ銀行に定期預金として預けてくれていました。

郵便局では、「貯金担保自動貸付け」という方法で定期預金を担保に最大300万円のお金を審査なしで借りれます。

もちろん、高校生やブラックリスト入りの人であっても可能で、たとえば5万円を3ヶ月借りた場合、10,020円×5ヶ月で30,100円。

支払う利息はたった100円なので、カードローンよりも利息がかかりません。

親にばれずに定期預金を持ってくるという隠れたミッションはありますが、「お金がいくら貯まっている確認したい」という言い訳を使えば不自然ではありません。

郵便局でお金を借りる場合は、下記の記事も合わせてご覧ください。

郵便局でお金を借りる!ゆうちょ銀行ATMで借り入れする方法について解説

郵便局・ゆうちょ銀行からお金を借りる方法があることをご存知でしょうか。ゆうちょ銀行ATMの自動貸付けで、審査なしの借り入れが可能となります。ゆうちょ銀行の担保自動貸付のやり方をわかりやすく解説しています。

面接不要!クラウドワークスを利用する

クラウドワークスは、オンラインを通じて企業と個人をつなげる新しい形の働き方です。

クライアント(中小企業)が仕事を依頼し、クラウドワーカー(個人・あなた)が業務を実行します。

オンラインで受注発注がされるため、面接不要なうえにパソコン一台あれば家から一歩も出ずにお金が稼げます。

仕事内容も簡単で記事製作やデータ収集、ロゴ作成など。具体的にはカードローンの口コミを書いたり、キャッシングについてのブログを書いたりするだけで、1記事800円〜1,200円なので10記事書けば12,000円のお金を稼げます。

最大20%の手数料が引かれてしまうネックはありますが、能力が高ければクライアントからオファーが来てクラウドワークスを通さずに直接やり取りできるケースもあるようです。

専業主婦や学生などの自分のペースで働きたい人にとって利用しやすいサービスだと思います。

一攫千金!宝くじのスクラッチを買う

宝くじ売り場の画像

宝くじのように◯億円という大金は狙えませんが、スクラッチなら1枚200円の少ない投資で最大10〜100万円を当てられる場合があります。

10枚買うと10%オフで1,800円で、まとめて購入してもそこまで高くならないうえに意外と当たると評判です。

1,000円買ったら6,200円当たった、5枚買ったら10,000円当たったなど。

運も必要になりますが、その場ですぐにお金を増やせるのは魅力的です。

パチンコやスロットにあてる元手資金がないなら、スクラッチを試してみてはいかがでしょうか。

オンラインスロットで遊び感覚でお金を稼ぐ

オンラインスロットは、その名の通りオンラインでポイントを購入して景品や仮想通貨と交換できるスロットゲームです。

利用するには元手資金が必要になりますが、初めての登録であれば最大10,000円分のポイントがもらえるので、運良く当たれば1万・2万円分のポイントをゲットできるかもしれません。

基本的にオンラインスロットは現金化するのが難しいのですが、電子マネーやAmazonギフト券に交換してもらえる場合もあります。

一括りにオンラインスロットといっても数多く種類がありますので、景品内容を確認してから利用するのが大切です。

ポイントを貯めまくる

Tポイントの写真

Tポイントや楽天ポイントなどは市場規模が大きく、簡単な会員登録やアプリダウンロード、無料ゲームなどでポイントが溜まります。

先ほどのオンラインスロットと同様にポイントを現金化することはできませんが、知っての通りポイントをお金として市場で使うことができます。

10,000円分のポイントを貯めるのは大変かもしれませんが、たとえば1000ポイント貯めれば1食分のご飯代くらいにはなります。

なんとか給料日まで食いつなぎたいという人には、カードローンのように利息がかかる方法よりもポイントを貯めるほうが合っているのかもしれません。

漫画・家具・家電・服を中古ショップで売る

部屋を見渡してみたときに要らないものはありませんか。

しばらく使っていないものは要らないものとみなして、売り払ってみるのもひとつです。

服やCD、漫画を売ったところで良くても数千円程度だと思いますが、散りも積もれば山となる可能性があります。

私も以前「2nd street」という古着屋さんで服を売ったことがありますが、4枚売って3,000円くらいのお金にはなりました。漫画も売っていればプラス2,000円くらいは見込めたと思います。

5万円にはほと遠いかもしれませんが、必要額に近いお金を手にできるかもしれません。

債務整理もひとつの手段

裁判所の画像

お金を借りる目的が借金返済のためなら債務整理を視野に入れてはいかがでしょうか。

債務整理には、過払い金請求・任意整理・民事再生・自己破産という4つの手続き方法があり、運が良ければ借金全額を帳消しできます。

後日のローンが組めなくなるというデメリットもありますが、せいぜい5年程度なので一生涯ローンが組めなくなるわけではありません。

とはいえ借金が全額帳消しになる自己破産はハードルが高く、現実的には任意整理で利息額を軽減してもらうのが関の山です。

また債務整理にはお金がかかります。司法書士や弁護士に支払う費用(着手金・報酬金)として1件あたり約42,400円(※法テラス参照)のお金を支払わなくてはなりません。

自己破産する場合は、さらに費用が高くなります。

社会的な信用を失ううえに結局お金がかかるというネックがありますので、よく検討してから実行に移してください。

やってはいけない方法

クレジットカードのキャッシング枠の現金化

クレジットカード現金化は、本来は商品やサービスを後払いにするために設定されている「ショッピング枠」を現金にする行為をいいます。

しかしクレジットカード会社は、クレジットカードのショッピング枠の現金化を認めていません。

換金目的で利用した場合は、規約違反として「残金の一括請求」「カードの利用停止」「カードの強制退会」などのペナルティーを受ける羽目になります。

最近では、インターネットや雑誌でクレジットカードの現金化を斡旋する広告が掲載されていますが、法定利息を超えた闇金レベルで提供されることがほとんどで、逮捕された事例もあるほどです。

犯罪として問われるリスクさえありますので、利用しないのが賢明です。

闇金でお金を借りる

よく、サラ金(消費者金融)と闇金業社を同じものだと思っている人がいますが、これらは全くの別物です。

消費者金融は合法業者になりますが、その一方で闇金業社は違法業者であります。

つまり闇金を利用するというのは、犯罪トラブルに巻き込まれることを意味します。

たとえば法規制を超えた利息額を請求されたり、家族や親戚に取り立てが及んだり。大切な身内にまで迷惑をかけてしまう恐れがあります。

言うまでもなく闇金を利用してはいけません。


借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。

借入希望額
審査時間
職業




ページの先頭へ